コードネーム:ストラットン

コードネーム:ストラットンの画像・ジャケット写真

コードネーム:ストラットン / ドミニク・クーパー
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「コードネーム:ストラットン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「コードネーム:ストラットン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: イギリス
原題: STRATTON

「コードネーム:ストラットン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

DATSUGOKU 〜脱獄〜

ガン シャイ

マリリン 7日間の恋

マイ・ベスト・フレンド

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

ユニット組んだ英米特殊部隊・ ネタバレ

投稿日:2017/12/09 レビュアー:なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

2016年製作イギリス・原作はダンカン・ファルコナーの人気アクション小説「Stratton」。
英国特殊部隊SBS隊員のストラットンは、中東の化学工場にある生物兵器の破壊ミッション中に敵の罠にはまり、相棒のマーティを失い、生物兵器を何者かに横取りされる。
謎のテロ組織を阻止するため、特殊部隊SBSと、諜報機関MI6、そしてアメリカ海軍の特殊部隊ネイビーシールズが手を組み立ち向かう。
──特殊部隊が三位一体でがんばるのだから、すごい事になりそうだ。
すごすぎて、私など今なにやってるのか理解できんかった・・。すいません。
ドラマ性のあるなし別にして、アクション見てるだけならやはり、激しいものがありました。
(あまり本格アクションみないのでレビューなるかわかりませんが)店舗に車突っ込んだり、
ホバークラフトですか?海上での追跡、ドローンの行方、迫力映像だと思います。
ラスト近くのロンドンの赤いバスを追う攻防も見事で、いつもパソコン見て指示出してるだけの
女性(ジェンマ・チャン)が、バス内部での立ち回りが小気味良かった。
ハリポタのトム・フェルトン、あんなに簡単に寝返るのかなー、結果は結果だけど。
あとー、言っていいかわからないけど、女上司のコニー・ニールセン、幹部なのにルームランナー
しながら面会、シャツ一枚のカジュアルすぎる服装・・。もっとパリッと、オシャレしてほしいなー。
瑣末なツッコミでしたね。すみません。ポリポリ々

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

B級アクション(無駄に美女スパイが多い!!)

投稿日:2017/12/11 レビュアー:カマンベール

イギリス海兵特殊部隊(SBS)+イギリス諜報機関(ご存知、M16)+
アメリカネイビーシールズがユニットを組んで、テロリストに立ち向かう話。
無駄にチームを組んだ割に(組んだせいか笑)
ごちゃごちゃして統率が取れないで、勝手な判断で個人プレーをして、
あとは成り行き任せ・・・と。
大風呂敷を広げた割に、ちっちゃい映画だった。
元ロシア人スパイは、女で国を裏切り、女に裏切られ、国に捨てられ・・・と恨み節!!

あのちっこいドローンに大量破壊兵器(化学兵器)が搭載できるのか?
そして残りのドローンはどうなったのか?
とか、突っ込み所満載。
美女スパイがやたら多いのは、ハニートラップなのね、納得!
ドミニク・クーパーさんて人もB級感溢れる感じで、あまりヒーローには
見えません。
スカッとしない映画だったけど、続編とかありそうですよ。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

盛り上がりに欠ける

投稿日:2018/10/07 レビュアー:こうさま

英制作のスパイアクション、主人公ストラッテンは英国特殊船艇部隊(SBS)所属で相棒は米ネイビーシールズからの出向、ここにM16が絡んでテロリストに奪われた生物兵器の奪還作戦が展開されるのだが些か地味で盛り上がりに欠け、印象の薄い作品。
どのアクションシーンもどこかで観たような感じがしてしまうのが残念なところ。
ロンドンの街を見せながらのボートチェイスが見せ場の一つになっているが、これもまたどこかで観たような、、、、。
製作費が少し少なかったのかなぁと考えてしまう。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

狙ってもできないレベルのトホホ感

投稿日:2017/12/18 レビュアー:オッドジョブ

「ツタヤ先行」に備えてハードルをグッと下げての鑑賞。しかしそれを軽く凌駕してくる残念感あふれる作品。

ロシア、イランだけでなくSBS、MI6、KGB、ネイビーシールズ他たくさんの組織名を登場させてるけど本当に登場させている『だけ』という斬新さ。間抜けな相手、間抜けな作戦、間抜けな展開、間抜けなアクションと全編を通して安定したルーズ感。キャラクターもの、バディものとして全く成り立っていないシュール感。極め付けに悪役と上司の過去設定、裏切り、家族とのヒューマンドラマなど全力でトホホな感じを上乗せし、ラストに最終兵器のドローンでトドメの一撃!

「ストーリーさえ派手ならいいや」くらいの期待でしたが、あまりの牧歌的展開に心がほっこりしてしまうようなアクションキャラクター映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

最後まで見れる我慢が必要

投稿日:2017/12/18 レビュアー:テー

 最初から安っぽい感じが貫かれています。途中から飛ばし飛ばし観賞。見る価値はないと思います。予告に上手にやられました。ただ、最初から安さを感じ、飛ばしたので、時間をとられること最小限に防げたことは満足です。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

コードネーム:ストラットン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

ユニット組んだ英米特殊部隊・

投稿日

2017/12/09

レビュアー

なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

2016年製作イギリス・原作はダンカン・ファルコナーの人気アクション小説「Stratton」。
英国特殊部隊SBS隊員のストラットンは、中東の化学工場にある生物兵器の破壊ミッション中に敵の罠にはまり、相棒のマーティを失い、生物兵器を何者かに横取りされる。
謎のテロ組織を阻止するため、特殊部隊SBSと、諜報機関MI6、そしてアメリカ海軍の特殊部隊ネイビーシールズが手を組み立ち向かう。
──特殊部隊が三位一体でがんばるのだから、すごい事になりそうだ。
すごすぎて、私など今なにやってるのか理解できんかった・・。すいません。
ドラマ性のあるなし別にして、アクション見てるだけならやはり、激しいものがありました。
(あまり本格アクションみないのでレビューなるかわかりませんが)店舗に車突っ込んだり、
ホバークラフトですか?海上での追跡、ドローンの行方、迫力映像だと思います。
ラスト近くのロンドンの赤いバスを追う攻防も見事で、いつもパソコン見て指示出してるだけの
女性(ジェンマ・チャン)が、バス内部での立ち回りが小気味良かった。
ハリポタのトム・フェルトン、あんなに簡単に寝返るのかなー、結果は結果だけど。
あとー、言っていいかわからないけど、女上司のコニー・ニールセン、幹部なのにルームランナー
しながら面会、シャツ一枚のカジュアルすぎる服装・・。もっとパリッと、オシャレしてほしいなー。
瑣末なツッコミでしたね。すみません。ポリポリ々

B級アクション(無駄に美女スパイが多い!!)

投稿日

2017/12/11

レビュアー

カマンベール

イギリス海兵特殊部隊(SBS)+イギリス諜報機関(ご存知、M16)+
アメリカネイビーシールズがユニットを組んで、テロリストに立ち向かう話。
無駄にチームを組んだ割に(組んだせいか笑)
ごちゃごちゃして統率が取れないで、勝手な判断で個人プレーをして、
あとは成り行き任せ・・・と。
大風呂敷を広げた割に、ちっちゃい映画だった。
元ロシア人スパイは、女で国を裏切り、女に裏切られ、国に捨てられ・・・と恨み節!!

あのちっこいドローンに大量破壊兵器(化学兵器)が搭載できるのか?
そして残りのドローンはどうなったのか?
とか、突っ込み所満載。
美女スパイがやたら多いのは、ハニートラップなのね、納得!
ドミニク・クーパーさんて人もB級感溢れる感じで、あまりヒーローには
見えません。
スカッとしない映画だったけど、続編とかありそうですよ。

盛り上がりに欠ける

投稿日

2018/10/07

レビュアー

こうさま

英制作のスパイアクション、主人公ストラッテンは英国特殊船艇部隊(SBS)所属で相棒は米ネイビーシールズからの出向、ここにM16が絡んでテロリストに奪われた生物兵器の奪還作戦が展開されるのだが些か地味で盛り上がりに欠け、印象の薄い作品。
どのアクションシーンもどこかで観たような感じがしてしまうのが残念なところ。
ロンドンの街を見せながらのボートチェイスが見せ場の一つになっているが、これもまたどこかで観たような、、、、。
製作費が少し少なかったのかなぁと考えてしまう。

狙ってもできないレベルのトホホ感

投稿日

2017/12/18

レビュアー

オッドジョブ

「ツタヤ先行」に備えてハードルをグッと下げての鑑賞。しかしそれを軽く凌駕してくる残念感あふれる作品。

ロシア、イランだけでなくSBS、MI6、KGB、ネイビーシールズ他たくさんの組織名を登場させてるけど本当に登場させている『だけ』という斬新さ。間抜けな相手、間抜けな作戦、間抜けな展開、間抜けなアクションと全編を通して安定したルーズ感。キャラクターもの、バディものとして全く成り立っていないシュール感。極め付けに悪役と上司の過去設定、裏切り、家族とのヒューマンドラマなど全力でトホホな感じを上乗せし、ラストに最終兵器のドローンでトドメの一撃!

「ストーリーさえ派手ならいいや」くらいの期待でしたが、あまりの牧歌的展開に心がほっこりしてしまうようなアクションキャラクター映画でした。

最後まで見れる我慢が必要

投稿日

2017/12/18

レビュアー

テー

 最初から安っぽい感じが貫かれています。途中から飛ばし飛ばし観賞。見る価値はないと思います。予告に上手にやられました。ただ、最初から安さを感じ、飛ばしたので、時間をとられること最小限に防げたことは満足です。

1〜 5件 / 全5件