ネルーダ 大いなる愛の逃亡者

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者の画像・ジャケット写真
ネルーダ 大いなる愛の逃亡者 / ルイス・ニェッコ
全体の平均評価点:
(5点満点)

1

  • DVD
ジャンル:

「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」 の解説・あらすじ・ストーリー

パブロ・ラライン監督がノーベル文学賞詩人、パブロ・ネルーダを描いた文学サスペンス。第2次世界大戦の終結から3年。ビデラ大統領に逮捕を命じられた共産党員のネルーダは、追われる身の新たな生活にインスピレーションを受け、詩集を書く。※一般告知解禁日:3月23日

「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: チリ/アルゼンチン/フランス/西
原題: NERUDA

「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
108分 西:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 TCED4002 2018年06月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
6枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

チリのノーベル賞詩人・ネルーダの《詩的逃亡劇》

投稿日:2018/06/21 レビュアー:カマンベール

2016年(チリ/アルゼンチン/フランス/スペイン合作)

ネルーダがイタリアへ亡命を図る一年間を追った映画です。

一種の芸術的な白日夢のような映画でしょうか?

ノーベル賞詩人のパブロ・ネルーダが、政府から追われて
イタリアへ逃亡したのは事実です。

チリでは時の政府によって共産党(共産主義)は、迫害されたり、
はたまた認められたり二転三転。
ネルーダも亡命しては又祖国に戻り、また迫害され、
死因さえ毒殺説まである始末です。

私見ですが、この映画でネルーダの追跡者の警官ペルショーナ、
演ずるは南米の星・ガエル・ガルシア・ベルナル)
ベルショーナと言う警官は架空の人物ですね。

彼が後半ナレーションを勤め、まるで狂言回しのように、
ネルーダを追います。
全く本気度の足りない追跡者で、だいたい警官が単独で追跡するなどとは、あり得ない。
ペルショーナはネルーダの詩篇を朗読し、場面をさらいます。
ネルーダを演じる役者も個性的ですが、ガエル・ガルシア・ベルナルの
存在感がこの映画のクォリティを高めているのは事実で、
彼が出演していなければ、この映画の魅力は半減したことでしょう。

撮影が古い映画を観ているようにセピア色で懐かしい。
映像がとても綺麗。
そして何より「ジャケット写真」が、アートですね。
好きな人は好き、嫌いな人は嫌い・・・そんな映画でしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者

月額課金で借りる

都度課金で借りる