ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜

ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜の画像・ジャケット写真
ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜 / 二宮和也
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

2

  • DVD
  • Blu-ray

定額リスト 事前登録OK!

レンタル開始日:2018年05月23日

事前登録いただいた作品は、レンタル開始日以降、「発送確定ルール」に基づき発送がスタートします。

ジャンル:

「ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

『おくりびと』の滝田洋二郎監督が二宮和也ほか豪華キャストの共演で描いた感動作。どんな味でも再現できる絶対味覚“麒麟の舌”を持つ天才料理人・佐々木充は、1930年代の満州で天皇の料理番が考案した幻のフルコースの再現を依頼される。※一般告知解禁日:あり

「ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本

「ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
126分 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ、日(音声ガイド):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV28173R 2018年05月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,406人 939人

【Blu-ray】ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜(ブルーレイ)の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
126分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR28172R 2018年05月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
395人 305人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

おいしそうな映画

投稿日:2018/03/18 レビュアー:じゃじゃまる

主演二宮和也、西島秀俊、共演宮崎あおい、竹野内豊、綾野剛、監督は「おくりびと」の滝田洋二郎の『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶」を見ました。

2000年初頭、佐々木充は一度食べた料理を再現できる『麒麟の舌を持つ男』
完全主義を目指し、レストランをつぶしてしまい、借金を返すため、依頼を受けて料理を再現する仕事を請け負っている。
ある日、中国のトップ料理人楊清明から、日本軍の特命を受けた料理人山形直太朗が作った幻のレシピ「大日本帝国菜食全席』の再現を依頼され、5千万という金額に惹かれ請け負います。

そのレシピを探すうちにそのレシピに隠された陰謀を知り。。。

途中で、ちょっと関係性がわかっちゃいますし、ラストも読めますが、それだけではない話なので楽しめます。
キーになる人物にあまり著名な役者を使っていません。みたことあるよなぁ。。。という役者さんです。

まあ、私は大地康夫は好きなんですけどね(笑)←あ、ネタバレその1

西島秀俊も宮崎あおいも、綾野剛もすごくいいです。
二宮君はいつも、不愛想でぶっきらぼうな役しか見たことなかったので、やっぱり今回も同じような役柄だったんで、いつも彼のファンにならずに帰ってきます(コレコレ 嫌いじゃないよ。ふつー

西島秀俊が出てなかったら見に行かなかった映画かも(おい)

何も先入観なしで見に行ったので、一種の推理小説みたいで面白かったですよ。
途中でわかっちゃったけど。

ただ、園長先生のラストが、ざっぱだったな(コレコレ

原作があるからか、伏線の張り方はうまかったです。

なんで2000年初頭の設定?と最初思ったんですが、でないと矛盾が出るからですね(ここもネタバレ2

おいしそうな映画ですよ。私は鮎の春巻きが食べたかったです
餅入りロールキャベツもおいしそうでした〜



このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

命をかけて守りぬいたレシピネタバレ

投稿日:2018/03/13 レビュアー:飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ちょっとハードル上げ過ぎたかなぁ。
原作小説を読んでいた息子から原作は面白かったと聞いていたので
ならば映画も!って思いかなり期待した。
でも、息子いわく、原作とはかなり変えているとのことです。
それはそうですよね、長い小説を映画化するにはそれなりに変えないと
納まりがつかないので、それは当然でしょう。

映画の方は、面白いは面白かったけど
途中でなんとなくそういうことなんだろうな、って想像がついちゃって。
だって、あのセリフ、『その料理人、お前に似てるな』ってセリフ言わせちゃったら
ああ、そういうことね、って判っちゃいますよ!
ただそこまでのからくりはさすがに判らなかった。
そこまで回りくどいことしないとダメなくらい
主人公の充は人間的に病んでいた、ってことなのでしょう。

陰謀に加担することを避けるために山形が命をかけて守り抜いたレシピ。
天皇に食べてもらうために考案した幻のレシピにまつわる過去のミステリーは
なかなかスリリングでした。
現代は2002年の設定。
じゃないと、あの人たち年取り過ぎて、誰も生きてないしね^_^;

ひとつだけ判らなかったところが。
充の母親は、お父さんのレシピが燃えちゃう!と言って火事の中飛び込んでいったのに
何故にレシピは無傷で残ってたの?
私何か見落としてただろうか?
ずっとそこがモヤモヤしちゃって仕方がないです。

それにしてもニノは演技が上手ですね。(←いまさら?(笑))
嵐の中で一番上手なのでは?(←何をいまさら!(笑))

星3.2

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜

月額課金で借りる

都度課金で借りる