No.3 RANKING

メアリと魔女の花

メアリと魔女の花の画像・ジャケット写真
メアリと魔女の花
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

11

  • DVD
  • Blu-ray
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「メアリと魔女の花」 の解説・あらすじ・ストーリー

スタジオジブリで活躍した米林宏昌監督が立ち上げたスタジオポノック第1回長編作品。赤い館村に引っ越して来たメアリは、7年に1度しか咲かない不思議な花“夜間飛行”によって一夜限りの不思議な力を手に入れる。杉咲花、神木隆之介らが声優を担当。※一般告知解禁日:2017年12月19日

「メアリと魔女の花」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本
原題: MARY AND THE WITCH’S FLOWER

「メアリと魔女の花」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

メアリと魔女の花の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
103分 日・英 日:ドルビーデジタルステレオ/ドルビーデジタル5.1ch、日(音声ガイド):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDG6600 2018年03月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
3,843枚 1,045人 867人

【Blu-ray】メアリと魔女の花(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
103分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBG6600 2018年03月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,147枚 460人 426人

メアリと魔女の花の詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:42:47
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2018年09月30日 23:59
レンタル:2018年09月30日 23:59

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

メアリと魔女の花ネタバレ

投稿日:2018/02/01 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 好意をもっていろいろやろうとすると余計なお世話になって周りに迷惑ばかりかけている少女が魔法を使えるようになって、男の子を助ける話。

 冒頭の花を盗んでそれを追いかけての空中のチェイスシーンは何が起こってるんだろうと興味を持たせてくれるツカミでよかったです。
 
 ただこの映画の良かったのはこの開始5分ほどのアバンタイトルでタイトルが出て、主人公と周りの紹介が始まってからは、単純にお話が面白くないし、かといってキャラクターも魅力的ではないので、100分間見ているのが苦痛でした。

 何でもやろうとうするけど失敗して迷惑ばかりかける主人公がいて、大叔母さんやお手伝いさんや庭師や近所の男の子にネコ。というのが紹介されていきますが、この日常シーンから主人公は全部説明台詞で独り言を言い続ける手法で恐ろしく退屈でした。謎の杖とか花を見つけて魔法大学なるところに間違って行っちゃってからも、そこでの日常をカタキ役である校長や科学者と一緒に見て回るというシークエンスもここもアニメならではの楽しさはほとんどなくて説明台詞に新鮮さのないアニメーションを延々と見せられて退屈でした。

 そしてカタキ役も明確な悪でもないので、一体どうしてこんなに揉めているのか終始わからないので追いかけっこになっても何のハラハラドキドキもなく。それでいて周りの動物がやたらとリアルで可愛くなかったりして冷めていくアクションシーンの数々でした。

 主人公が自分の髪にコンプレックスがあったのって一体何だったんだろう? 主人公と少年の友情がいつ深まったのかもわからないし、庭師は見た目おじいちゃんなのに声は思い切りエンケンさんでまるであっていなかったり。

 これといった見所が見つけるのが大変なアニメーションでした。
 

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

壁に耳あり障子にメアリ

投稿日:2018/04/03 レビュアー:oyoyo

いや、レビュー・タイトルに意味はありません(笑)

、魔女の花を見つけたことから魔法世界に迷い込んだ少女メアリの冒険を描く。
良くも悪くも旧いジブリっぽい作品です。
最近のジブリにガッカリしてる人や、
「借りぐらしのアリエッティ」までのジブリが好きな人には○でしょう。

声優陣は豪華。

どこかで観たようなキャラ・演出が多い
既視感あります。
主人公が魅力に乏しい。
(特に努力する訳じゃない、嘘をつく等)
話に捻りが無い。

悪い点を並べたが、
しかし、スタジオ第1作。
今後に期待。

70点

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

嫌いじゃないよ

投稿日:2018/04/02 レビュアー:だいこんさん

ずいぶん辛い評価ばかりですが、私的には面白かったですよ。
声優さんが有名俳優さんだらけだったりして、あ、誰々さんだとか当てるのも楽しかったし、魔女校長の呪文が逆さ言葉だったり(笑)

ストーリーも単純明快で、最後まで誰も大して傷つかずに終わってほんわかしたムードでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

似て非なるもの

投稿日:2018/03/23 レビュアー:CLIMBER

似て非なるもの、とはこのことか......

やはり皆さんのおっしゃるとおり、ジブリ作品のイメージの寄せ集め感ありあり。そして、いろんな面で少しづつ、クオリティの低さを感じてしまう。
キャラの魅力、深さだったり動きの滑らかさだったり、背景の細やかさだったり。あと、音楽も凡庸だし。
(全然ダメなわけじゃなくて、ほんの少しなんだけどね。少しだけ足りてない感じが、逆にすごく気になってしまうんだよね。惜しいよなぁ、て)

「ジブリの意志を継ぐ」と宣言した米林監督と西村プロデューサーの心意気は凄く買ってるんだけどね。応援したいんだけどもね。今作は大きく期待外れでした、残念。

宮崎駿氏、「オレは観ない」っていったそうな、これ。
多分、観たらボロクソにけなしてしまうだろうってわかってたからだろうな。愛弟子は可愛いし成功してほしいと思ってるだろうけど、嘘のつけない人だから。ダメだったら正直にダメっていっちゃう。
本当に不器用な頑固ジジィだから。

宮崎駿に関しては、もう愛憎入り乱れすぎてて、ついつい悪態をついてしまったりしてしまう私ですが(ゴメンナサイ(>_<))、「メアリと魔女の花」を観て、改めて駿氏の凄さを再認識させられてしまいました。

米林監督、西村プロデューサー、次回作に期待します。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

がんばってほしい。

投稿日:2018/02/24 レビュアー:ワラビー

ジブリの制作姿勢を受け継ぎつつ
身に染み付いたジブリ色からいかに脱皮できるか
自分の色に染めていけるか
もがきがにじみ出ているように感じました。

単体作品としてみたら中途半端で未熟な作品かも知れないけど
ジブリの遺伝子は続いてほしいと思うので応援したいです。

今後の作品に期待します。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全11件

メアリと魔女の花

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。