オレの獲物はビンラディン

オレの獲物はビンラディンの画像・ジャケット写真
オレの獲物はビンラディン / ニコラス・ケイジ
全体の平均評価点:
(5点満点)

5

  • DVD
ジャンル:

「オレの獲物はビンラディン」 の解説・あらすじ・ストーリー

『ボラット』の鬼才、ラリー・チャールズ監督が、たったひとりでパキスタンに潜入したオヤジの実話を映画化。愛国心に満ち溢れたコロラド在住の中年男・ゲイリー。彼はビンラディンの居所をいつまでも突き止められない政府に業を煮やしていた。※PG12※一般告知解禁日:3月1日

「オレの獲物はビンラディン」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: アメリカ
原題: ARMY OF ONE

「オレの獲物はビンラディン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

オレの獲物はビンラディンの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
92分 日・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 TMSD451 2018年04月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
399枚 4人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

オレの獲物はビンラディンネタバレ

投稿日:2018/05/08 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 神の啓示を受けたアメリカ人の主人公がビンラディンを捕まえようと大暴れする話。

 実在の人物をモデルにした話でこんなぶっ飛んだ行動力があるのかと驚ける面白さがある映画でした。神の啓示を受けるというか実際に目の前に現れて「ビンラディンを捕まえろ」と言われちゃったもんだから、お金を周りから工面してヨットでパキスタンまで行こうとしちゃったり、ハンググライダーでビンラディンが潜んでいると思われる洞窟へ行こうとしたり、ヒロインの存在がいるのに神の導きに従えるなと感心しました。

 日本刀を持ってパキスタンに乗り込んで現地の人たちと仲良くなって騒動を起こしていきますが、一方でアメリカで恋人がいて彼女にも惹かれていってという展開になりますが。確かに1つ1つのエピソードは面白かったですが、どのエピソードもただの紹介にすぎずテンポもイマイチ悪くておふざけのシーンが繰り返されているかのような印象でした。

 この行動が映画になっちゃうというところまで描かれて、アメリカという国の面白さはわかる映画ではありました。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

見ました

投稿日:2018/07/22 レビュアー:東洋人

実話を基にしているそうですが、さすがアメリカです。なんでもコメディにしてしまう。
なぜニコラスケイジなのかは疑問ですが、その分が余計に楽しめます。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ウソっぽいネタバレ

投稿日:2018/07/16 レビュアー:てんてんまま

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「実話です」とのふれこみだが、エピソードの一つ一つがこれ以上ないって程にウソっぽいので、とても実話とは信じられない。
一応ビン・ラディンは殺害されたという事になって米国民も少しは胸をなでおろした様だが、これが国の策略だとしたらそれはそれでありそうだから怖い。
あの911テロはニュースで見てたけど、何度見ても映画の様で怖い。
実際あのビルの中で普通に仕事してた人は一体何が起こったのか訳も分からずに亡くなったのだろうと思うと胸が痛む。

そこで愛国心の強いオジサンの登場となる訳だが、週に何度も透析を受けなきゃならない人間が海外に何日も行けるハズは無い。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アメリカにはこんな人がいっぱいいるんだろう

投稿日:2018/06/11 レビュアー:Yohey

ニコラス・ケイジのしょうもない作品かと思いきや 意外と面白かった。ただし ニコラス・ケイジが声を作りながら演じてるのはちょっと過剰かなと思う。

アメリカには、こんなおっさんがいっぱいいると思います。神とアメリカ、そしてやはり神はクソだというのはよく分かった作品でした。

ニコラス・ケイジの過剰が無ければ、リアルなブラックユーモアとして評価されたのになあ、残念。途中で、本人映像も出てきて、確かに本人そっくりやったけど、リアルがいいかというとそういうわけでもない。映画なんだから、愛すべきバカにはしないと。そうはなってなかったんだよなあ。男でも生理的にイヤって感じやったもん。これなければなぁ、傑作だったのにって思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

7点満点中

投稿日:2018/05/10 レビュアー:ビリケン

2点

面白くなかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全5件

オレの獲物はビンラディン

月額課金で借りる

都度課金で借りる