こどもつかい

こどもつかいの画像・ジャケット写真

こどもつかい / 有岡大貴
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

14

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「こどもつかい」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「呪怨」シリーズの清水崇監督が滝沢秀明の映画初主演で贈るホラー・ムービー。こどもたちの怨みを買った大人たちが謎の死を遂げる不可解な事件の顛末をミステリアスに描き出す。共演は有岡大貴、門脇麦。郊外の街で小さなこどもが失踪した3日後に、その周りの大人が謎の死を遂げる不可解な事件が相次いで発生する。この連続不審死事件を調べる新人記者の駿也は、戻ってきたこどもたちが口ずさむ不思議な歌に事件解決の糸口を見つける。そんな中、駿也の恋人で保育士として働く尚美が、ふとしたことから一人の男の子の怨みを買ってしまうのだったが…。 JAN:4988105973497

「こどもつかい」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「こどもつかい」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

滝沢秀明の火山探検紀行 巨大カルデラの謎に迫る

コード・ブルー −ドクターヘリ緊急救命− THE THIRD SEASON

義経 総集編スペシャル

金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件

ユーザーレビュー:14件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全14件

ギャグ映画として見るべき

投稿日:2017/10/04 レビュアー:ひゅう助

これには開いた口が塞がらなかった。

ほんと、こんな映画でも映画館で公開されるんだ、って思った。すごいな。日本。


ホラー映画とのふれこみで、なおかつ清水崇監督、というのに期待したら。映画館で暴動が起こるだろう。それくらいのレベルの低い映画だ。

ただし、タッキーのファンはそれに当てはまらない。彼のファンなら存分に彼の作り出した、文字通り「ピエロ」を楽しめるだろう。

それ以外の人には忠告する。

悪いことは言わない。やめておけ。


もう何がダメとか批判するレベルではない。言わせてもらえば、すべてダメだと言うしかない。

特にタッキーのキャラクターはほとんどギャグだ。黒歴史として後世に語り継がれるだろう。

どんなものか確認したい猛者はざひ挑戦してくれ。1800円をドブに捨てるが。

Z級映画って言葉、こういう時に使うんだ。勉強になった。

☆1つ。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

こどもつかい ネタバレ

投稿日:2018/03/08 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 真っ白な顔のタッキーが笛吹いている話。

 児童虐待や幼児性愛を描いていて結構ヘヴィで見ているのが辛かったです。子どもたちに恨みを買うと大人が死んじゃうという呪いをメインにその呪いにかかったらしい主人公が何とか呪いを解こうとする話でタイムリミットものとしての面白さもありそうですが、何より恐怖シーンがあんまり怖くないのが致命的な映画だと思いました。

 いろんな大人たちが真っ白な子どもに襲われて亡くなっていきますが、もうコメディとしか見れないのがホラー描写の限界が来ちゃっているのかなと時代の流れに哀愁を感じました。何か新しい恐怖描写が次のステージに行かないと怖がらせるのは大変なんだなと勉強になりました。

 出てくる大人たちがみんな子どもを虐待している変態ばかりなのも凄いキャラクターたちでした。

 呪いが解けようが解けまいが110分見ててもどうでもよくて、それよりもタッキーが笛を楽しそうに吹いている姿をどういう気持ちで見ればいいのかただただ戸惑う作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

期待していたのに❗

投稿日:2018/03/12 レビュアー:ジャイアン

久しぶりのオリジナルの和製ホラーということで、キャストも最高で、期待してたのに、期待してた程には面白くなかった。主人公が人形みたいでつまらなかった。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

裏切りのサーカス

投稿日:2017/12/29 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

えらく悪評の この作品 111分のタイムには期待と不安が交錯するね

チャイルドアヴュースか 画面がちょい汚いね 意識的なものか 色調は
不幸な子供の世間事情 トミーの呪い? ルナはベルトリッチなのか
ハメルンの笛吹き男は勿論 ベースだろう

15分経ち いや面白いじゃんよう じっくりと清水は語り 演出しようと
している 呪怨シリーズにあった 凝縮と切断の手法の鮮やかさから
ゆるい語り方 突出した所のない画面処理は ルックが違うので 退屈に
思えたり タッキーのマント男で白けたりするのかな 呪怨やリングと
全く違う事をやっているのを理解して やらないといけないよ
物語をじっくり演出するのはオーソドックスに退行したと見えるかもね

社会派ホラーみたい 3日目の呪いはリングだよね 燃えるサーカス
それら凡庸な画面のようでいて演出は弛緩していない
一時間でタッキーのトミー登場 スターだね この造形はとてもいいじゃん
子供等を従えて「光る眼」チャッキーなアナベラで 妊娠恐怖が
表現は抑えているが 毛唐の忌まわしいペドフィリアに唖然 複雑な真相を
フラッシュバックで説明したりとか 収束の仕方がドタバタしてわずらわ
しいってな所はあっても2017を代表するJホラーとして 意欲溢れる
存在感を示していると思うよ

2017海外ホラーは変容して来ている Jホラーの潜在している それを
この作品あたりから2018は表出して欲しいものだね

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

こどもつかいの衣装がすごい。

投稿日:2017/12/19 レビュアー:コタロウ(!)

親や変質者などから虐待を受けた子供の前に現れる謎の男。
彼と指切りをした子供は、自分を虐げた者を呪い殺すことができるのだ。

虐待をする母親を呪い殺した子供・蓮は、自分を裏切った保育士・尚美にも呪いをかける。
尚美の恋人で記者の駿也は、取材中の事件と蓮に関連を見出し、呪いを解こうと奔走する。

こどもつかいの衣装がすごくて話が入ってこない。
吟遊詩人やピン芸人のゴー☆ジャスさんを彷彿とさせる…
肩や腰にカラスや猫のぬいぐるみを装着していて、とてもキュート…
特に、猫は様々なアイテムに変化し、使用の度に「ニャーッ」って言う…

こどもつかい本人も、キレイな容姿に子供のような言動という特徴的な人物です。
ダークな存在なのは間違いないんでしょうけど、面白くて何だか憎めない。好きw
でも、全く怖くなかったので星ふたつにしました。

大人を呪う子供たちは気の毒な子供ばかり。
殺されても仕方がないような人間しか死なない。
可哀相な子供たち、哀れなこどもつかいに寄り添い過ぎてしまったのだろうか。
ちょっと長いし。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全14件

こどもつかい

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:14件

ギャグ映画として見るべき

投稿日

2017/10/04

レビュアー

ひゅう助

これには開いた口が塞がらなかった。

ほんと、こんな映画でも映画館で公開されるんだ、って思った。すごいな。日本。


ホラー映画とのふれこみで、なおかつ清水崇監督、というのに期待したら。映画館で暴動が起こるだろう。それくらいのレベルの低い映画だ。

ただし、タッキーのファンはそれに当てはまらない。彼のファンなら存分に彼の作り出した、文字通り「ピエロ」を楽しめるだろう。

それ以外の人には忠告する。

悪いことは言わない。やめておけ。


もう何がダメとか批判するレベルではない。言わせてもらえば、すべてダメだと言うしかない。

特にタッキーのキャラクターはほとんどギャグだ。黒歴史として後世に語り継がれるだろう。

どんなものか確認したい猛者はざひ挑戦してくれ。1800円をドブに捨てるが。

Z級映画って言葉、こういう時に使うんだ。勉強になった。

☆1つ。

こどもつかい

投稿日

2018/03/08

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 真っ白な顔のタッキーが笛吹いている話。

 児童虐待や幼児性愛を描いていて結構ヘヴィで見ているのが辛かったです。子どもたちに恨みを買うと大人が死んじゃうという呪いをメインにその呪いにかかったらしい主人公が何とか呪いを解こうとする話でタイムリミットものとしての面白さもありそうですが、何より恐怖シーンがあんまり怖くないのが致命的な映画だと思いました。

 いろんな大人たちが真っ白な子どもに襲われて亡くなっていきますが、もうコメディとしか見れないのがホラー描写の限界が来ちゃっているのかなと時代の流れに哀愁を感じました。何か新しい恐怖描写が次のステージに行かないと怖がらせるのは大変なんだなと勉強になりました。

 出てくる大人たちがみんな子どもを虐待している変態ばかりなのも凄いキャラクターたちでした。

 呪いが解けようが解けまいが110分見ててもどうでもよくて、それよりもタッキーが笛を楽しそうに吹いている姿をどういう気持ちで見ればいいのかただただ戸惑う作品でした。

期待していたのに❗

投稿日

2018/03/12

レビュアー

ジャイアン

久しぶりのオリジナルの和製ホラーということで、キャストも最高で、期待してたのに、期待してた程には面白くなかった。主人公が人形みたいでつまらなかった。

裏切りのサーカス

投稿日

2017/12/29

レビュアー

裸足のラヴァース 2.0

えらく悪評の この作品 111分のタイムには期待と不安が交錯するね

チャイルドアヴュースか 画面がちょい汚いね 意識的なものか 色調は
不幸な子供の世間事情 トミーの呪い? ルナはベルトリッチなのか
ハメルンの笛吹き男は勿論 ベースだろう

15分経ち いや面白いじゃんよう じっくりと清水は語り 演出しようと
している 呪怨シリーズにあった 凝縮と切断の手法の鮮やかさから
ゆるい語り方 突出した所のない画面処理は ルックが違うので 退屈に
思えたり タッキーのマント男で白けたりするのかな 呪怨やリングと
全く違う事をやっているのを理解して やらないといけないよ
物語をじっくり演出するのはオーソドックスに退行したと見えるかもね

社会派ホラーみたい 3日目の呪いはリングだよね 燃えるサーカス
それら凡庸な画面のようでいて演出は弛緩していない
一時間でタッキーのトミー登場 スターだね この造形はとてもいいじゃん
子供等を従えて「光る眼」チャッキーなアナベラで 妊娠恐怖が
表現は抑えているが 毛唐の忌まわしいペドフィリアに唖然 複雑な真相を
フラッシュバックで説明したりとか 収束の仕方がドタバタしてわずらわ
しいってな所はあっても2017を代表するJホラーとして 意欲溢れる
存在感を示していると思うよ

2017海外ホラーは変容して来ている Jホラーの潜在している それを
この作品あたりから2018は表出して欲しいものだね

こどもつかいの衣装がすごい。

投稿日

2017/12/19

レビュアー

コタロウ(!)

親や変質者などから虐待を受けた子供の前に現れる謎の男。
彼と指切りをした子供は、自分を虐げた者を呪い殺すことができるのだ。

虐待をする母親を呪い殺した子供・蓮は、自分を裏切った保育士・尚美にも呪いをかける。
尚美の恋人で記者の駿也は、取材中の事件と蓮に関連を見出し、呪いを解こうと奔走する。

こどもつかいの衣装がすごくて話が入ってこない。
吟遊詩人やピン芸人のゴー☆ジャスさんを彷彿とさせる…
肩や腰にカラスや猫のぬいぐるみを装着していて、とてもキュート…
特に、猫は様々なアイテムに変化し、使用の度に「ニャーッ」って言う…

こどもつかい本人も、キレイな容姿に子供のような言動という特徴的な人物です。
ダークな存在なのは間違いないんでしょうけど、面白くて何だか憎めない。好きw
でも、全く怖くなかったので星ふたつにしました。

大人を呪う子供たちは気の毒な子供ばかり。
殺されても仕方がないような人間しか死なない。
可哀相な子供たち、哀れなこどもつかいに寄り添い過ぎてしまったのだろうか。
ちょっと長いし。

1〜 5件 / 全14件