スペースウォーカー

スペースウォーカーの画像・ジャケット写真
スペースウォーカー / エフゲニー・ミロノフ
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

3

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「スペースウォーカー」 の解説・あらすじ・ストーリー

人類初の宇宙遊泳を成し遂げたソ連の宇宙飛行士、アレクセイ・レオーノフの実話を映画化したSFアドベンチャー。米ソが宇宙開発技術を競う1960年代。宇宙飛行士としてスカウトされた軍パイロットのアレクセイが、人類初の船外活動ミッションに挑む。

「スペースウォーカー」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国:
原題: Vremya pervykh / Spacewalker

「スペースウォーカー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

スペースウォーカーの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
135分 日・吹 露:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
IF180883 2018年02月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
639枚 7人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

10分間の宇宙遊泳(実話)ネタバレ

投稿日:2018/03/31 レビュアー:なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

1960年代、ソ連とアメリカは激しい宇宙開発競争のさなかにあった。
党本部からアメリカより早く有人飛行を成功させろとプレッシャーをかけられる責任者のセルゲイ・コロリョフ。
そんな時セルゲイは、飛行中にエンジンが出火したにもかかわらず、脱出パラシュートも故障、
それでも無傷で生還した少佐アレクセイ・レオーノフに目を止める。
「イカレた男がほしい。あの男がほしい。アレクセイを私にくれ。」
確かにイカれてる。
相棒は気心の知れたパペル・ベリャーエフしかいなかったが、彼が足のケガを理由に相棒候補から外されると・・・。
アレクセイは、走ってくるセルゲイの自動車の前に飛び出す。
何をするんだと脱兎の如く追うパペル。
「ね、パペルの足は問題ないでしょう?」
アレクセイの機転と行動力、相棒に対する信頼は半端ないですね、素晴らしい。

やがて、1965年3月18日、人類初の宇宙遊泳の夢を乗せ、二人を乗せた宇宙船「ボスホート2号」
は飛び立った。、10分間の宇宙遊泳は成功する。宇宙服が膨張するというアクシデントは
あったが、二人の息のあった行動は見事なものだった。
──(ちなみに1961年にガガーリンがボストーク1号にて世界初の有人宇宙飛行に成功。
1969年にアメリカのアポロ11号でアームストロングが人類初の月面着陸に成功。)

しかし、遊泳を終えて船内に帰る時、アクシデントが発生する。
ブレジネフに「おめでとう」と賞賛された直後だ。
周回コースから外れ、地球に帰還できるのか否か、どこに着陸するのか不明、
(中国にだけは落ちるな!そんな事いわれても・・。)
着陸したところで助けは来るのか?
「二人は死亡した」と発表せざるをえなくなる本部。
いやぁ、宇宙遊泳より、帰還の方がアクシデントだらけで手に汗握りましたね!
こんな事になっていたとは!
50年以上も前の出来事で、コンピューターも通信機器も今より格段に劣っていた頃です。
現在80代のアレクセイが監修に参加した作品だそうで、大変見応えがありました。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

世界初を目指して命をかける冒険家の話

投稿日:2018/04/01 レビュアー:勇光

これは実話なのでSFではない。ちっちゃい粗末なオンボロ宇宙船で宇宙に飛びだした無謀な冒険を映画にしたものである。行った本人が監修を務めているので、話はそこそこ事実に即して描かれてあると思うが、旧ソ連の硬化した官僚組織からひきづった国家の面子に対する意識が多少は残ってただろうから、ホントに恥ずかしい部分は描かれていないと思う。
が、映像はすばらしく美しいし、話のテンポもいい。生死にかかわるアクシデントの連続で緊迫した場面を次々と見せられ、実に面白かった。
尚、時代はまさに米ソ冷戦の真っ最中で、宇宙飛行士は軍人であり、ロケットに乗って宇宙に行くのは戦争に行くのと同じことだったようだ。当時のソ連のロケット技術はアメリカより上だったことになっているが、実際はそうでもなく、ここで使われたボスホート2号はあまりにもトラブルがありすぎ、3号はついに使われなかった。ソ連がアメリカよりも早く有人宇宙飛行や宇宙遊泳を成し遂げられたのはロケット技術よりもパイロットの度胸や体力、それから作戦を指揮するコロリョフ主任設計官の采配によるものだったようだ。月着陸船を打ち上げる計画がついに成功しなかったのは、巨大なロケットを飛ばすための巨大なロケットブースターの燃料噴射時の振動を抑える技術がなかったためであるが、一番大きかったのは作戦遂行中にコロリョフが死んでしまったことだろう。面子ばかり気にする頑迷な上層部の圧力をうまくかわしながら現場の研究者やパイロットたちの活動をうまくコントロールできる人物が他にいなかったらしい。そのへんの雰囲気もこの映画ではうまく描かれていた。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スペースウォーカーネタバレ

投稿日:2018/03/08 レビュアー:nekomimiz

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

宇宙服がパンパンになって、宇宙船に帰れない!は、知ってましたが、地球に帰って来てから、森で遭難は知りませんでした。
発見された切っ掛けは無線愛好家の報告でした。アマチュア無線をやっていた私は嬉しかったです。
アポロ13号が好きな人には、お勧めします。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

スペースウォーカー

月額課金で借りる

都度課金で借りる