ザ・ボディガード

ザ・ボディガードの画像・ジャケット写真
ザ・ボディガード / サム・ワーシントン
全体の平均評価点:
(5点満点)

7

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ザ・ボディガード」 の解説・あらすじ・ストーリー

『アバター』のサム・ワーシントン主演によるアクション。殺し屋・ルーカスは、マフィアのリチャードから女子高生・エラの殺害を依頼される。家族のために引き受けるが、命乞いする少女に引き金を引くことができず、リチャードへの復讐を開始する。※一般告知解禁日:11月11日

「ザ・ボディガード」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ/西/ドイツ
原題: THE HUNTER’S PRAYER

「ザ・ボディガード」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ザ・ボディガードの詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
91分 日・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FMDR9833 2018年01月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
17枚 2人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

ともあれ、美少女が無事で。ネタバレ

投稿日:2018/01/16 レビュアー:なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

2017年製作・アメリカ/西/ドイツ
つい、2ヶ月前に劇場公開された作品。もうDVDになるとは。
そら、新作ラッシュにもなりますわな。
殺し屋ルーカス(サム・ワーシントン)は、女子高生エラ(オデイア・ラッシュ)の殺害をマフィアのリチャードから依頼される。
エラ(オデイア・ラッシュ)は世界で選ばれた美しい顔14位の、ちょっと沢尻エリカに似た感じの小生意気系のプルプル美女。
依頼はされたが、男ルーカス、エラほどの美少女を目の前にして、(自分の娘と重なり)引き金を引けなくなる。
世界の損失を回避したその辺は、モアベストの決断ではあるが、しかしルーカス君、殺し屋がそれじゃあ、
「御社の理念に深く賛同し、殺し屋として貢献いたしたく」ても、却下だピョン♪

今度は逆に、懸賞金をかけられ、かつての仲間や、凄腕が殺しに来る。
エマを連れて欧州を逃げ惑う・・。あ〜う!・・どこかで聞いたようなお話。
殺し屋業界のネタは、もう飽和状態なのか!
しかもルーカス、ヤク中でクスリが手離せない。
注射しようとズボンをズリさげ、柔軟体操ハムストリング伸ばしの体勢になったところで、
エラとバッチリ目が合う、ルーカスやけくそで注射器投げる、はい、地獄の禁断症状。
ここ、どういう気持でワタシラ鑑賞すればいいかビミョーだ。
全然、殺し屋オーラがなく、むしろ優しそうに見えるのであるが。

気がつけば90分がアツという間で、それほどハラハラもせずエロもなく、あ、エロじゃなくロケは良かった。スイス、イギリス、フランスのロケ・・ボケの私には厳密な区別はつかないのであるが。
ラストはそれぞれがハッピーに治まり、どこが良かったかと聞かれれば困る作品ではあるが、カーアクション含め、悪くないレベルのアクションムービーであるとは申せよう。
監督はターミネーター3のジョナサン・モストウ。
ルーカスはハクソウ・リッジにも出てたサム・ワーシントン。
ちなみにドーベルマン他ワンコのシーンが4回ある。ジョン・ウィック・チャプター2と違い、ソコソコの活躍を見せた。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

邦題が適切かどうか疑問が残る

投稿日:2018/02/23 レビュアー:hinakksk

 組織の裏切り者の娘エラを見せしめに殺すという任務を、どうしても遂行できない殺し屋ルーカス。人物設定やストーリーにさほど目新しさは感じられないけれど、アクション映画初心者の私には、場面転換もスピーディで、じゅうぶんハラハラドキドキする展開。

 状況把握できないまま、命を狙われ、ヨーロッパ各地を逃避行する少女の落ち着きぶりが半端じゃない。怯えながらもパニックに陥らない芯の強さが魅力的だ。さり気なくではあるが、親がどうであれ子は正義を求める、そういう父子の物語でもある。

 終盤はあっけないながら、巨悪が倒れ、平穏な日常が戻ってくる結末に、ほっとする。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

主役2人に好感度が高い・・サクッと観れるB級アクション

投稿日:2018/01/16 レビュアー:カマンベール

殺し屋に命を狙われた女子学生を、守ることになるプロの殺し屋の話。
マフィアの金のマネーロンダリング役の両親が、金をくすねていた見せしめに殺されます。残った娘のエラは殺し屋から命を狙われることに。
命じられた殺し屋のルーカスは、自分の娘のことがあって、どうしても引き金を引けない。
全体にチープな作りですが、殺し屋のルーカス(サム・ワーシントン)が
中々渋くて良いのと、妻と娘に会うこともままならない寂しさ、
薬中毒の哀れさとか情感に訴えるところがgoodです。
標的の女の子エラ(オディア・ラッシュ)が綺麗ですし華がある。
役的にしっかり者キャラも中々good。
ルーカスがエラに拳銃の扱い方を教えるあたりが伏線になっていて、キチンと回収されます。
観た後に、見事に何にも残らないけど、そこそこ面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

殺し屋がボディガードに

投稿日:2019/02/16 レビュアー:こうさま

さほど面白いこともないがそれほどつまらなくもないと言うB級アクション作品。
NYマフィアのボスの金をちょろまかした弁護士夫婦が冒頭で問答無用で射殺される。
次に狙われるのはスイスに留学中の娘エラ、なんで娘まで殺害しようとするのかはよくわからないが部下に対するみせしめのためだとマフィアのボスは説明している。
彼女がスイスで狙われた時、同じように彼女の殺害をボスから依頼されていた凄腕の殺し屋ルーカスが何故か彼女を助けようとする。
この理由もよくわからないが彼にも娘がおりその姿と重ね合わせたという説明になっている。
殺し屋からボディガードに変身したルーカスとエラが次々と襲ってくる殺し屋軍団と戦いながらスイス、フランス、イギリスへと車、列車、船と移動する展開、当然銃撃戦のシーンも数多いがとくに目新しいところはない。
このルーカス、麻薬常習者にしては何故かしっかりしているところが不思議。
エラの父親のちょろまかした金を巡ってのひと悶着もあるが、まぁなんやかんやで娘が両親(母親は継母だが)の敵討ちをするところでメデタシメデタシでおしまいという作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

7点満点中

投稿日:2018/02/07 レビュアー:ビリケン

2点

面白くなかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全7件

ザ・ボディガード

月額課金で借りる

都度課金で借りる