サバイバーの画像・ジャケット写真

サバイバー / キーファー・サザーランド

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

「サバイバー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

国家転覆を企むテロ集団との攻防と陰謀の謎解きを繰り広げるサスペンスドラマ第8巻。爆破により上位の政治家が殺害され、思いがけず大統領となった下級閣僚のトム・カークマンが、祖国と家族を守るためテロの脅威に立ち向かう。第15話と第16話を収録。

「サバイバー」 の作品情報

作品情報

製作年:

2016年

製作国:

アメリカ

原題:

DESIGNATED SURVIVOR

「サバイバー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

名探偵MONK シーズン5

HOMELAND/ホームランド

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン5

ダイ・ハード 4.0

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

サバイバー ネタバレ

投稿日:2018/05/23 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 全然重要なポストにいなかった閣僚がみんな爆破テロで死んじゃったので、繰り上げで大統領になっちゃったもんだし周りから全く期待されていないしテロリストも探さないとだしで大変な仕事の日々の21話。

 指定生存者という仕組みの面白さの設定の勝利でそれ自体面白いですが、そこから広げていく展開も見事で1話1話興味を引っ張ってくれて退屈することなく最後まで見ることができました。

 ホワイトハウス内での政治的駆け引きやテロリストを追いかける現場の捜査官のアクションものの2つのラインが同時進行で描かれていて、THE怪しい人物たちが登場して、どうやってその人たちの障害を突破していくのかを楽しんで見ることができました。

 ただ展開のスピードが速くてそれが面白いですが、ピンチになったりしてもすぐに次の話の頭とかでさっきまでのピンチが解決したりして障害そのものの危機感はそこまでなくてハラハラドキドキの引っ張りとかは少なかったように思えました。ラストのTHE大統領な演説もちょっと好みではない終わり方でした。

 とはいえ、次のシーズンではどんなピンチが巻き起こるのか楽しみなシーズンでした。

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

冒頭だけ興味深いシミュレーション系、後は大統領が主役のサスペンス

投稿日:2018/07/13 レビュアー:ノーザンダーク・ボム

原題は『Designated Survivor(生存指定対象者)』
つまり国会に万が一のことがあったときのために大統領継承権保持者の生存を確保しておく制度のことで、邦題の「サバイバー」だとまるで生き残りをかけたアクション・アドベンチャーみたい。
Designated がとれるだけでずいぶん印象が変わるね。

こういう人類未体験のシステムを使ったシミュレーション作品は好きだ。
とにかく設定が興味深いので、第1話はとてもおもしろかった。
しかし、それからがいまひとつ盛り上がらない。

途中でこのドラマの大きな問題にはたと気がついた。
国会が爆破され、大統領・副大統領をはじめ議員が全滅って。
普通のドラマなら最終回までひっぱって食い止めるべき大惨事を、第1話の冒頭でぶっ放してしまっているのだ、このドラマは。

つまり最初に、最凶最悪の事態がもう起こってしまっているところからこのドラマは始まるのである。

冒頭でこれだけハードルをあげたら、最後は「冒頭の惨事など比べものにならないくらいの更なる大惨事を間一髪で食い止める」もしくは「冒頭の大惨事を覆すほどのスカッとする巨悪の根絶」くらい表現しないと、ドラマとして成立しないのではないか。

「これは大変なことになったな!」と驚かされた、スリリングなオープニング。
そして、住宅都市開発長官がいきなり大統領になるという興味深い展開。
本当に、第一話はすごくドキドキしたものだ。

しかし、この2つの大看板は虚しく高々と掲げられたまま、物語も仕掛けも、そのずっと下の方でちまちま進んでいくだけなのだ。

考えてみれば、最初にシステムが発動したら、後はもう国家体制が整ってゆくにつれて、普通に大統領が主役のサスペンスドラマになってゆくだけじゃないか。

そこでもうひとひねり、がまったく無いわけじゃないんだけれども、ぜんぜん回復には足りてない。
ストーリーは悪くないと思うが、どうも盛り上がりに欠けるのも頷ける。

シーズン1でこれだけ限界が見えた作品のシーズン2をどう盛り上げてゆくつもりなのか、まったく不安しかない。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

ジャック・バウアーのいい人キャンペーン、大統領は出世しすぎ?

投稿日:2022/07/10 レビュアー:aiai

自称、日本で初めてジャック・バウアーをいじったレビュアーのレビュー(笑)

主役の大統領を演じたキーファー・サザーランドといえば、
世界を熱狂させたあのドラマ「24」を思い出す。

「24」はシーズン8まで10年近く続いた大ヒット作。
1話を実時間の1時間という設定とし、24時間リアルタイムで物語が進行するという画期的な構成だった。
画面を分割し、登場人物らが同時並行で描かれる手法は否が応でも緊張感を増した。

主人公のCTU特別捜査官ジャック・バウアーという当たり役を得た。

しかし、いったん長寿番組で当たり役を得ると、その他の役を演じても、
なかなか前のイメージが取れなくて、違和感を感じる。

本作の「サバイバー」では大統領役、その前の「タッチ」というドラマでは、
特殊能力を持つ息子のお父さん役を演じた。

いずれもジャック・バウアーの影がつきまとっていて、
実はCTUの潜入捜査の一貫なのではなかろうかと勘ぐっていた自分がいた(笑)

※当たり役のイメージ払拭に成功した役者は、「007」のショーン・コネリー、
「3年B組金八先生」の武田鉄矢ぐらいじゃなかろうか(笑)

本作「サバイバー」は実際にアメリカ合衆国の政治の仕組みをヒントにしている。

アメリカ政府には、指定生存者=サバイバーという制度がある。
大統領や閣僚全員が会議など全員一箇所に集まる場所で、万が一テロや災害が起きてリーダー格が死亡した場合、政治の中枢が麻痺する。
それはまずいだろうということで、リスクヘッジとして、あらかじめ物理的に離れた場所に、大統領の職権を継承できる人間を置いておく。
それが、指定生存者=サバイバー。

本作の主人公キーファー・サザーランド演じるトム・カークマンは閣僚の一人ではあるが、どちらかというと政治の中枢とは折り合いがつかないめんどくさい系の人で、体よくサバイバーを押し付けられ会議から締め出されていた。

ところが、その会議の会議場がテロにより爆破され、大統領以下閣僚が死亡。
トム・カークマンが大統領職権を継承し、つまり大統領になってしまうというお話。

ここまでは良かった。

さあ、ジャック・バウアーのおでましだ!

「24」では対テロユニットというわりには、めちゃくちゃセキュリティの弱い、テロ組織に通じた裏切り者だらけのCTUという組織に足を引っ張られていたが、今度は大丈夫。

なんといっても大統領だから、特権つかって、テロを一気に追い詰めるぜ!!

と期待したのもつかの間。

あれあれ?なんか、ジャック・バウアーが政治やってる。

確かに非常時の大統領だからやることいっぱいだろうけど。

例えるなら、登場人物の座組は「水戸黄門」、物語のスキームは「王子と乞食」

黄門様って一人で全国行脚するのではなく、助さん格さんという優秀な右腕、左腕を子分とし、由美かおるとか(笑)風車の弥七とかスパイを放って情報をとる。

大統領のトム・カークマンもそういった優秀なスタッフに囲まれる。

「王子と乞食」というのは古典の定番で、王子と入れ替わった乞食が、普段王子ならやらないようなことをあっさりやってのけ、周囲を感動させるというスキーム。

トム・カークマンもこれまでの大統領ならやらない、言わない、ようなことをやるし、言う。
大統領府に新しい風を吹き込む。

まあ、わかりやすい話といえばわかりやすい。

ただそれが終始してしまって、キーファー・サザーランドである必然性が正直なかった。

他の役者でも良かった。まさに役不足。役不足というのは、キーファーの力量不足という意味ではなく、キーファーにはやりごたえの無い役だったという意味。

キーファーを起用するのなら、大統領だけど、めちゃくちゃ現場で捜査して、めちゃくちゃ敵をやっつけ、瀕死の敵から

「お、お前、いったい何者だ?」

「はい、大統領です。この星条旗が目に入らぬか?」

という、遠山の金さんスキームが似合っている(いろいろ例えが古くてすみません笑)

その物足りなさが原因か、視聴率が落ち、慌てて初心忘るべからずということで会議場を爆破したテロ組織を追うような話も出てくるには出てきたのですが、時すでに遅し。

シーズン3で打ち切りと相成りました。

結局、敵の回収も中途半端で、由美かおる的な味方のスパイキャラを落とすという暴挙に出てしまった。視聴率インパクトを求めて制作サイドが焦ったのか、それともスパイキャラを落とすことで、これにて真相は闇のなかと降参を表明したかったのか。いづれにしても終盤はガタガタでした。

キーファー・サザーランドも「24」の夢よもう一度という気持ちもあるようなので(どっかのプレスでコメントしてた)、ぜひ、またプロデューサーとかではなくて「24」の主役として再登場を期待したいでーす。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

サバイバー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

サバイバー

投稿日

2018/05/23

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 全然重要なポストにいなかった閣僚がみんな爆破テロで死んじゃったので、繰り上げで大統領になっちゃったもんだし周りから全く期待されていないしテロリストも探さないとだしで大変な仕事の日々の21話。

 指定生存者という仕組みの面白さの設定の勝利でそれ自体面白いですが、そこから広げていく展開も見事で1話1話興味を引っ張ってくれて退屈することなく最後まで見ることができました。

 ホワイトハウス内での政治的駆け引きやテロリストを追いかける現場の捜査官のアクションものの2つのラインが同時進行で描かれていて、THE怪しい人物たちが登場して、どうやってその人たちの障害を突破していくのかを楽しんで見ることができました。

 ただ展開のスピードが速くてそれが面白いですが、ピンチになったりしてもすぐに次の話の頭とかでさっきまでのピンチが解決したりして障害そのものの危機感はそこまでなくてハラハラドキドキの引っ張りとかは少なかったように思えました。ラストのTHE大統領な演説もちょっと好みではない終わり方でした。

 とはいえ、次のシーズンではどんなピンチが巻き起こるのか楽しみなシーズンでした。

冒頭だけ興味深いシミュレーション系、後は大統領が主役のサスペンス

投稿日

2018/07/13

レビュアー

ノーザンダーク・ボム

原題は『Designated Survivor(生存指定対象者)』
つまり国会に万が一のことがあったときのために大統領継承権保持者の生存を確保しておく制度のことで、邦題の「サバイバー」だとまるで生き残りをかけたアクション・アドベンチャーみたい。
Designated がとれるだけでずいぶん印象が変わるね。

こういう人類未体験のシステムを使ったシミュレーション作品は好きだ。
とにかく設定が興味深いので、第1話はとてもおもしろかった。
しかし、それからがいまひとつ盛り上がらない。

途中でこのドラマの大きな問題にはたと気がついた。
国会が爆破され、大統領・副大統領をはじめ議員が全滅って。
普通のドラマなら最終回までひっぱって食い止めるべき大惨事を、第1話の冒頭でぶっ放してしまっているのだ、このドラマは。

つまり最初に、最凶最悪の事態がもう起こってしまっているところからこのドラマは始まるのである。

冒頭でこれだけハードルをあげたら、最後は「冒頭の惨事など比べものにならないくらいの更なる大惨事を間一髪で食い止める」もしくは「冒頭の大惨事を覆すほどのスカッとする巨悪の根絶」くらい表現しないと、ドラマとして成立しないのではないか。

「これは大変なことになったな!」と驚かされた、スリリングなオープニング。
そして、住宅都市開発長官がいきなり大統領になるという興味深い展開。
本当に、第一話はすごくドキドキしたものだ。

しかし、この2つの大看板は虚しく高々と掲げられたまま、物語も仕掛けも、そのずっと下の方でちまちま進んでいくだけなのだ。

考えてみれば、最初にシステムが発動したら、後はもう国家体制が整ってゆくにつれて、普通に大統領が主役のサスペンスドラマになってゆくだけじゃないか。

そこでもうひとひねり、がまったく無いわけじゃないんだけれども、ぜんぜん回復には足りてない。
ストーリーは悪くないと思うが、どうも盛り上がりに欠けるのも頷ける。

シーズン1でこれだけ限界が見えた作品のシーズン2をどう盛り上げてゆくつもりなのか、まったく不安しかない。

ジャック・バウアーのいい人キャンペーン、大統領は出世しすぎ?

投稿日

2022/07/10

レビュアー

aiai

自称、日本で初めてジャック・バウアーをいじったレビュアーのレビュー(笑)

主役の大統領を演じたキーファー・サザーランドといえば、
世界を熱狂させたあのドラマ「24」を思い出す。

「24」はシーズン8まで10年近く続いた大ヒット作。
1話を実時間の1時間という設定とし、24時間リアルタイムで物語が進行するという画期的な構成だった。
画面を分割し、登場人物らが同時並行で描かれる手法は否が応でも緊張感を増した。

主人公のCTU特別捜査官ジャック・バウアーという当たり役を得た。

しかし、いったん長寿番組で当たり役を得ると、その他の役を演じても、
なかなか前のイメージが取れなくて、違和感を感じる。

本作の「サバイバー」では大統領役、その前の「タッチ」というドラマでは、
特殊能力を持つ息子のお父さん役を演じた。

いずれもジャック・バウアーの影がつきまとっていて、
実はCTUの潜入捜査の一貫なのではなかろうかと勘ぐっていた自分がいた(笑)

※当たり役のイメージ払拭に成功した役者は、「007」のショーン・コネリー、
「3年B組金八先生」の武田鉄矢ぐらいじゃなかろうか(笑)

本作「サバイバー」は実際にアメリカ合衆国の政治の仕組みをヒントにしている。

アメリカ政府には、指定生存者=サバイバーという制度がある。
大統領や閣僚全員が会議など全員一箇所に集まる場所で、万が一テロや災害が起きてリーダー格が死亡した場合、政治の中枢が麻痺する。
それはまずいだろうということで、リスクヘッジとして、あらかじめ物理的に離れた場所に、大統領の職権を継承できる人間を置いておく。
それが、指定生存者=サバイバー。

本作の主人公キーファー・サザーランド演じるトム・カークマンは閣僚の一人ではあるが、どちらかというと政治の中枢とは折り合いがつかないめんどくさい系の人で、体よくサバイバーを押し付けられ会議から締め出されていた。

ところが、その会議の会議場がテロにより爆破され、大統領以下閣僚が死亡。
トム・カークマンが大統領職権を継承し、つまり大統領になってしまうというお話。

ここまでは良かった。

さあ、ジャック・バウアーのおでましだ!

「24」では対テロユニットというわりには、めちゃくちゃセキュリティの弱い、テロ組織に通じた裏切り者だらけのCTUという組織に足を引っ張られていたが、今度は大丈夫。

なんといっても大統領だから、特権つかって、テロを一気に追い詰めるぜ!!

と期待したのもつかの間。

あれあれ?なんか、ジャック・バウアーが政治やってる。

確かに非常時の大統領だからやることいっぱいだろうけど。

例えるなら、登場人物の座組は「水戸黄門」、物語のスキームは「王子と乞食」

黄門様って一人で全国行脚するのではなく、助さん格さんという優秀な右腕、左腕を子分とし、由美かおるとか(笑)風車の弥七とかスパイを放って情報をとる。

大統領のトム・カークマンもそういった優秀なスタッフに囲まれる。

「王子と乞食」というのは古典の定番で、王子と入れ替わった乞食が、普段王子ならやらないようなことをあっさりやってのけ、周囲を感動させるというスキーム。

トム・カークマンもこれまでの大統領ならやらない、言わない、ようなことをやるし、言う。
大統領府に新しい風を吹き込む。

まあ、わかりやすい話といえばわかりやすい。

ただそれが終始してしまって、キーファー・サザーランドである必然性が正直なかった。

他の役者でも良かった。まさに役不足。役不足というのは、キーファーの力量不足という意味ではなく、キーファーにはやりごたえの無い役だったという意味。

キーファーを起用するのなら、大統領だけど、めちゃくちゃ現場で捜査して、めちゃくちゃ敵をやっつけ、瀕死の敵から

「お、お前、いったい何者だ?」

「はい、大統領です。この星条旗が目に入らぬか?」

という、遠山の金さんスキームが似合っている(いろいろ例えが古くてすみません笑)

その物足りなさが原因か、視聴率が落ち、慌てて初心忘るべからずということで会議場を爆破したテロ組織を追うような話も出てくるには出てきたのですが、時すでに遅し。

シーズン3で打ち切りと相成りました。

結局、敵の回収も中途半端で、由美かおる的な味方のスパイキャラを落とすという暴挙に出てしまった。視聴率インパクトを求めて制作サイドが焦ったのか、それともスパイキャラを落とすことで、これにて真相は闇のなかと降参を表明したかったのか。いづれにしても終盤はガタガタでした。

キーファー・サザーランドも「24」の夢よもう一度という気持ちもあるようなので(どっかのプレスでコメントしてた)、ぜひ、またプロデューサーとかではなくて「24」の主役として再登場を期待したいでーす。

1〜 3件 / 全3件