戦神/ゴッド・オブ・ウォー

戦神/ゴッド・オブ・ウォーの画像・ジャケット写真

戦神/ゴッド・オブ・ウォー / チウ・マンチェク
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「戦神/ゴッド・オブ・ウォー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

チウ・マンチェク、サモ・ハン、倉田保昭共演で倭寇と明軍の戦いを描いた歴史アクション。明軍は日本の海賊・倭寇の脅威にさらされていた。単純な戦法を繰り返す明軍に対し、優勢を保つ倭寇だったが、明軍きっての武将・戚継光が現れ…。※一般告知解禁日:3月23日

「戦神/ゴッド・オブ・ウォー」 の作品情報

作品情報

製作年: 2017年
製作国: 中国
原題: 蕩寇風雲/GOD OF WAR

「戦神/ゴッド・オブ・ウォー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

SPL 狼よ静かに死ね

マスター・オブ・サンダー 決戦!!封魔龍虎伝

ストロベリーナイト シーズン1

ROOKIES(ルーキーズ)

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

戦神/ゴッド・オブ・ウォー ネタバレ

投稿日:2018/06/20 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ダメダメだった明軍が将軍の統率によりパワーアップして、倭寇に反撃する話。
 
 倭寇を単なる野蛮な海賊ではなく、日本の武士が暗躍していたり反乱分子の中国人も参加していたり国際犯罪組織的に描いているのが面白かったです。

 戦略的戦術的な戦いがちょっと描かれてお互いが知略を尽くして戦うのかと期待したわりには、ワーワーと戦うだけでどうして勝った負けたというのがあまり描かれない戦争シーンなのがガッカリでした。優勢なはずの明軍が倭寇に勝てなかったのを主人公が鍛え上げて強くしていくという新兵ものとしての一定の面白さがあるのかと思いきや、さくっと訓練が描かれるだけで主人公以外のキャラクターの描き分けがあまりなくて区別がつかないのが盛り上がりに欠ける要因だと思いました。

 主人公は奥さんに頭があがらない恐妻家っぷりが面白かったです。そして奥さんも自分たちのお城が攻められて援軍を信じて戦うのとかよかったですが、そこもいつの間にかフェードアウトして戦いが終わってたりするのも肩透かしで残念でした。いつの間にかフェードアウトというのがこの映画多くて、サモハン演じる将軍も連戦連敗する将軍で逮捕されていつの間にかいなくなっているとかもただのゲスト出演感がいっぱいだったりという感じでした。

 とはいえ、主人公と倉田保昭さんの一騎打ちに盛り上がる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

GOOD

投稿日:2018/07/14 レビュアー:よしたか

GOOD

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

戦神/ゴッド・オブ・ウォー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

戦神/ゴッド・オブ・ウォー

投稿日

2018/06/20

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ダメダメだった明軍が将軍の統率によりパワーアップして、倭寇に反撃する話。
 
 倭寇を単なる野蛮な海賊ではなく、日本の武士が暗躍していたり反乱分子の中国人も参加していたり国際犯罪組織的に描いているのが面白かったです。

 戦略的戦術的な戦いがちょっと描かれてお互いが知略を尽くして戦うのかと期待したわりには、ワーワーと戦うだけでどうして勝った負けたというのがあまり描かれない戦争シーンなのがガッカリでした。優勢なはずの明軍が倭寇に勝てなかったのを主人公が鍛え上げて強くしていくという新兵ものとしての一定の面白さがあるのかと思いきや、さくっと訓練が描かれるだけで主人公以外のキャラクターの描き分けがあまりなくて区別がつかないのが盛り上がりに欠ける要因だと思いました。

 主人公は奥さんに頭があがらない恐妻家っぷりが面白かったです。そして奥さんも自分たちのお城が攻められて援軍を信じて戦うのとかよかったですが、そこもいつの間にかフェードアウトして戦いが終わってたりするのも肩透かしで残念でした。いつの間にかフェードアウトというのがこの映画多くて、サモハン演じる将軍も連戦連敗する将軍で逮捕されていつの間にかいなくなっているとかもただのゲスト出演感がいっぱいだったりという感じでした。

 とはいえ、主人公と倉田保昭さんの一騎打ちに盛り上がる映画でした。

GOOD

投稿日

2018/07/14

レビュアー

よしたか

GOOD

1〜 2件 / 全2件