ゴースト・イン・ザ・ゼロ

ゴースト・イン・ザ・ゼロの画像・ジャケット写真

ゴースト・イン・ザ・ゼロ / ジョー・バルバガロ

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

DVD

旧作

ジャンル :

「ゴースト・イン・ザ・ゼロ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

『G.I.ジョー』の脚本家、ラリー・ハマが手掛けたサイバーパンクSFアクション。高い知能を持つSEX用美女アンドロイドを開発したオントン社は、世界市場の混乱と征服を企てる。ワーノック警部らは違法なアンドロイド製造が疑われる同社を捜査するが…。

「ゴースト・イン・ザ・ゼロ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2017年

製作国:

アメリカ

原題:

Ghost Source Zero

「ゴースト・イン・ザ・ゼロ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

アジアのお土産

投稿日:2019/06/17 レビュアー:みなさん(退会)

士郎正宗さんのコミック『攻殻機動隊』にインスパイアされたようなサイバー・パンク風のアクション映画。正規品ではなく模造品の安っぽさが、ぷんぷんしている。アジアの旅行のお土産に貰うようなブランド品っぽいヤツみたいだ。《グッチ》ではなく《グッヂ》みたいな……。(笑)

広角レンズを使った銃撃シーンは面白い。昔と違い、ワイドスクリーンがスタンダードになった現代ならではだ。
でも、全体的に映像が汚いのには閉口した。作りも雑だし、説明不足なところが多々あって、ストーリーを楽しめない。個人的には、BからZ級まで、メジャースタジオや大手独立系では撮れない珍妙な作品は大好きなのだが、やっぱり小汚いのは、遠慮したい。(苦笑)

――近未来、人間の仕事を代行するアンドロイドは、一般企業や公共施設、家庭にまで普及していた。そのため、アンドロイドの人権を認めようと言う世論が高まっていたが、その一方では、アンドロイドが暴走する事故が多発していた。
……というのが、物語の背景。

残念ながら、観客に不親切な描写や編集が多くて解りにくい。それに、「ゴースティング」だの「エボラ1337」だの「ゴースト・ソース・ゼロ」だの、何のことやら解らない単語が出て来て、サッパリだ。(これをして「独り善がり」と言わずして、何と言おう)

――サイバー犯罪を扱う9課のワーノック警部は、上院議員から特命を受ける。これまでの事故は、故意に仕組まれた可能性が高いと言う。アンドロイドの人権が認められると不利益を被るオントン社が仕組んだのだ。
オントン社は、人間の神経系をアンドロイドに移植する新技術《ゴースティング》により市場の独占を狙っていた。
……というお話し。

アンドロイドをアバターにしてバーチャルリアリティ(VR)に淫した若者たちの姿が描かれる。ここにゴースティングにより神経系が移植されると、本人は何の危険を冒さずに五感の全てを満たす究極の体験が出来ることになる。
また、アンドロイドを暴走させるために、《エボラ1337》というコンピュータ・ウィルスを使ったらしいこともボンヤリと分かった。(ちょっと自信がないけど……)

ここに女性型アンドロイド《キメラ7》が絡む。どうやらセッ○ス用という設定だが、事件の行く先々に現れる。彼女が《エボラ1337》に感染させているらしい。(全く自信がない)

うーん、この作品、ストーリーを追おうとするとドツボだな。(だいたい勝手に単語を作ってるんだから、「その説明くらいしてくれよ」と思う)

監督さんのこだわりは分かるが観客に伝わらないのでは意味がない。然も、美しくない上に品がない。私は、もういいや。

マニアックな方以外は観ないことをオススメ致します!

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

ゴースト・イン・ザ・ゼロ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

アジアのお土産

投稿日

2019/06/17

レビュアー

みなさん(退会)

士郎正宗さんのコミック『攻殻機動隊』にインスパイアされたようなサイバー・パンク風のアクション映画。正規品ではなく模造品の安っぽさが、ぷんぷんしている。アジアの旅行のお土産に貰うようなブランド品っぽいヤツみたいだ。《グッチ》ではなく《グッヂ》みたいな……。(笑)

広角レンズを使った銃撃シーンは面白い。昔と違い、ワイドスクリーンがスタンダードになった現代ならではだ。
でも、全体的に映像が汚いのには閉口した。作りも雑だし、説明不足なところが多々あって、ストーリーを楽しめない。個人的には、BからZ級まで、メジャースタジオや大手独立系では撮れない珍妙な作品は大好きなのだが、やっぱり小汚いのは、遠慮したい。(苦笑)

――近未来、人間の仕事を代行するアンドロイドは、一般企業や公共施設、家庭にまで普及していた。そのため、アンドロイドの人権を認めようと言う世論が高まっていたが、その一方では、アンドロイドが暴走する事故が多発していた。
……というのが、物語の背景。

残念ながら、観客に不親切な描写や編集が多くて解りにくい。それに、「ゴースティング」だの「エボラ1337」だの「ゴースト・ソース・ゼロ」だの、何のことやら解らない単語が出て来て、サッパリだ。(これをして「独り善がり」と言わずして、何と言おう)

――サイバー犯罪を扱う9課のワーノック警部は、上院議員から特命を受ける。これまでの事故は、故意に仕組まれた可能性が高いと言う。アンドロイドの人権が認められると不利益を被るオントン社が仕組んだのだ。
オントン社は、人間の神経系をアンドロイドに移植する新技術《ゴースティング》により市場の独占を狙っていた。
……というお話し。

アンドロイドをアバターにしてバーチャルリアリティ(VR)に淫した若者たちの姿が描かれる。ここにゴースティングにより神経系が移植されると、本人は何の危険を冒さずに五感の全てを満たす究極の体験が出来ることになる。
また、アンドロイドを暴走させるために、《エボラ1337》というコンピュータ・ウィルスを使ったらしいこともボンヤリと分かった。(ちょっと自信がないけど……)

ここに女性型アンドロイド《キメラ7》が絡む。どうやらセッ○ス用という設定だが、事件の行く先々に現れる。彼女が《エボラ1337》に感染させているらしい。(全く自信がない)

うーん、この作品、ストーリーを追おうとするとドツボだな。(だいたい勝手に単語を作ってるんだから、「その説明くらいしてくれよ」と思う)

監督さんのこだわりは分かるが観客に伝わらないのでは意味がない。然も、美しくない上に品がない。私は、もういいや。

マニアックな方以外は観ないことをオススメ致します!

1〜 1件 / 全1件