仮面ライダーアマゾンズ SEASON2

仮面ライダーアマゾンズ SEASON2の画像・ジャケット写真

仮面ライダーアマゾンズ SEASON2 / 前嶋曜

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「仮面ライダーアマゾンズ SEASON2」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「仮面ライダーアマゾンズ SEASON2」 の作品情報

作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本

「仮面ライダーアマゾンズ SEASON2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

ドリフト5

映画『咲−Saki−』

映画「八王子ゾンビーズ」

BOYS LOVE

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

それぞれの想いの果て

投稿日:2018/08/28 レビュアー:なゆ(21)デンゲリ

 第2シーズン。

 今回も壮絶。
 後半になって、どんどん殺伐としていく。

 そして、誰もが不幸になっていく。この物語にハッピー要素を求めてはいけない。
 ただただ凄惨で悲哀に満ちた物語。


 決して子ども向けではないので、そういう娯楽作品と区別すべきライダー。

 特撮という枠を取っ払って見て欲しい『人生というドラマ』。

 さあ、次は劇場版だ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

せつない

投稿日:2018/07/19 レビュアー:ジャルジェ

テレビで放映できないものを期待していましたが、期待とおり。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

殺伐編

投稿日:2020/02/09 レビュアー:塩胡椒

終わりにちかづく程に殺伐としていく 大人向けのダークファンタジー。
ハルカの未来はあるのかしら。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

死んでるように生きたくない ネタバレ

投稿日:2019/03/09 レビュアー:テルテ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この世に生まれた事が消せない罪と言うのなら生きることが背負うべき罰だろう

衝撃的な歌詞の主題歌が一切誇張無しのこの作品

物語後半、主人公の千翼は人間からもアマゾンからも生きてちゃいけない怪物とみなされ全ての存在から死を望まれます。
大人たちは確かな理屈をもって泣いてる子供に死んでくれと突きつけ続けるのです。

優しいヒトも確かにいます。
でも、シーズン1において情に流され見逃した全ての事が最悪の形で返ってくる物語であるシーズン2において彼の味方になってやれる存在はいませんし、確かに少年は世界から排斥されるべき怪物です。

たった一人、仲間の少年は感情から友達をかばうのですが
それでも「逃げろ」であって「生きろ」とは言ってあげられません

でも、それでも俺は生きたいんだ!

誰に望まれなくても生きているから、生きたい!
好きな女の子と一緒にただ生きていたい!
と、千翼は叫び続けました。

そして、一人の少年の物語は終わり

彼を一体の「怪物」として駆除するために追い続けた「人間」は同僚に問うのです。
「生きたい。って思ったことあるか?」
同僚は、死にたくない。とは毎日思ってます
同じことでしょ?と返し

彼らは何も言わずに次の「人間」の「敵」の駆除に向かうのです。

視聴後、この言葉が妙に頭に残り少し考えました。
「死にたくない」は、きっと怪物になってでも、誰かを喰らってでも足掻く姿を指すのでしょう
自らのエゴで怪物を造り邪魔になったら処分する大人たちのように

「生きたい」は、なりたい自分になることだと感じます。
自分を殺しにきた相手でも目の前で怪物に襲われていたのなら守ろうとした千翼のように

アマゾンズは子供に見せられないライダーだと言われますが
私は子供が大人になった時、観て欲しいライダーだと思います。
生きててくれてありがとう、と子供に言える大人になって欲しいから

私達が当たり前に生きられる「今日」は千翼が生きられなかった「明日」だから


改めて見返した時、たった一つ救いだと感じたことは
悠も仁も産まれなければ良かったとは、口にしないのです
「生存」を否定されたとしても「誕生」は否定していなかったのだなぁ
とか考えてたらいい歳こいて泣きそうになりました(笑)

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

仮面ライダーアマゾンズ SEASON2

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

それぞれの想いの果て

投稿日

2018/08/28

レビュアー

なゆ(21)デンゲリ

 第2シーズン。

 今回も壮絶。
 後半になって、どんどん殺伐としていく。

 そして、誰もが不幸になっていく。この物語にハッピー要素を求めてはいけない。
 ただただ凄惨で悲哀に満ちた物語。


 決して子ども向けではないので、そういう娯楽作品と区別すべきライダー。

 特撮という枠を取っ払って見て欲しい『人生というドラマ』。

 さあ、次は劇場版だ。

せつない

投稿日

2018/07/19

レビュアー

ジャルジェ

テレビで放映できないものを期待していましたが、期待とおり。

殺伐編

投稿日

2020/02/09

レビュアー

塩胡椒

終わりにちかづく程に殺伐としていく 大人向けのダークファンタジー。
ハルカの未来はあるのかしら。

死んでるように生きたくない

投稿日

2019/03/09

レビュアー

テルテ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この世に生まれた事が消せない罪と言うのなら生きることが背負うべき罰だろう

衝撃的な歌詞の主題歌が一切誇張無しのこの作品

物語後半、主人公の千翼は人間からもアマゾンからも生きてちゃいけない怪物とみなされ全ての存在から死を望まれます。
大人たちは確かな理屈をもって泣いてる子供に死んでくれと突きつけ続けるのです。

優しいヒトも確かにいます。
でも、シーズン1において情に流され見逃した全ての事が最悪の形で返ってくる物語であるシーズン2において彼の味方になってやれる存在はいませんし、確かに少年は世界から排斥されるべき怪物です。

たった一人、仲間の少年は感情から友達をかばうのですが
それでも「逃げろ」であって「生きろ」とは言ってあげられません

でも、それでも俺は生きたいんだ!

誰に望まれなくても生きているから、生きたい!
好きな女の子と一緒にただ生きていたい!
と、千翼は叫び続けました。

そして、一人の少年の物語は終わり

彼を一体の「怪物」として駆除するために追い続けた「人間」は同僚に問うのです。
「生きたい。って思ったことあるか?」
同僚は、死にたくない。とは毎日思ってます
同じことでしょ?と返し

彼らは何も言わずに次の「人間」の「敵」の駆除に向かうのです。

視聴後、この言葉が妙に頭に残り少し考えました。
「死にたくない」は、きっと怪物になってでも、誰かを喰らってでも足掻く姿を指すのでしょう
自らのエゴで怪物を造り邪魔になったら処分する大人たちのように

「生きたい」は、なりたい自分になることだと感じます。
自分を殺しにきた相手でも目の前で怪物に襲われていたのなら守ろうとした千翼のように

アマゾンズは子供に見せられないライダーだと言われますが
私は子供が大人になった時、観て欲しいライダーだと思います。
生きててくれてありがとう、と子供に言える大人になって欲しいから

私達が当たり前に生きられる「今日」は千翼が生きられなかった「明日」だから


改めて見返した時、たった一つ救いだと感じたことは
悠も仁も産まれなければ良かったとは、口にしないのです
「生存」を否定されたとしても「誕生」は否定していなかったのだなぁ
とか考えてたらいい歳こいて泣きそうになりました(笑)

1〜 4件 / 全4件