レディ・ガイ

レディ・ガイの画像・ジャケット写真
レディ・ガイ / ミシェル・ロドリゲス
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

20

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「レディ・ガイ」 の解説・あらすじ・ストーリー

ウォルター・ヒル監督がミシェル・ロドリゲスを主演に迎え、性転換手術で女にされてしまった凄腕の殺し屋の復讐劇という奇想天外な設定で描いたサスペンス・アクション。共演はシガーニー・ウィーヴァー。凄腕の殺し屋フランク・キッチンは、マフィアのボス、オネスト・ジョンの裏切りに遭い、捕らえられてしまう。被弾して意識を失った彼は、安ホテルのベッドで目を覚ます。全身に巻かれた包帯を取り鏡の前に立つと、そこに映っていたのは紛れもない女の姿だった。フランクは意識を失っている間に、性転換手術で女に変えられてしまったのだ。そんな常軌を逸した手術をしたのはフランクに恨みを持つ狂気の女医レイチェル・ジェーンだった。衝撃的な現実に怒りを爆発させたフランクは、復讐の鬼と化した女アサシンとなり、女医の行方を追うのだったが…。 JAN:4589921406918

「レディ・ガイ」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: アメリカ
原題: THE ASSIGNMENT

「レディ・ガイ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

レディ・ガイの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日・日(大字幕)・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 GADR1691 2018年05月15日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 0人 1人

【Blu-ray】レディ・ガイ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 GABR1690 2018年05月15日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:20件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全20件

レディ・ガイネタバレ

投稿日:2018/05/22 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 性転換手術を無理やり受けさせられて男性から女性になってしまった殺し屋がリベンジする話。

 無茶苦茶な設定は笑えて面白いですが、映画自体は至って硬派なアクションでそれはそれで渋くて面白かったですが設定の面白さはイマイチなくて普通のアクションものの域は超えられていなかったと思いました。だったら女性に変えられてしまった苦悩やそれを活かした殺しの数々とかを見たかったです。

 それに殺し屋パートと手術をした医者が回想するパートが交互に描かれて、この医者パートが長台詞で大演説をしたりして正直それが物語に有機的に絡んでいるとは思えず終始退屈なパートでした。

 たくさん出るテロップや時間軸が行ったり来たりする演出も物語に入るのにわkりにくさだけが強調されてこの物語にはあっていないのではないかと考えてしまう要素の1つでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

失くしたモノは、身つけられないさ。

投稿日:2018/05/17 レビュアー:なんの因果

うーん、これ、シガニー・ウィーバーの部分をいっそのこと
とっぱらった方がスッキリするのじゃないかと思いつつ観ました。
だけども、ラスト10秒でシガニーさんのゾッとするワンカットがあります。
それだけで十分モトはとれます。(シガニーさんには)期待しましょう。

このタイトルとジャケで、なにがしかのユーモアを期待した私が悪かったのでしょうか?
あの、男が女になって驚くシーンは、韓ドラの「帰ってきてマイダーリン」にも
古くは日本の「転校生」にも負けていますよ。
ミッシェル・ロドリゲス、新分野開拓のポイントだったのに!(鯨くらい食べてみな!)
いかにピストルの腕があっても、あんなに簡単にギャングたちを殺せますかね、
ウッソくさい・・!
これはすべてウソなのよとシガニーさんが言っても、誰も信じちゃくれない、
つまりホントかウソかわからんと。逃げたねぇ!!

(女になれたら本来、喜ぶべきではないですか?それをあんなに絶望されちゃ
その時点で腹立ったわ。お金さえもらったんだからファッションでも旅行でも楽しめば
良かったじゃないのー。それをピスト・・・あら、ネタバレしてる?ごめんねー。笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

M・ロッドのハマり役

投稿日:2019/09/16 レビュアー:ダイアー教授

なかなかオモシロかったです。
ミシェル・ロドリゲス(以下、M・ロッド)主演のちょっと変わった映画です。
『バイオハザード』のレイン、『ワイスピ』のレティ!
男女(おとこおんな)がハマるM・ロッドが改造手術で女性の身体にされた男のヒットマンを演じます。

女性になったM・ロッドさん、本作では“いい女”扱いされていますが…
私の美醜の基準がズレているのでしょうかね?
いや、ブルドッグのご面相をカワイイという人もいますから!

しかしながら、
ブラのホックを一発でとめられないM・ロッド、
口紅の塗り方が間違っているM・ロッド、
女なのに酒の呑み方がどう見てもオッサンなM・ロッド…
可愛らしかったですwww

端々に“男性”をシンボライズするシーンがあり、演出が凝っていると思いました。
※天狗みたいなお面やら、冒頭の白熱電球と導線は意味深です…

敵役には、“男性そのものをシンボライズした異星人”を4度倒した伝説の女傑、
エレン・リプリーさんを起用しております。
恋人(?)役にM・ロッドさんと噂になったクリスターナ・ロケインを思わせる金髪の嬢をキャスティングした…ってのは勘繰り過ぎでしょうか?

気に入ったので2回観ました。2度目は吹き替えで…
朴璐美さんも色っぽくていいんですが、テレビ版に思い入れの深い身としては、
アテが高山みなみさんだったら星+1でした〜

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

チープな設定ともったりした展開

投稿日:2018/08/10 レビュアー:Yohey

殺し屋の男が女になる。そしてその復讐譚。よくある話です。なんか新しさがあるのかと思ったのですが、マッドサイエンティストの女医が、金の稼ぎ方もよくわからんような設定で崇高なる理念を語るだけでした。

見ものは、ミシェル・ロドリゲスの男役。男から女になるというのを男の方もやっているのですが、これが興味深かったです。女性特有の身体の線とかしなやかさっていうのは隠せないものでして、違和感ありまくり。面白いもんですね。

話は爽快アクションも少なく、ミステリアスな部分で攻めたかったみたいですが悪人たちがしょぼすぎて駄目でした。もうちょっとなんとかならんかったのか?無防備すぎるやん。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

老舗旅館「固ゆで」

投稿日:2018/06/10 レビュアー:ポッシュ

まぁ、そりゃね、
そこらのひ弱な男子よりよっぽど“男っぽい”ミシェル・ロドリゲス姐さんをしても、
真正の男性を演るのは流石にムリでしょ。
・・・とは言え、ここはフィクションの世界なので、片目をつむって姐さんの頑張りを
微笑ましく眺めたい(笑)。フツーに女性役やってると、ごっつく見えるのに、
男って言われると手元なんかやけに華奢に見えてくる不思議さよ。

そもそも、この「女にされちゃった殺し屋」という設定で笑わせる・・・って
そういう作品じゃないと思うのです。
敢えて、これは「男女入れ替わりモノ」ではない、と私は言いたいですね。

主人公のモノローグ、都会の闇の中に生きる孤独な主人公、彼の運命を変える女
(=ファム・ファタル)の登場・・・といったお膳立てを見る限り、
この物語は「ハード・ボイルド」調なんですよね。

そういう、どこまでも硬派な世界を大真面目にやってるけど、
主人公の見た目が「女」なんだよね〜、っていうズレが面白い、そういう作品じゃ
ないのかなって思う。だから、ベッドシーンだってきっちりやっちゃう。
でも、見た目は女同士っていう、何とも言えない違和感。そこが妙味。

ただ、ここに「羊たちの沈黙」風サイコサスペンスまで持ち込んだから
焦点がボヤけてしまった。
シガニー・ウィーバーのパートですね。ここが思わせぶり過ぎて
どっちが主人公か分からなくなる。

大女将がでしゃばり過ぎて、若女将の活躍が目立たなくなっちゃった、みたいな(違うか)。

いや、でも、荒っぽさも含めて私はわりと好きな作品です。
なんと言っても男前なミシェル・ロドリゲスを応援したい!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全20件

レディ・ガイ