貴族探偵

貴族探偵の画像・ジャケット写真

貴族探偵 / 相葉雅紀

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「貴族探偵」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

相葉雅紀主演によるミステリードラマの第3巻。貴族探偵の正体を探るべく、高徳愛香は貴族探偵と懇意にしているという桜川鷹亮に会いに行く。愛香が鷹亮に貴族探偵のことを尋ねると、鷹亮は本人に直接聞いてみるよう促す。第5話と第6話を収録。

「貴族探偵」 の作品情報

作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本

「貴族探偵」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

出演: 相葉雅紀武井咲
脚本: 黒岩勉
原作: 麻耶雄嵩
音楽: 末廣健一郎

関連作品

関連作品

今からあなたを脅迫します

僕とシッポと神楽坂

フラジャイル

黒革の手帖

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

推理しない探偵

投稿日:2017/11/20 レビュアー:kazupon

本格的な推理を求める方には、おススメしません。
相葉君のファンの方でも、彼の滑舌の悪さに「おい、おい・・・」と思われるかも知れません。
原作を読んでいないので、貴族探偵をイメージ出来ないのですが、勝手に斎藤工の方が似合っていたのでは?と思っています。
それでも、私が毎週観ていたのは、貴族探偵に代わって推理し、事件を解決する“使用人たち”が魅力的だったからです。
中でも、貴族探偵のメイド・田中を演じた中山美穂が良かった。
彼女の新境地が開かれたのではないでしょうか?
貴族探偵の忠実にして有能な使用人は、まだ他にもいます。
執事の山本(松重豊)は、彼らが作る事件の再現ビデオにおいて、男女の性別を問わず被害者になったり犯人に扮したりの熱演ぶり。
運転手兼ボディガードの佐藤(滝藤賢一)は、脚力、戦闘能力に長け、再現ビデオでは黒子になったりもします。
彼ら「チーム貴族探偵」(←私が勝手に命名)に対するのは、新米探偵の高徳愛香(武井咲)です。
貴族探偵からは、“女探偵さん”と呼ばれ、貴族探偵チームとの推理合戦を繰り広げるも毎回惜しいところで負けてしまいます。
原作小説には登場しないそうですが、刑事の鼻形雷雨(生瀬勝久)もドラマには欠かせない人物です。(コメディ担当?笑)
高徳愛香は、一応「喜多見切子探偵事務所」に勤めていることになっています。
しかし、所長の切子は、ある事故ですでに他界。
愛香が事務所を引き継ぐことになりました。
名前すらハッキリしない貴族探偵の正体や、喜多見切子の死の謎(事務所に出る切子の幽霊?や隣の部屋からの壁ドンなども含めて)
最終話に向けて解き明かされていきます。
もちろん、毎週の事件の謎解きも素人向けで子供でも楽しめます。
第4話では、画面に子供の霊が一瞬映ったと話題にもなりました。
私もそのシーンに気づきましたが、霊とは思わず、偶然に撮影見学の子が写り込んでしまったのだと思いました。
真相は、この回に登場の“イズナ様”が子供の姿になって愛香たちを見送っていたのでした。
興味がある方は、ご自分で確認してみて下さい。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

紳士靴 対 ハイヒール

投稿日:2020/10/01 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

これも麻耶雄嵩論として 長く書いたなあ 簡単に言って 麻耶君の
テーマは一貫してワトソン論なのだけど 面白おかしい どうでも良い
TVドラマになっていて それはそれで彼は優しいから赦すだろう

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

貴族探偵

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

推理しない探偵

投稿日

2017/11/20

レビュアー

kazupon

本格的な推理を求める方には、おススメしません。
相葉君のファンの方でも、彼の滑舌の悪さに「おい、おい・・・」と思われるかも知れません。
原作を読んでいないので、貴族探偵をイメージ出来ないのですが、勝手に斎藤工の方が似合っていたのでは?と思っています。
それでも、私が毎週観ていたのは、貴族探偵に代わって推理し、事件を解決する“使用人たち”が魅力的だったからです。
中でも、貴族探偵のメイド・田中を演じた中山美穂が良かった。
彼女の新境地が開かれたのではないでしょうか?
貴族探偵の忠実にして有能な使用人は、まだ他にもいます。
執事の山本(松重豊)は、彼らが作る事件の再現ビデオにおいて、男女の性別を問わず被害者になったり犯人に扮したりの熱演ぶり。
運転手兼ボディガードの佐藤(滝藤賢一)は、脚力、戦闘能力に長け、再現ビデオでは黒子になったりもします。
彼ら「チーム貴族探偵」(←私が勝手に命名)に対するのは、新米探偵の高徳愛香(武井咲)です。
貴族探偵からは、“女探偵さん”と呼ばれ、貴族探偵チームとの推理合戦を繰り広げるも毎回惜しいところで負けてしまいます。
原作小説には登場しないそうですが、刑事の鼻形雷雨(生瀬勝久)もドラマには欠かせない人物です。(コメディ担当?笑)
高徳愛香は、一応「喜多見切子探偵事務所」に勤めていることになっています。
しかし、所長の切子は、ある事故ですでに他界。
愛香が事務所を引き継ぐことになりました。
名前すらハッキリしない貴族探偵の正体や、喜多見切子の死の謎(事務所に出る切子の幽霊?や隣の部屋からの壁ドンなども含めて)
最終話に向けて解き明かされていきます。
もちろん、毎週の事件の謎解きも素人向けで子供でも楽しめます。
第4話では、画面に子供の霊が一瞬映ったと話題にもなりました。
私もそのシーンに気づきましたが、霊とは思わず、偶然に撮影見学の子が写り込んでしまったのだと思いました。
真相は、この回に登場の“イズナ様”が子供の姿になって愛香たちを見送っていたのでした。
興味がある方は、ご自分で確認してみて下さい。

紳士靴 対 ハイヒール

投稿日

2020/10/01

レビュアー

裸足のラヴァース 2.0

これも麻耶雄嵩論として 長く書いたなあ 簡単に言って 麻耶君の
テーマは一貫してワトソン論なのだけど 面白おかしい どうでも良い
TVドラマになっていて それはそれで彼は優しいから赦すだろう

1〜 2件 / 全2件