1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. サスペンスのDVDレンタル
  5. ノクターナル・アニマルズ/夜の獣たち

ノクターナル・アニマルズ/夜の獣たち

ノクターナル・アニマルズ/夜の獣たちの画像・ジャケット写真

ノクターナル・アニマルズ/夜の獣たち / エイミー・アダムス

全体の平均評価点: (5点満点)

20

ノクターナル・アニマルズ/夜の獣たち /トム・フォード

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「ノクターナル・アニマルズ/夜の獣たち」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

『シングルマン』のトム・フォード監督によるサスペンス。アートギャラリーのオーナー・スーザンの下に、20年前に離婚した元夫・エドワードから自作の小説が送られてくる。その内容に非凡な才能を感じたスーザンは、再会を望むようになるが…。※PG12※一般告知解禁日:2月20日

「ノクターナル・アニマルズ/夜の獣たち」 の作品情報

作品情報

製作年:

2016年

製作国:

アメリカ

原題:

NOCTURNAL ANIMALS

「ノクターナル・アニマルズ/夜の獣たち」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

人生の特等席

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

アンナ・カレーニナ

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

ユーザーレビュー:20件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全20件

過去にしがみつく男 ネタバレ

投稿日:2018/05/11 レビュアー:なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

はじめに言っておきたい、
「エドワード(ジェイク・ギレンホール)よ、捨てられるのは当然だ!逆恨みすな!!」

20年前の、スーザン(エイミー・アダムス)と口論する場面だが、
女性は感情的にもなっていないし、まっとうな事を言ってる。
が、男は才能が開花しないのは君のせいだの、なお支配しようとして逆上する。
もし、20年後に送り付けたこの「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」という小説が、
彼の才能だと言うなら出版社に持ってゆけば良いではないか。
彼女が上昇志向で、現在の地位と生活を築くため、昔ほんの少し捨てたやさしさ、
そこにつけこんでいるだけの男に見える。

先に私見を書いてしまったが、映画としての完成度は高い作品である。
監督は2009年の「シングルマン」で映画監督デビューを果たした世界的デザイナー、
トム・フォード。デザイナーであり、これが2作目というのだから恐れ入る。
オースティン・ライトが1993年に発表した小説「ミステリ原稿」の映画化となります。

オープニングの強烈な映像には驚いた!
あの醜悪な巨体が、ショーとして成り立つとは、世の嗜好というヤツは広いものだ。
しかし、物語が始まると、そんな醜悪さなど、どこかに忘れてしまうほど、
作品にのめり込むことになる。
(小説が届いて読み始める現在、小説の内容、そして20年前の出来事と三層になっている。)
スーザンは時々、回想して涙を流したりする。
セレヴな生活なので、ファッションも家具調度も素晴らしい。アートである。
デザイナーだけあって監督の色へのこだわりがすごい。
そして忘れてならないのが「マイケル・シャノン」だ。
マイケル登場から、どんどん画面が強くなり、観客は引っ張られる。
絶妙な配置だと思う。
私的には「それがどうした!」という思いがありましたが、
各自、作品に浸れる器量のある映画だと思いますね。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

ひと粒で2度おいしい ネタバレ

投稿日:2018/05/21 レビュアー:ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アートディーラーのスーザン(エイミー・アダムス)はセレブ生活を謳歌しつつも、
イケメン旦那(アーミー・ハマー)との結婚生活は冷え切っている。
そんな彼女のもとに、前の夫エドワード(ジェイク・ギレンホール)から小説の原稿が届く。
「君との別れに着想を得た」と手紙が添えられたその小説は、
不条理な暴力によって家族を奪われる“繊細な男”の物語だった。
毎晩、小説を読み進めるスーザン。かつて小説家を目指しながらも芽が出なかった昔の男は
20年経って見事に才能を開花させた・・・。
スーザンはエドワードとの出会いから別れまでを、懐かしくもホロ苦い思いで振り返る、
ってなオハナシです。
インテリ文系男子は、こういう成功の仕方&リベンジ、好きそう(笑)。
(脳ミソ筋肉系の体育会系男子だったら「オレ金持ちになったから」って、
ゴージャスなオネエチャン連れて直接会いにくるだろう)
原稿が入った小包を開けるときにスーザンが指を切ってしまうのは、
「この小説が彼女を傷つける」というメタファーですかね。

映画は、スーザンの現在、小説世界、スーザンの過去(回想)と3層構造になっていて、
「現実」と「フィクション」と「過去」が登場人物の心理と絶妙にシンクロして、共鳴しあい、
決してバラバラにならずに、一つの世界観にまとまっていく。
いやはや、なかなか見事な語りではありませんか。

さて、ここからは重大なネタバレをしますので、未見の方はお読みにならない方がよろしいかと。



皆さん、大ブーイングのラストの「すっぽかしリベンジ」(苦笑)。
私はちょっと違う解釈をして観ていたので、ジーンとなってしまったのです。
後でトム・フォード監督の解説を聞いたら、やっぱりあれは「復讐だ」って言うんで
ガッカリしましたが(笑)。そんな小っせぇハナシで良しとしちゃうのか??

私は、あれはエドワードの弱さだと思ったんですね。
ちゃんと会うつもりで約束したけど、いざ、その時が来たら怖くなってしまった。
会ったら、また、愛してしまうかもしれない。そして、また傷つけあうかもしれない・・・
な〜んてね。
文系妄想オバサンは、そういうヤワな男が好き(笑)。
ジェイク・ギレンホールは、そうでなきゃ。(回想シーンの優男ぶりはステキ過ぎます)
でも、真相(と言うか、作り手の意図)は
「けっ、誰が会ってやるかよ、バーカ」だった。(そんなセリフはないが)
そりゃ、ないわー。

でも、ま、そこは置いておくとして。

あのラストはなかなか感慨深いものがあったと思う。
約束の日、鏡の前でセクシーなドレスをまとうスーザン。
ちょっとやり過ぎと思ったのか、真っ赤な口紅はティッシュで拭き取る。
そして、(たぶん)少し早めにお店に到着。心躍らせて、かつて自分を愛してくれた男を待つ。
軽めの食前酒ではなくウィスキーのロックを頼んだのは、緊張を和らげようとしたのか。
・・・でも。
待ち合わせの時刻が来ても彼は来ない。
少し不安になりつつも、待つ。お酒を何杯もおかわりして時間をつぶすが、
(今、見返したら、途中からはストレートにしてる!そりゃ酔わずにはおれんがな)
やっぱり彼は現れない。この数分間、エイミー・アダムスの繊細な表情演技が白眉ですよ!
こういうメロメロメロドラマな「切なさ」はとっても映画的だと思うのですがね。

あとは豪華な役者陣も見どころかと。
「キックアス」(2010)の美男子アーロン・テイラー=ジョンソンが
おぞましい暴力男を演じていてビックリでした。あの貴公子顔でホワイト・トラッシュとは。

ヒロインの母親をローラ・リニー。安定の上手さ。「ブルジョワ」ってフランス語発音が
すばらしく嫌味(笑)。「一緒に住むのはいいけど、結婚はダメ。あなたが彼を不幸にする」って
セリフの破壊力もすごくて、短いシーンなのに強烈な印象を残します。

小説世界に出てくる奥さんが、アイラ・フィッシャー。この人がエイミー・アダムスによく似てるので、
小説内での役割が明確になる。元ダンはこの奥さんにスーザンを投影しているのですな。

そしてマイケル・シャノンの大活躍については「なんの因果」さんのレビューにあるとおり。

そんな訳で私はとっても楽しめました。
「恋愛ドラマ」と「バイオレンスもの」の、2つの味わいが同時に楽しめるお得な作品だと思います(笑)。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

凄くひきこまれた

投稿日:2018/05/24 レビュアー:飛べない魔女

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

アート系映画です・・凡人の私には説明が必要(苦笑)

投稿日:2018/05/10 レビュアー:カマンベール

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

何でも深読みする人向け

投稿日:2018/05/12 レビュアー:QWERTY

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全20件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:20件

過去にしがみつく男

投稿日

2018/05/11

レビュアー

なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

はじめに言っておきたい、
「エドワード(ジェイク・ギレンホール)よ、捨てられるのは当然だ!逆恨みすな!!」

20年前の、スーザン(エイミー・アダムス)と口論する場面だが、
女性は感情的にもなっていないし、まっとうな事を言ってる。
が、男は才能が開花しないのは君のせいだの、なお支配しようとして逆上する。
もし、20年後に送り付けたこの「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」という小説が、
彼の才能だと言うなら出版社に持ってゆけば良いではないか。
彼女が上昇志向で、現在の地位と生活を築くため、昔ほんの少し捨てたやさしさ、
そこにつけこんでいるだけの男に見える。

先に私見を書いてしまったが、映画としての完成度は高い作品である。
監督は2009年の「シングルマン」で映画監督デビューを果たした世界的デザイナー、
トム・フォード。デザイナーであり、これが2作目というのだから恐れ入る。
オースティン・ライトが1993年に発表した小説「ミステリ原稿」の映画化となります。

オープニングの強烈な映像には驚いた!
あの醜悪な巨体が、ショーとして成り立つとは、世の嗜好というヤツは広いものだ。
しかし、物語が始まると、そんな醜悪さなど、どこかに忘れてしまうほど、
作品にのめり込むことになる。
(小説が届いて読み始める現在、小説の内容、そして20年前の出来事と三層になっている。)
スーザンは時々、回想して涙を流したりする。
セレヴな生活なので、ファッションも家具調度も素晴らしい。アートである。
デザイナーだけあって監督の色へのこだわりがすごい。
そして忘れてならないのが「マイケル・シャノン」だ。
マイケル登場から、どんどん画面が強くなり、観客は引っ張られる。
絶妙な配置だと思う。
私的には「それがどうした!」という思いがありましたが、
各自、作品に浸れる器量のある映画だと思いますね。

ひと粒で2度おいしい

投稿日

2018/05/21

レビュアー

ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アートディーラーのスーザン(エイミー・アダムス)はセレブ生活を謳歌しつつも、
イケメン旦那(アーミー・ハマー)との結婚生活は冷え切っている。
そんな彼女のもとに、前の夫エドワード(ジェイク・ギレンホール)から小説の原稿が届く。
「君との別れに着想を得た」と手紙が添えられたその小説は、
不条理な暴力によって家族を奪われる“繊細な男”の物語だった。
毎晩、小説を読み進めるスーザン。かつて小説家を目指しながらも芽が出なかった昔の男は
20年経って見事に才能を開花させた・・・。
スーザンはエドワードとの出会いから別れまでを、懐かしくもホロ苦い思いで振り返る、
ってなオハナシです。
インテリ文系男子は、こういう成功の仕方&リベンジ、好きそう(笑)。
(脳ミソ筋肉系の体育会系男子だったら「オレ金持ちになったから」って、
ゴージャスなオネエチャン連れて直接会いにくるだろう)
原稿が入った小包を開けるときにスーザンが指を切ってしまうのは、
「この小説が彼女を傷つける」というメタファーですかね。

映画は、スーザンの現在、小説世界、スーザンの過去(回想)と3層構造になっていて、
「現実」と「フィクション」と「過去」が登場人物の心理と絶妙にシンクロして、共鳴しあい、
決してバラバラにならずに、一つの世界観にまとまっていく。
いやはや、なかなか見事な語りではありませんか。

さて、ここからは重大なネタバレをしますので、未見の方はお読みにならない方がよろしいかと。



皆さん、大ブーイングのラストの「すっぽかしリベンジ」(苦笑)。
私はちょっと違う解釈をして観ていたので、ジーンとなってしまったのです。
後でトム・フォード監督の解説を聞いたら、やっぱりあれは「復讐だ」って言うんで
ガッカリしましたが(笑)。そんな小っせぇハナシで良しとしちゃうのか??

私は、あれはエドワードの弱さだと思ったんですね。
ちゃんと会うつもりで約束したけど、いざ、その時が来たら怖くなってしまった。
会ったら、また、愛してしまうかもしれない。そして、また傷つけあうかもしれない・・・
な〜んてね。
文系妄想オバサンは、そういうヤワな男が好き(笑)。
ジェイク・ギレンホールは、そうでなきゃ。(回想シーンの優男ぶりはステキ過ぎます)
でも、真相(と言うか、作り手の意図)は
「けっ、誰が会ってやるかよ、バーカ」だった。(そんなセリフはないが)
そりゃ、ないわー。

でも、ま、そこは置いておくとして。

あのラストはなかなか感慨深いものがあったと思う。
約束の日、鏡の前でセクシーなドレスをまとうスーザン。
ちょっとやり過ぎと思ったのか、真っ赤な口紅はティッシュで拭き取る。
そして、(たぶん)少し早めにお店に到着。心躍らせて、かつて自分を愛してくれた男を待つ。
軽めの食前酒ではなくウィスキーのロックを頼んだのは、緊張を和らげようとしたのか。
・・・でも。
待ち合わせの時刻が来ても彼は来ない。
少し不安になりつつも、待つ。お酒を何杯もおかわりして時間をつぶすが、
(今、見返したら、途中からはストレートにしてる!そりゃ酔わずにはおれんがな)
やっぱり彼は現れない。この数分間、エイミー・アダムスの繊細な表情演技が白眉ですよ!
こういうメロメロメロドラマな「切なさ」はとっても映画的だと思うのですがね。

あとは豪華な役者陣も見どころかと。
「キックアス」(2010)の美男子アーロン・テイラー=ジョンソンが
おぞましい暴力男を演じていてビックリでした。あの貴公子顔でホワイト・トラッシュとは。

ヒロインの母親をローラ・リニー。安定の上手さ。「ブルジョワ」ってフランス語発音が
すばらしく嫌味(笑)。「一緒に住むのはいいけど、結婚はダメ。あなたが彼を不幸にする」って
セリフの破壊力もすごくて、短いシーンなのに強烈な印象を残します。

小説世界に出てくる奥さんが、アイラ・フィッシャー。この人がエイミー・アダムスによく似てるので、
小説内での役割が明確になる。元ダンはこの奥さんにスーザンを投影しているのですな。

そしてマイケル・シャノンの大活躍については「なんの因果」さんのレビューにあるとおり。

そんな訳で私はとっても楽しめました。
「恋愛ドラマ」と「バイオレンスもの」の、2つの味わいが同時に楽しめるお得な作品だと思います(笑)。

凄くひきこまれた

投稿日

2018/05/24

レビュアー

飛べない魔女

アート系映画です・・凡人の私には説明が必要(苦笑)

投稿日

2018/05/10

レビュアー

カマンベール

何でも深読みする人向け

投稿日

2018/05/12

レビュアー

QWERTY

1〜 5件 / 全20件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

ノクターナル・アニマルズ/夜の獣たち