エクソシスト

エクソシストの画像・ジャケット写真

エクソシスト / アルフォンソ・ヘレラ

全体の平均評価点:(5点満点)

17

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「エクソシスト」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

悪魔祓いをテーマとしたホラー映画の金字塔『エクソシスト』のTVシリーズ第1巻。聖アンソニー教会の神父・トマスは、信者のアンジェラから、家にいる悪霊が娘のキャサリンに取り憑こうとしているという悩みを打ち明けられる。第1話と第2話を収録。

「エクソシスト」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: アメリカ
原題: THE EXORCIST

「エクソシスト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

テルマ&ルイーズ

昏睡病棟 −COMA−

SMALLVILLE/ヤング・スーパーマン セカンド・シーズン

ユーリカ 〜地図にない街〜 シーズン2

ユーザーレビュー:17件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全17件

映画『エクソシスト』第1作目から40年後の世界 ネタバレ

投稿日:2018/04/09 レビュアー:kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

〈エクソシストVOL.1〉のレビュー
第1話 「我が叫びを」 第2話 「悪魔を語れば」
先日、1973年の「エクソシスト」をやっと鑑賞したばかり。
その記憶が薄らぐ前に、おススメ頂いたTVドラマにも挑戦してみました。
*    *    *    *    *
聖アンソニー協会のトマス神父に信者のアンジェラが、自分の娘・キャサリンに悪霊が憑りついていると相談します。
トマス神父はその話を信じませんでしたが、それを境に悪魔祓いをするある神父の夢を見るようになるのです。
夢で見た悪魔祓いをする神父は、実在するマーカス神父だと分かります。
不思議な正夢を神の導きと感じたのか、トマス神父はアンジェラの家を訪ねます。
そこで彼が見たのは、アンジェラが悪魔の憑依を心配していたキャサリンではなく、その妹のケイシ―の異様な姿でした。
*    *    *    *    *
まだ怖いというところまでは、行ってません。
時々、映画版での懐かしいシーンが挿入されます。(例の階段です。)
40年前の出来事と今回の出来事がどのように関わって来るのでしょうか。
「悪魔を語れば悪魔が来る」という言葉が、私には一番怖く感じられました。
こんなドラマを観て、何かに取憑かれたりしませんように!

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

いよいよ始まりか!? ネタバレ

投稿日:2018/04/13 レビュアー:kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

〈エクソシストVOL.2〉のレビュー
第3話「扉をたたく音」 第4話「悪魔が住む街」
キャサリンが運転する車の事故で死なせてしまった、ジュリアの追悼会が開かれることになった。
妹のケイシ―が付き添いで出席するが、初老の男にそそのかされ、ケイシ―は醜態をさらす。
その初老の男は前回も登場しており、ケイシ―の高校の教師かと思っていたら、どうもそうではないらしい。
父親がケイシ―を連れて一足先に帰宅することになった。
露出の多い服装を電車内で若い男にからかわれ、豹変したケイシ―は、その男に襲いかかる。
その異常な行動で、ケイシ―は措置入院させられてしまうが、検査をしてもケイシ―の異常の原因は分からず、
ケイシーの身体には傷や火傷の痕が増えていくばかりだった。
電車内でのケイシ―を見た父は、あれはケイシ―ではなかったと言い、母親のアンジェラは、トマス神父に悪魔祓いをして欲しいと懇願する。
*   *   *   *   *   *   *
映画版のエクソシストの時も感じたのですが、悪魔は少女の身体を傷めつける時、性器を第一に傷つけるのでしょうか。
ケイシ―の陰部は火傷していたと言うし、腕や首筋にも火傷の水疱が増えていきます。
初老の紳士風だった男が、だんだん身なりも顔つきも汚らしく変化していくのが見ていて怖いです。
トマス神父は、マーカス神父の協力で悪魔祓いをする決心をしたようです。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

まだ終わってなかった ネタバレ

投稿日:2018/04/19 レビュアー:kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

*かなりのネタバレします。さあ、書きますよ?*

〈エクソシストVOL.4〉のレビュー
第7話「偽りの父」第8話「よみがえる悪夢」
悪霊って奴は、とんでもなくシツコイらしい。
ケイシ―に取憑いた悪霊は、前回の話で40年前のジョージタウンの悪霊と同じらしいと分かった。
あの悪魔祓いで悪霊はリーガンを失った。
その復讐をリーガンの娘・ケイシ―で果たそうとしているようだ。
行方不明だったケイシ―は、マーカス神父によって湖で見つかった。
抵抗する悪霊憑きのケイシ―を、マーカス神父は殺しかねない勢いで水中に沈めるが、一瞬正気に戻ったケイシ―は助けてと懇願する。
ケイシ―は女子修道院に匿われ、家族にさえも知らせずにマーカスとトマス両神父は、そこで悪魔祓いを始めた。
しかし、ケイシ―の体は悪霊に乗っ取られる寸前で、衰弱ぶりも酷い上、まるで腐り朽ちて行くように見えた。
修道院のマザーは、無駄に苦しめるのは神の考えではないと言い、安楽死を提案する。
トマス神父は、ケイシ―との最期の別れをさせるべきと考え、家族を連れて来た。
すると、ケイシ―に憑いた悪霊がアンジェラを見ると喜びの表情を見せたのだ。
アンジェラは、悪霊によって40年前の自分の姿を幻視させられた。
ケイシ―の体は宙に浮き、まるでリーガンの時の再現シーンを見るようだ。
が、突然、フッと悪霊が退散したかのように静かになり、ケイシ―が自分を取り戻したのだ。
見ている私たちには何が起こったのか分からない。
本当に唐突に、ケイシ―が戻って来たのだ。
ケイシ―の回復を待って、一家は彼らの事情を誰も知らない土地に引越す計画を立てていた。
心配してやって来ていたリーガンの母・クリスとアンジェラ(実は名前を変えたリーガン)が、40年前の話をしている。
あれは過去の話。。。と、一件落着かと思っていたら、アンジェラがクリスの背後にまわり「そうでしょ?ウンコちゃん?」
クリスはギョッとしてアンジェラを見ようとしたが遅かった。
悪霊は、ケイシ―からアンジェラに乗り換えていたようだ。
*   *   *   *   *   *   *
40年前の悪魔祓いのあの日、悪霊はカラス神父の犠牲を伴って退散したものと思っていた。
しかし、悪霊は世間に解き放たれ、ずっとこの日を待っていたのだろうか?
前回、怪しい動きを見せていた「昇天の会」が、いよいよ本格始動したようだ。
トマス神父も、彼の弱さから誘惑に負け、窮地に立たされてしまった。
やはり今後も、マーカス神父の力が必要になるのかも知れない。
あと2話で結末が見られる。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

衝撃の真実 ネタバレ

投稿日:2018/04/14 レビュアー:kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

〈エクソシストVOL.3〉のレビュー
第5話「母の告白」 第6話「堕天使たちの宴」
悪魔祓いが始まった。
ケイシ―に取憑いた悪霊は、トマス神父の祖母の声で語りかけてくる。
マーカス神父は、悪霊の言葉に耳を貸すな。目を合わせるな。と忠告する。
一方で、悪霊は父のヘンリーに秘密を聞きたいか?と囁きかける。
姉のキャサリンは、悪魔祓いに頼るよりも精神科医に診せるべきだと主張し、妹が虐待されていると警察に通報する。
町の有力者、マリアの家では「昇天の会」という怪しげな儀式が始まっていた。
マーカス神父は、のら犬が異常に集まっていると聞きつけ確認に行くと、異常な心理状態の人々も集まっていた。
またしても、こんな所でスパイダーウォーク!
映画版の時の悪霊の再来、再現なのだろうか?
どんどんオカルトめいて来た。
ドラマの核心にどんどん近づいているようだ。
悪霊が、取憑いた人間と一体化してしまう前に何とかしなければ。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

エクソシスト ネタバレ

投稿日:2019/11/14 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 悪魔に憑りつかれた少女とエクソシストの戦いの話。

 ちょっとシリーズ全体のテンポが遅く感じて5話くらいになるまで本筋の悪魔祓いが始まらないのでわかりやすい動きが少なく退屈に感じるところが多かったです。5話目から少女が消防隊員を襲って失踪して少女を探す。という流れになってから、少女のお母さんの正体がわかったり、少女を探す手がかりが野良犬が騒ぐとか動物の異常行動というのが悪霊に動物が反応するっていのが面白かったです。

 中盤からは悪霊に憑りつかれた娘さんの悪魔祓い。悪霊たちの教皇暗殺計画とそれの阻止、娘さんの悪魔祓いに成功したと思ったら…からの展開と息つく暇もなく、それでいて悪霊との精神面での戦いも面白く見ることができました。悪霊が家族をボコボコにしていく姿とか見るに堪えない辛いシーンでした。
 
 教会の偉い人たちが悪霊になっていて、どこまで潜り込んでいるんだという悪霊たちの計画だったり。その計画も結構すぐに主人公たちにバレてわかりやすい行動をしていてオマヌケに見えたりすることろもありましたが、最終話とかの悪魔祓いとかは見せ場として盛り上がるクライマックスでした。

 主人公が簡単に不倫しちゃったり悪霊側も回りくどい攻撃をしてきたりと序盤から中盤の展開が個人的にはダルかったりしましたが、オカルトものとして楽しいドラマでした。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全17件

エクソシスト

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:17件

映画『エクソシスト』第1作目から40年後の世界

投稿日

2018/04/09

レビュアー

kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

〈エクソシストVOL.1〉のレビュー
第1話 「我が叫びを」 第2話 「悪魔を語れば」
先日、1973年の「エクソシスト」をやっと鑑賞したばかり。
その記憶が薄らぐ前に、おススメ頂いたTVドラマにも挑戦してみました。
*    *    *    *    *
聖アンソニー協会のトマス神父に信者のアンジェラが、自分の娘・キャサリンに悪霊が憑りついていると相談します。
トマス神父はその話を信じませんでしたが、それを境に悪魔祓いをするある神父の夢を見るようになるのです。
夢で見た悪魔祓いをする神父は、実在するマーカス神父だと分かります。
不思議な正夢を神の導きと感じたのか、トマス神父はアンジェラの家を訪ねます。
そこで彼が見たのは、アンジェラが悪魔の憑依を心配していたキャサリンではなく、その妹のケイシ―の異様な姿でした。
*    *    *    *    *
まだ怖いというところまでは、行ってません。
時々、映画版での懐かしいシーンが挿入されます。(例の階段です。)
40年前の出来事と今回の出来事がどのように関わって来るのでしょうか。
「悪魔を語れば悪魔が来る」という言葉が、私には一番怖く感じられました。
こんなドラマを観て、何かに取憑かれたりしませんように!

いよいよ始まりか!?

投稿日

2018/04/13

レビュアー

kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

〈エクソシストVOL.2〉のレビュー
第3話「扉をたたく音」 第4話「悪魔が住む街」
キャサリンが運転する車の事故で死なせてしまった、ジュリアの追悼会が開かれることになった。
妹のケイシ―が付き添いで出席するが、初老の男にそそのかされ、ケイシ―は醜態をさらす。
その初老の男は前回も登場しており、ケイシ―の高校の教師かと思っていたら、どうもそうではないらしい。
父親がケイシ―を連れて一足先に帰宅することになった。
露出の多い服装を電車内で若い男にからかわれ、豹変したケイシ―は、その男に襲いかかる。
その異常な行動で、ケイシ―は措置入院させられてしまうが、検査をしてもケイシ―の異常の原因は分からず、
ケイシーの身体には傷や火傷の痕が増えていくばかりだった。
電車内でのケイシ―を見た父は、あれはケイシ―ではなかったと言い、母親のアンジェラは、トマス神父に悪魔祓いをして欲しいと懇願する。
*   *   *   *   *   *   *
映画版のエクソシストの時も感じたのですが、悪魔は少女の身体を傷めつける時、性器を第一に傷つけるのでしょうか。
ケイシ―の陰部は火傷していたと言うし、腕や首筋にも火傷の水疱が増えていきます。
初老の紳士風だった男が、だんだん身なりも顔つきも汚らしく変化していくのが見ていて怖いです。
トマス神父は、マーカス神父の協力で悪魔祓いをする決心をしたようです。

まだ終わってなかった

投稿日

2018/04/19

レビュアー

kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

*かなりのネタバレします。さあ、書きますよ?*

〈エクソシストVOL.4〉のレビュー
第7話「偽りの父」第8話「よみがえる悪夢」
悪霊って奴は、とんでもなくシツコイらしい。
ケイシ―に取憑いた悪霊は、前回の話で40年前のジョージタウンの悪霊と同じらしいと分かった。
あの悪魔祓いで悪霊はリーガンを失った。
その復讐をリーガンの娘・ケイシ―で果たそうとしているようだ。
行方不明だったケイシ―は、マーカス神父によって湖で見つかった。
抵抗する悪霊憑きのケイシ―を、マーカス神父は殺しかねない勢いで水中に沈めるが、一瞬正気に戻ったケイシ―は助けてと懇願する。
ケイシ―は女子修道院に匿われ、家族にさえも知らせずにマーカスとトマス両神父は、そこで悪魔祓いを始めた。
しかし、ケイシ―の体は悪霊に乗っ取られる寸前で、衰弱ぶりも酷い上、まるで腐り朽ちて行くように見えた。
修道院のマザーは、無駄に苦しめるのは神の考えではないと言い、安楽死を提案する。
トマス神父は、ケイシ―との最期の別れをさせるべきと考え、家族を連れて来た。
すると、ケイシ―に憑いた悪霊がアンジェラを見ると喜びの表情を見せたのだ。
アンジェラは、悪霊によって40年前の自分の姿を幻視させられた。
ケイシ―の体は宙に浮き、まるでリーガンの時の再現シーンを見るようだ。
が、突然、フッと悪霊が退散したかのように静かになり、ケイシ―が自分を取り戻したのだ。
見ている私たちには何が起こったのか分からない。
本当に唐突に、ケイシ―が戻って来たのだ。
ケイシ―の回復を待って、一家は彼らの事情を誰も知らない土地に引越す計画を立てていた。
心配してやって来ていたリーガンの母・クリスとアンジェラ(実は名前を変えたリーガン)が、40年前の話をしている。
あれは過去の話。。。と、一件落着かと思っていたら、アンジェラがクリスの背後にまわり「そうでしょ?ウンコちゃん?」
クリスはギョッとしてアンジェラを見ようとしたが遅かった。
悪霊は、ケイシ―からアンジェラに乗り換えていたようだ。
*   *   *   *   *   *   *
40年前の悪魔祓いのあの日、悪霊はカラス神父の犠牲を伴って退散したものと思っていた。
しかし、悪霊は世間に解き放たれ、ずっとこの日を待っていたのだろうか?
前回、怪しい動きを見せていた「昇天の会」が、いよいよ本格始動したようだ。
トマス神父も、彼の弱さから誘惑に負け、窮地に立たされてしまった。
やはり今後も、マーカス神父の力が必要になるのかも知れない。
あと2話で結末が見られる。

衝撃の真実

投稿日

2018/04/14

レビュアー

kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

〈エクソシストVOL.3〉のレビュー
第5話「母の告白」 第6話「堕天使たちの宴」
悪魔祓いが始まった。
ケイシ―に取憑いた悪霊は、トマス神父の祖母の声で語りかけてくる。
マーカス神父は、悪霊の言葉に耳を貸すな。目を合わせるな。と忠告する。
一方で、悪霊は父のヘンリーに秘密を聞きたいか?と囁きかける。
姉のキャサリンは、悪魔祓いに頼るよりも精神科医に診せるべきだと主張し、妹が虐待されていると警察に通報する。
町の有力者、マリアの家では「昇天の会」という怪しげな儀式が始まっていた。
マーカス神父は、のら犬が異常に集まっていると聞きつけ確認に行くと、異常な心理状態の人々も集まっていた。
またしても、こんな所でスパイダーウォーク!
映画版の時の悪霊の再来、再現なのだろうか?
どんどんオカルトめいて来た。
ドラマの核心にどんどん近づいているようだ。
悪霊が、取憑いた人間と一体化してしまう前に何とかしなければ。

エクソシスト

投稿日

2019/11/14

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 悪魔に憑りつかれた少女とエクソシストの戦いの話。

 ちょっとシリーズ全体のテンポが遅く感じて5話くらいになるまで本筋の悪魔祓いが始まらないのでわかりやすい動きが少なく退屈に感じるところが多かったです。5話目から少女が消防隊員を襲って失踪して少女を探す。という流れになってから、少女のお母さんの正体がわかったり、少女を探す手がかりが野良犬が騒ぐとか動物の異常行動というのが悪霊に動物が反応するっていのが面白かったです。

 中盤からは悪霊に憑りつかれた娘さんの悪魔祓い。悪霊たちの教皇暗殺計画とそれの阻止、娘さんの悪魔祓いに成功したと思ったら…からの展開と息つく暇もなく、それでいて悪霊との精神面での戦いも面白く見ることができました。悪霊が家族をボコボコにしていく姿とか見るに堪えない辛いシーンでした。
 
 教会の偉い人たちが悪霊になっていて、どこまで潜り込んでいるんだという悪霊たちの計画だったり。その計画も結構すぐに主人公たちにバレてわかりやすい行動をしていてオマヌケに見えたりすることろもありましたが、最終話とかの悪魔祓いとかは見せ場として盛り上がるクライマックスでした。

 主人公が簡単に不倫しちゃったり悪霊側も回りくどい攻撃をしてきたりと序盤から中盤の展開が個人的にはダルかったりしましたが、オカルトものとして楽しいドラマでした。

1〜 5件 / 全17件