東京喰種 トーキョーグール

東京喰種 トーキョーグールの画像・ジャケット写真
東京喰種 トーキョーグール / 窪田正孝
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

26

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「東京喰種 トーキョーグール」 の解説・あらすじ・ストーリー

石田スイの原作コミックを窪田正孝主演で映画化したバトルアクション・サスペンス。大学生・カネキは人を食う怪人・喰種の臓器を移植されたことで半喰種と化してしまう。彼は人と喰種の狭間で苦悩しながら、次第に熾烈な戦いに巻き込まれていく。※PG12

「東京喰種 トーキョーグール」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本

「東京喰種 トーキョーグール」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

東京喰種 トーキョーグールの詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
119分 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DB9980 2017年12月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
2,883枚 20人 18人

【Blu-ray】東京喰種 トーキョーグール(ブルーレイ)の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
119分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 SHBR9480 2017年12月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
811枚 9人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:26件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全26件

東京喰種 トーキョーグールネタバレ

投稿日:2018/03/09 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 人しか食べられないグールになってしまった主人公とグールを駆逐しようとする組織の戦いの話。

 邦画の漫画実写映画化の作品にしてはという言い訳をたてれば普通に120分楽しめたアクション映画だったと思います。

 人間を食べる種族になってしまった主人公が怪物側と人間側の両方にたって悩むというのは映画として一定の面白さが保障されている設定で、どっちの主張も理解できるうえに悩むというのも描けていたと思いました。ただそれでいて結局明快な答えを出すことなくうやむやで終わってしまうのがよくあるパターンですが、この作品も結局どうしたいのかがわからないまま終わってしまって残念でした。

 主人公が片思いしていた女性とデートしたらその女性がグールで襲われたところを上から工事現場からの落下物で命が助かりますが、誰かが助けてくれたのかと思ったら本当に偶然の事故だったのが驚きだったり、主人公に臓器移植した先生が意味ありげに出てきたのにそれだけだったり、主人公が働くグールの駆け込み寺的な喫茶店で何人かグールが紹介されるけど、その人たちもそのまま流れていったり。グールを追いかける捜査官たちが使う武器もグールっぽい触手を出してきて、あれは一体何の武器なんだと戸惑ったり。ちょっとわからない設定が多々あって乗り切れない映画でした。しかも後半の戦いはほとんど説明がないまま戦い始めるのでノイズが大きくて、かつアクションシーンとしてもまったりしていて迫力がなくどんどんと退屈に感じてしまいました。物語のキーとなる親子の母親が殺されそうになるときに「それだけは」といっていたのとか一体なんだったんだろう。

 グールと人間が争うことへの疑問みたいなものは投げかけていますが、それは重々承知の上でその先の答えを見せてほしい映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんとなく中途半端。音楽はいい。

投稿日:2017/10/28 レビュアー:ひゅう助

まあ、アクションとしては及第点。映画としては、続編の出来しだい。

続編が出来ればの話だが。

あらすじ

太古から人間を食べる喰種(グール)がいる現代。カネキ(窪田)は平凡な大学生だったが、ある日グールに遭遇する。

目が覚めたら、妙な飢餓感を感じる。普通の食べ物も喉を通らない。

なんと、カネキはグールの臓器を移植されたことで半グールとなっていたのだ・・・。


半クールじゃないよ。ドラマじゃない!これは映画だ!!

設定は面白い。原作は漫画という媒体だから、時間をかけてストーリーを進められてさぞかし面白いだろう。

しかし、この映画は内容をすっ飛ばしすぎだ。

グールとなったカネキの苦悩が描かれてない。臓器元の葵井優の設定も途中から忘れられてる。あれは一番重要な設定だろ。

かのように、主人公に感情移入できない。

グールが全世界にいるかのように冒頭で語られるが、映画ではめっちゃ狭い世界。裏庭か。

まあ、たぶん続編を作るために映画を手っ取り早く作りたかったのだろう。

しかし、問題がある。清水富美加だ。

この問題をどう処理するか。あと、どう面白く続編を作れるか、だ。

ちなみに清水富美加は相当いい演技だった。できるなら続編にも出てほしい。

☆は次回頑張りましょうの、3.5つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

清水富美加の出家が、ほんとに惜しい!!

投稿日:2018/01/06 レビュアー:カマンベール

ジャケット写真の世界観はピカイチですね。オシャレ!!

石田スイの同名コミックの実写化。
2200万部も売れるのなら、絵も世界観も凄いんだろうな。
喰種がクインチを広げて戦うシーンは、CG、VFXというより、
仮面ライダー的「特撮」って感じで手作り感があって綺麗。

リゼ(蒼井優)の臓器を移植されて半喰種になったカネキ(窪田正孝)の苦悩・・・自分は人間を喰べていいのか?殺していいのか?
この苦悩がメインテーマなのだが、窪田正孝はかなり上手く苦悩を表現している。
対して喰種に徹してるトーカ(清水富美加)は悩みなど吹っ切って喰種にナリキリ、とても力強くカッコイイ。
だから出家が本当に残念です。
あと個人的には大泉洋の白髪のせいで、大泉洋に似た人としか認識されず、勿体ない。
喰種の変身(大輪の化け花とか、蝶々の羽、トグロを巻く尻尾などの体系)
などが、ハリウッド映画にない日本の特撮として面白かった。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

想像していたよりは良い出来でした

投稿日:2018/01/30 レビュアー:飛べない魔女

息子の影響でアニメをずっと見ていたので
実写は絶対世界感壊してるよ!って思っていたので
本作は敬遠していたのです。
まあ、想像していたよりはよかったです。
かなりストーリーを走り過ぎな感はありますが、
カネキくんのイメージも窪田くんがよく捉えていましたね。
トーカちゃん役の清水富美加 もなかなかイメージどおり。
ヒナミちゃんがあまり可愛くないのが・・(笑)

でも、これはまだほんの序章といったところ。
これからどんどん世界が荒れます。
どんどんカネキくんが進化していきます。
やはり続編を作る気で製作はしているのでしょうね。
気になるのは、CGが若干ちゃっちい!
そうところは、ハリウッド製にはやはり叶わないな・・って思っちゃいますね。
仕方ないけど。。(予算が違う!規模が違う!)

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

流行喰種

投稿日:2018/01/20 レビュアー:ビンス

この作品もまた
世界にはびこる
人気漫画を原作に映画化にこぎつけ
ガッポガッポお金をふんだくろうともくろみ
そのくせヒット作をそれほど作り出せず
原作ファンから非難を浴び
映画ファンからビシバシ叩かれ
な、クソルーティン作業を繰り返す種
人気漫画を喰い尽す種
流行喰種にやられてしまいました。
面白くないです。
ちゃっちいCGに
粗末なアクション
面白い映画にする資本も技術もないのに
映画化されてしまった作品の典型的な着地点
エグザイルはとりあえず筋肉美披露しとけっと
しばらくこの流行は下火をむかえそうにないので
これからもこういう作品が増えるのでしょうね。

ただ、世界観は興味がわくものでした。
ボクのように原作未読の人間が
世界観に惹かれ
原作漫画を手に取る
そういう流れを作り出せるという点では
この作品が作られた価値もあるのかもしれません。

そもそも喰種とは?
ハトとは?
クインケとは?
他にも魅力的なキャラが?
原作が面白いことを願って

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全26件

東京喰種 トーキョーグール