ジェーン・ドウの解剖

ジェーン・ドウの解剖の画像・ジャケット写真
ジェーン・ドウの解剖 / エミール・ハーシュ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

24

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ジェーン・ドウの解剖」 の解説・あらすじ・ストーリー

身元不明の女性遺体“ジェーン・ドウ”がもたらす恐怖を描いたホラーサスペンス。トミーと息子のオースティンは、ある殺人現場の地下に埋められていた美女の検死を行うことに。その正体を暴こうとメスを入れるたび、次々と怪奇現象が起こり…。※R15+

「ジェーン・ドウの解剖」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: イギリス/アメリカ
原題: THE AUTOPSY OF JANE DOE

「ジェーン・ドウの解剖」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ジェーン・ドウの解剖の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
86分 日・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 DZ9611 2017年10月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
31枚 2人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:24件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全24件

世にも美しい「死体」の語る「謎!!」

投稿日:2017/10/08 レビュアー:カマンベール

ジェーン・ドゥー役のオルウェン・ケリーが実に美しくて、魅惑
されました。ヴーグ誌などのモデルをしている女性だそうです。
ジェーン・ドゥーは「名無しのゴンベイ」につける仮の名前。
男ならジョン・ドゥーです。

この身元不明の美女の死体は、惨殺事件のあった日に、その地下室で半身を泥炭に埋れて発見されました。
その死体は遺体安置所と火葬場を経営する検死官のトミーと息子の
オースティンに任されることになります。
正式な病理解剖です。
外見には傷ひとつ、染みひとつないのに、足首の関節が粉々に折れている。しかし口を開けると「舌」が切り取られている。

胸を切り開くと、鮮血がほとばしったのです。彼女は死んで間もない!!
肺は30年間煙草を吸い続けたように真っ黒い。
胃の中には、古代に麻酔に使われた花と布に包まれた犬歯が入ってまし
みた。
そして死体安置所のある地下室は突然停電します。

このあたりからSTORYはホラーか?オカルトか?サスペンスか?
と怪奇現象が次々と起こり、それはジェーン・ドゥーの「タタリ」なのか?検死官親子に恐怖が襲いかかってきます。

興味本位で見るより、本格的な新味のホラー映画ですね。
中々新鮮で怖かったです。
オススメです。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

遺体の異常な解剖所見は興味深いが、グロい!グロいのよぉぉー!

投稿日:2017/10/06 レビュアー:コタロウ(!)

4人が惨殺された住宅の地下室で、「ジェーン・ドウ(身元不明の女性の遺体)」が見つかり、
トミーとオースティンのティルデン父子が営む遺体安置施設に運ばれ、解剖されることなった。
彼女の解剖所見はあまりに異常なものであり、ティルデン父子二人は理解に苦しむのだった。
しかも解剖が進むにつれ怪異が…みたいな。

死後硬直も外傷もなく、生きているように美しい女性の遺体。
しかし、体の内側は非常に無惨な状態を示している…
どんな状態なのかが、本作の肝だと思うので書かないですが、まあグロいw
本作が小説で文字で描写されていたのなら、とてもオカルト的で興味深く思えたのですが。

開始5分で怒涛のグロ!ずっとグロw
チラ見せとかじゃなく、じっくりとグロ。
「もういいです、もういいです、ありがとうございます」な気持ちでいっぱい。
心霊系の恐怖もあるにはあるんですが、忘れた…

オースティンの恋人・エマが「死体を見せて」なんて、死者への敬意が微塵もなくて嫌い。
サイコだと思う。
猫のスタンリーが可愛い。「ジェーン・ドウ」に怯えていた。涙…

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

怖い!怖すぎる!・・でも意味不明(笑)ネタバレ

投稿日:2019/01/21 レビュアー:飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジェーン・ドウと名付けられた美女の遺体。
目を開けてみたら目玉が灰色で
口を開けてみたら舌は切り取られてる!
で、そのまんまにしないでよ〜。
目、閉じてよ〜。
口、閉じてよ〜。
彼女が映るたびに、ゾゾゾと背筋が寒くなったよ〜。
でもって、外見は綺麗なのに内臓がズタズタにされていて
肺は火事にあった人のように真っ黒。
胃の中には謎の布にくるまれた自身の歯が。。
さらに恐ろしいのは、皮膚を剥がしてみたら内側に謎の絵と文字が!!
きゃ〜!!!
これは何か恐ろしいものに違いないと気づいた解剖師たち。
気づいたときには時すでに遅し!
次々と怪奇現象が!!
きゃ〜!!!
また叫んじゃうよ。
ほんとに怖かった。
久々に怖かった。

で、結局、彼女は魔女だったってことでいいのかな?
次から次へと生きた人間の精力を奪って生き続けているってことで
いいのかな?

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

かなりグロイ表現がありますが面白かったです。ネタバレ

投稿日:2017/10/05 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

不思議な空気で味のある作品でした。
格別な怖さはありませんが、それでも悍(おぞ)ましさを感じました。
淡々と流れる解剖の所見とそこから起こる怪異。
最後はどうなるんだろうと見ておりました。

惜しむらくは、ありきたりなエンディングに落ち着いてしまったことか?
謎解きの要素や、魔女のくだりをもっと上手く絡ませると良かった気がします。
でも中々良いアイデアも浮かばないので、仕方ないかも知れません。
もう一ひねりあると名作の予感。
ほとんど解剖シーンと限られた登場人物たちで、構成したアイデアは抜群です。

面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

発動

投稿日:2018/11/23 レビュアー:ビンス

美しい死体と言えば
「ツインピークス」のローラ・パーマーですが
この作品に登場する死体も
ローラ・パーマーに引けを取らない美しさ
身元不明の女性遺体ジェーン・ドウ
(身元が不明の女性遺体をジェーン・ドウと呼ぶそうです
因みに男性だとジョン・ドウ)
その遺体がもたらす恐怖と災いの物語
こんなホラーは今まで観たことありませんでした。
新感覚です。
モンスターやデビルが襲ってくる怖さは皆無
この作品で描かれるのはそういう恐怖ではありません。
恐怖が襲い掛かってくるのではなく
恐怖が「発動」します。
パンドラの箱を開けてしまったかのように
ジェーン・ドウの遺体を解剖したら
恐怖と災いが発動してしまうのです。
遺体は動きません。
美しき死体はそのままに
全く動かずに
恐怖だけが満ちていく
最初は信じてない検視官
手で触って
目で観た事実だけを記す
それが検視官という職業だと信じていた検視官が
その瞬間
頭で理解するのではないスピードで
本能的に恐怖を感じ
前言撤回もきっと最速スピードで
「コレはアカン」とエスケープを試みる
本能的に感じる恐怖の描き方が良かったです。
時間も潔い短さで一気に駆け抜けていくよう
終盤の展開もラストもよく
もうけもんの一本でした。

ジェーン・ドウ役の女優
全く知りませんが
出演シーンのすべてがヌードで
すっぽんぽんで
そして微動だにしない
これは記憶に残りますね。
ただ惜しいのは
口を開けたら衝撃のスキッ歯だということです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全24件

ジェーン・ドウの解剖

月額課金で借りる

都度課金で借りる