フラットライナーズ

フラットライナーズの画像・ジャケット写真
フラットライナーズ / エレン・ペイジ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

5

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「フラットライナーズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

傑作サスペンスをエレン・ペイジ、ディエゴ・ルナらの共演でリメイク。医学生のコートニーは「人は死んだらどうなるか」という好奇心で、禁断の臨死体験に挑む。死後の世界を垣間見た彼女は不思議な能力が覚醒し、さらに実験をエスカレートさせるが…。※一般告知解禁日:2月23日

「フラットライナーズ」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: FLATLINERS

「フラットライナーズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

フラットライナーズの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
110分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD81255 2018年05月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,199枚 23人 23人

関連作品

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

危険な《臨死体験》

投稿日:2018/04/19 レビュアー:カマンベール

2017年(アメリカ/110分)サイコ・スリラー

医大生5人が死後の世界を知るための実験(臨死体験)と、
その副作用の恐ろしさをホラーともミステリーともスリラーとも
とれる映画です。

メチャ面白くもないし、メチャ新しくもない。
しかしメチャクチャつまらなくもない・・・といった映画。

1990年の『フラットライナーズ』のリメイク。
当時の人気スター(ジュリア・ロバーツのようなキラキラしたスターがいないのがね。出演者が小粒。エレン・ペイジが主役だけど、彼女の演技力もあまり必要なかった)
オリジナルメンバーのキーファー・サザーランドが教授役で出てます。

医大生が主役なので、医学の手順にのっとって、「死ぬ・・・息が止まる・・・何分間かして・・・蘇生する試み・・・手こずる・・・
みたいな流れです。
蘇生してから能力や記憶が向上したりするが、過去の後悔している行いなどが、フラッシュバックしたり、亡霊が現れたり・・・で、怪奇現象に、追い詰められていく主人公たち。
怖さもほどほど。
ちょっと中途半端な感じでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

フラットライナーズネタバレ

投稿日:2018/08/02 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 臨死体験の実験をした医学生たちが、その経験から贖罪の意識が芽生えていく話。

 臨死体験時の映像やその後に過去の罪の意識に襲われる幻視シーンとかは迫力あって楽しかったです。
 
 けれども見どころはそこらへんだけで、あとは特段ホラー映画としても怖くもなく、サスペンスものとしてもハラハラドキドキしなくて何とも微妙な映画でした。
 最初に主人公が臨死体験の実験をして、それにうま味を感じた仲間たちが次々に臨死体験をしていきますが、そこまでが映画の半分ほどでそこから副作用的に罪の意識に襲われ始めるという流れになるまでが遅いので退屈でした。

 そこからも簡単に過去の罪に対して謝罪して終わるというのも見せ場が少なくダラダラした印象しか残らなかったです。
 
 そしてアメリカの医大生って富裕層なんだなと勉強になる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

罪の意識。ネタバレ

投稿日:2018/05/18 レビュアー:ワラビー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

その昔「ブレインストーム」という映画もありましたが
こちらは死後の世界と言うよりも、
顕在意識を1度ストップさせる=臨死体験させることで
潜在的な能力や記憶が引き出されてしまい
それに翻弄される若者たちを描いています。

と言っても演出は地味。
ショッキングで派手なシーンの連続に
キャーキャー言いながら観る作品ではありません。

劇中でも臨死体験をドラッグに例えていましたが
まさに意識変容させる手段として死を弄んでいる若者たち。
しかしその代償として潜在意識に押し込めていた罪の意識が開放され
制御不能となり幻影に苛まされます。

演出は地味だけど、内容のないうわべだけの派手な演出よりも
テーマをより際立たせたかも知れません。

鑑賞後、誰にでもある心の奥の罪の意識に
自分はどう向き合うべきか思いを馳せてしまいました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

可もなく、不可もなく、といったところ。ディエゴが素敵なので○

投稿日:2018/05/09 レビュアー:飛べない魔女

『ローグワン』で大活躍のキャプテン・アンドーを演じたディエゴ・ルナ目当てで見ました。
やはり相変わらず素敵(*^_^*)
ディエゴが見れただけで満足。

で、教授役のキーファー・サザーランドは無駄遣いじゃね?
学生たちと大いに絡みを持たせるのかと思いきや、出番も少なく
ジャック・バウアーはギャラ高いでしょ?
って思っていたら、オリジナルの方で主役だったのですね。
私、オリジナルは見ているのか?見ていないのか?
記憶に全くございません^_^;

カマンベールさんのレビューにもあるように
まさに
『メチャ面白くもないし、メチャ新しくもない。
しかしメチャクチャつまらなくもない・・・といった映画。』
という評価が相応しいかと思います。
最後までどんでん返し的なことを期待しましたが
あっさり終了。
今ひとつ盛り上がりに欠けていて
もう少し何かヒネリが欲しかったところです。

オリジナルの方も見てみることにします!

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

投稿日:2018/07/02 レビュアー:


このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全5件

フラットライナーズ

月額課金で借りる

都度課金で借りる