スパイダーマン:ホームカミング

スパイダーマン:ホームカミングの画像・ジャケット写真

スパイダーマン:ホームカミング / トム・ホランド
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

36

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「スパイダーマン:ホームカミング」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

“マーベル・シネマティック・ユニバース”に本格参戦となったスパイダーマンの新シリーズ第1弾となる青春アクション大作。アイアンマンに憧れる15歳の見習いヒーロー“スパイダーマン”の活躍を、普通の高校生の瑞々しい青春模様を織り交ぜ描き出す。主演はトム・ホランド、共演にロバート・ダウニー・Jr。監督は「COP CAR/コップ・カー」の新鋭ジョン・ワッツ。ニューヨークに暮らす15歳の高校生、ピーター。憧れのトニー・スターク=アイアンマンに見込まれ、彼が開発した特製スーツに身を包み、スパイダーマンとして街のパトロールに精を出す日々。そんな中、スタークに恨みを持つバルチャーが、ニューヨークを危機に陥れようとしていた。早く一人前のヒーローとして認められたいと焦るピーターは、たった一人で敵に立ち向かおうとするが…。 JAN:4547462115362

「スパイダーマン:ホームカミング」 の作品情報

作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: SPIDER−MAN: HOMECOMING

「スパイダーマン:ホームカミング」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ザ・ペーパー

ベリー・バッド・ウェディング

ときめきサイエンス エレクトリック・ビーナス

私がこわされるとき

ユーザーレビュー:36件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全36件

スパイダーマン:ホームカミング ネタバレ

投稿日:2017/10/28 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】の続編で好きな人のお父さんがめちゃ怖くて挨拶がビビる話。

 冒頭で【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】のスパイダーマン目線でのPOV風の映像でここで【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】を見ていない人は脱落するという完全なるファン向け映画にいなっていて、「スパイダーマンになった理由は皆さんご存知」「アイアンマンとの関係は前作当然見てますよね」設計で戸惑いました。

 ベースは学園もので、主人公がモテないオタク系な男の子かと思ってみていると想っている女の子の方から声をかけてくれて、特にこれといった努力が見えずに話が進んで行くので学園ものとしても面白味に欠けました。同級生にいじられたりする描写はあるけれど、主人公の悩みはそこに比重を置いていなくて、スパイダーマンとしての活動に悩みが置かれているのが退屈の原因だと思いました。そのため学園生活がどうなろうが知ったこっちゃないと思ってしまいました。

 ヒーローものとしても不完全燃焼でスパイダーマンらしい躍動感やスピード感はあまりなくて、ゴチャゴチャしていて何が何やら早すぎて見えなかったです。しかもクライマックスは暗い飛行機の外でピカピカしている中で行われるので、気づいたら終わっていてカタルシスは一切なかったです。ヒーローとしての活動は「スタークさんに認められたい」というものが行動の動機なので人助けなどをやったと思ったら知り合いを助けるだけで、映像のスケールはあるけれど話のスケールはえらく小さくて、だんだんとどうでもよくなっていってしまいました。

 悪役も「家族を養うから」という理由だけで特にこれといって悪い人に見えず。むしろ冒頭で悪役の仕事を奪ってしまったスタークの方が悪く見えてしまいました。

 1本の作品で完結して楽しむ。というスタイルではなく、今のハリウッドのエンタメ大作は連続ドラマ化で当然シリーズを見た人が見る映画なのは知ってはいましたが、そういう流れについていけない古い人に自分はなっていってしまったんだと悲しくなる作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 23人の会員が気に入ったと投稿しています

仕切り直しの新シリーズ!トムホは蜘蛛の糸発射で次に繋げるか

投稿日:2017/12/13 レビュアー:なんの因果

「ホーム・カミング」とは、ざっっくり言うと(ざっくり言っても長いのだが)。
約20年前に経営破綻したマーベルは、スパイダーマンの権利をソニーに売却。
スパイダーマンはヒットしたがマーベルの利益にはならず。
その後、資金協力も得て「アイアンマン」「アベンジャーズ」「ガーディアンズ〜」がヒットするマーベル。
一方、ソニー・ピクチャーズは「アメイジング〜」などが大ヒットまでは至らず、
ハッキング問題や社内事情があって、マーベルスタジオのケビン・ファィギ氏を招聘して
スパイダーマンを再リブートする事になったのが本作。マーベルの世界(ふるさと)に戻ってきた(ホームカミング)という事を意味しているらしい。
ハリウッドのライバル2社がコラボ。それを奇跡とか言うのは言い過ぎで、早い話が背に腹は代えられないという所ではないか。観る方としては面白ければそれで言い訳で。

さて、思惑通り、心機一転して面白いものが出来たのかどうかですが。
スペースないので結論から言うと、私は十分楽しいエンタメに仕上がったと思います。
本当に高校生で、その上スパイダーマン?と言いたくなるほど普通っぽいトム・ホランド。
等身大の演技でフレッシュですよね。
時々ひょいと現れるアイアンマン、(ロバート・D・ジュニアは「レスザンゼロ」の頃から好きだった♪ますますセクシーになってくれて嬉しいことよ♪)
アイアンマンが本気だしちゃうと、スパイダーマンは出る幕ない訳で。笑
忙しいふりしてワンポイントですな。悪役の、と言ってもそれなりの苦悩があるマイケル・キートン。この人はホント、長く活躍してますよね。トシとらないんじゃ?
キートンの演技も素晴らしいデス!(車の中で表情が変わってゆくキートンと、後部座席でオロオロしてゆくトムが可笑しいデス。)
そして忘れちゃいけないのが親友のネッド。「座っている人」笑。はずせない。
という訳でトム・ホランドは次作へ向けて、期待のロングシュートで蜘蛛の糸、発射しましたぁ。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

ピーター(スパイダーマン)の成長と父親みたいなトニー・スターク

投稿日:2017/12/23 レビュアー:カマンベール

どこか2人の会話は、親の言いつけを守らず、暴走する息子と、
ハラハラ見守る父親みたいですね。

ホームカミング(同窓会イベント)の題名が指すように、学園もの風な
スパイダーマンです。
15歳の高校生ピーター(トム・ホランド)扮するスパイダーマンは一見小柄で筋肉も薄く頼りないけれど、最後までみると反骨精神も中々です。
マーベル・ブランドですから、スーパーヒーローのアクションは、
もちろん派手派手でスピード感溢れる楽しさです。

でもやっぱり1番のお楽しみはキャスティングですね。
悪役のヴァルチャー役のマイケル・キートンの存在感。
初代バットマンで名声を得て、その後人気を失い
「バードマンあるいは・・・」で見事に復活した彼を、
マーベルの悪役として見られたのは特に嬉しいし、期待以上の悪役でした。
ロバート・ダウニーJr.のカッコ良さ、メイおばさん役のマリサ・トメイの安心感。ちょこっと現れて場をさらうグィネス・パルトローの愛らしさ。
こうしてスター俳優を見ると、ホランド君の活躍と成長はまだまだこれから・・・未知数ですね。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

スパイダーマン作品いっぱいあるけど・・・ ネタバレ

投稿日:2017/12/28 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アメコミのスパイダーマン、何作も作られております。
しかし、今回のスパイダーマンは一味違う!

年齢が若くなっている?
アベンジャーズに入りたくて空回りして失敗ばかり。
しかも友達に正体ばれているし(笑
ヒロインも変わっている。

色々なスパイダーマン見てきたけど、あんまり共感できないかも。
私はサム・ライミ版が好きかも・・・

設定やストーリーにあんまりにも現実味が無い気がします。
アクションシーンとかは派手で豪華です。
なんかそれだけの作品。

今後のアベンジャーズのための設定なので、これからに期待でしょうか?
決してつまらなくは無かったですが、格別の感動も無かった。

残念でした。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

青春映画

投稿日:2018/02/03 レビュアー:oyoyo

まず主人公のトム・ホランドが良い。
そして悪役のマイケル・キートンが良い。
やっぱり悪役が魅力的なヒーローものは良い。

この映画は青春映画だ。
15歳の少年の成長が描かれている。
過去にないほど軽いノリのスパイダーマンだが、中身は少年。
少年らしい思考のもと行動するのに違和感は無い。
同年代の少年達には共感する部分も多いのではないだろうか。

「シビル・ウォー」に登場したときは、ノリの軽さにコレじゃない感があったが、
今作ではその軽さが少年らしさに変わっていた。

まあ、一番好きなのはサム・ライミ版だが。

贅沢を言えば、ヒーローがカッコ良く事件を解決するシーンが
もっと観たかった。

続編に期待。

80点 

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全36件

スパイダーマン:ホームカミング

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:36件

スパイダーマン:ホームカミング

投稿日

2017/10/28

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】の続編で好きな人のお父さんがめちゃ怖くて挨拶がビビる話。

 冒頭で【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】のスパイダーマン目線でのPOV風の映像でここで【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】を見ていない人は脱落するという完全なるファン向け映画にいなっていて、「スパイダーマンになった理由は皆さんご存知」「アイアンマンとの関係は前作当然見てますよね」設計で戸惑いました。

 ベースは学園もので、主人公がモテないオタク系な男の子かと思ってみていると想っている女の子の方から声をかけてくれて、特にこれといった努力が見えずに話が進んで行くので学園ものとしても面白味に欠けました。同級生にいじられたりする描写はあるけれど、主人公の悩みはそこに比重を置いていなくて、スパイダーマンとしての活動に悩みが置かれているのが退屈の原因だと思いました。そのため学園生活がどうなろうが知ったこっちゃないと思ってしまいました。

 ヒーローものとしても不完全燃焼でスパイダーマンらしい躍動感やスピード感はあまりなくて、ゴチャゴチャしていて何が何やら早すぎて見えなかったです。しかもクライマックスは暗い飛行機の外でピカピカしている中で行われるので、気づいたら終わっていてカタルシスは一切なかったです。ヒーローとしての活動は「スタークさんに認められたい」というものが行動の動機なので人助けなどをやったと思ったら知り合いを助けるだけで、映像のスケールはあるけれど話のスケールはえらく小さくて、だんだんとどうでもよくなっていってしまいました。

 悪役も「家族を養うから」という理由だけで特にこれといって悪い人に見えず。むしろ冒頭で悪役の仕事を奪ってしまったスタークの方が悪く見えてしまいました。

 1本の作品で完結して楽しむ。というスタイルではなく、今のハリウッドのエンタメ大作は連続ドラマ化で当然シリーズを見た人が見る映画なのは知ってはいましたが、そういう流れについていけない古い人に自分はなっていってしまったんだと悲しくなる作品でした。

仕切り直しの新シリーズ!トムホは蜘蛛の糸発射で次に繋げるか

投稿日

2017/12/13

レビュアー

なんの因果

「ホーム・カミング」とは、ざっっくり言うと(ざっくり言っても長いのだが)。
約20年前に経営破綻したマーベルは、スパイダーマンの権利をソニーに売却。
スパイダーマンはヒットしたがマーベルの利益にはならず。
その後、資金協力も得て「アイアンマン」「アベンジャーズ」「ガーディアンズ〜」がヒットするマーベル。
一方、ソニー・ピクチャーズは「アメイジング〜」などが大ヒットまでは至らず、
ハッキング問題や社内事情があって、マーベルスタジオのケビン・ファィギ氏を招聘して
スパイダーマンを再リブートする事になったのが本作。マーベルの世界(ふるさと)に戻ってきた(ホームカミング)という事を意味しているらしい。
ハリウッドのライバル2社がコラボ。それを奇跡とか言うのは言い過ぎで、早い話が背に腹は代えられないという所ではないか。観る方としては面白ければそれで言い訳で。

さて、思惑通り、心機一転して面白いものが出来たのかどうかですが。
スペースないので結論から言うと、私は十分楽しいエンタメに仕上がったと思います。
本当に高校生で、その上スパイダーマン?と言いたくなるほど普通っぽいトム・ホランド。
等身大の演技でフレッシュですよね。
時々ひょいと現れるアイアンマン、(ロバート・D・ジュニアは「レスザンゼロ」の頃から好きだった♪ますますセクシーになってくれて嬉しいことよ♪)
アイアンマンが本気だしちゃうと、スパイダーマンは出る幕ない訳で。笑
忙しいふりしてワンポイントですな。悪役の、と言ってもそれなりの苦悩があるマイケル・キートン。この人はホント、長く活躍してますよね。トシとらないんじゃ?
キートンの演技も素晴らしいデス!(車の中で表情が変わってゆくキートンと、後部座席でオロオロしてゆくトムが可笑しいデス。)
そして忘れちゃいけないのが親友のネッド。「座っている人」笑。はずせない。
という訳でトム・ホランドは次作へ向けて、期待のロングシュートで蜘蛛の糸、発射しましたぁ。

ピーター(スパイダーマン)の成長と父親みたいなトニー・スターク

投稿日

2017/12/23

レビュアー

カマンベール

どこか2人の会話は、親の言いつけを守らず、暴走する息子と、
ハラハラ見守る父親みたいですね。

ホームカミング(同窓会イベント)の題名が指すように、学園もの風な
スパイダーマンです。
15歳の高校生ピーター(トム・ホランド)扮するスパイダーマンは一見小柄で筋肉も薄く頼りないけれど、最後までみると反骨精神も中々です。
マーベル・ブランドですから、スーパーヒーローのアクションは、
もちろん派手派手でスピード感溢れる楽しさです。

でもやっぱり1番のお楽しみはキャスティングですね。
悪役のヴァルチャー役のマイケル・キートンの存在感。
初代バットマンで名声を得て、その後人気を失い
「バードマンあるいは・・・」で見事に復活した彼を、
マーベルの悪役として見られたのは特に嬉しいし、期待以上の悪役でした。
ロバート・ダウニーJr.のカッコ良さ、メイおばさん役のマリサ・トメイの安心感。ちょこっと現れて場をさらうグィネス・パルトローの愛らしさ。
こうしてスター俳優を見ると、ホランド君の活躍と成長はまだまだこれから・・・未知数ですね。

スパイダーマン作品いっぱいあるけど・・・

投稿日

2017/12/28

レビュアー

静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アメコミのスパイダーマン、何作も作られております。
しかし、今回のスパイダーマンは一味違う!

年齢が若くなっている?
アベンジャーズに入りたくて空回りして失敗ばかり。
しかも友達に正体ばれているし(笑
ヒロインも変わっている。

色々なスパイダーマン見てきたけど、あんまり共感できないかも。
私はサム・ライミ版が好きかも・・・

設定やストーリーにあんまりにも現実味が無い気がします。
アクションシーンとかは派手で豪華です。
なんかそれだけの作品。

今後のアベンジャーズのための設定なので、これからに期待でしょうか?
決してつまらなくは無かったですが、格別の感動も無かった。

残念でした。

青春映画

投稿日

2018/02/03

レビュアー

oyoyo

まず主人公のトム・ホランドが良い。
そして悪役のマイケル・キートンが良い。
やっぱり悪役が魅力的なヒーローものは良い。

この映画は青春映画だ。
15歳の少年の成長が描かれている。
過去にないほど軽いノリのスパイダーマンだが、中身は少年。
少年らしい思考のもと行動するのに違和感は無い。
同年代の少年達には共感する部分も多いのではないだろうか。

「シビル・ウォー」に登場したときは、ノリの軽さにコレじゃない感があったが、
今作ではその軽さが少年らしさに変わっていた。

まあ、一番好きなのはサム・ライミ版だが。

贅沢を言えば、ヒーローがカッコ良く事件を解決するシーンが
もっと観たかった。

続編に期待。

80点 

1〜 5件 / 全36件

同シリーズ作品を借りる