こころに剣士をの画像・ジャケット写真

こころに剣士を / マルト・アヴァンディ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

旧作

ジャンル :

「こころに剣士を」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

伝説のフェンシング選手と子どもたちの絆を描いた実話。1950年代初頭のエストニア。ソ連の秘密警察に追われるエンデルは、小学校の体育教師として田舎町・ハープサルに身を隠す。元フェンシング選手の彼は、子どもたちにフェンシングを教えることに。

「こころに剣士を」 の作品情報

作品情報

製作年:

2015年

製作国:

フィンランド/エストニア/ドイツ

原題:

MIEKKAILIJA/THE FENCER

「こころに剣士を」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

みかんの丘

ヤコブへの手紙

ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

必ず君を剣士にしてやる

投稿日:2017/10/08 レビュアー:なんの因果

エンデル・ネリスは、ドイツ・ライプツィヒ大学でフェンシングの選手をしていた実在のエストニア人。
エストニアってどこ?という感じだが、ドイツとソ連の狭間でナチスとスターリンの支配に翻弄された歴史を持つ。このお話は、1950年代ソ連の占領下にあるエストニアの小さな村ハープサルでのこと。

ドイツ軍兵士だったネリスは、名前を偽って体育教師になり、フェンシングを教える。
「フェンシング教室を開きます」小さな張り紙に、体育館を埋め尽くすほど子供たちが集まる。
子供たちはほとんどがソ連の徴収で親が返ってこない孤児だった。
川原で木の枝を探して剣にし、段ボールで鍔を作った。
他に娯楽も心の支えもない状況で、子供たちは次第にネリスを慕い、練習にも熱がはいる。
やがて、子どもたちはレニングラードでの全国大会への出場が決まって大喜びするのだが、
ドイツ兵だったネリスがレニングラードにゆくのは、捕まりにゆくのと同じ事だった。

試合会場についてみれば、剣は電気剣が必要で、用意できなかったネリスは冷ややかな視線の中、「貸してくれ」と頼み込みようやく他チームから借りて間に合わせる。
試合はじめのあいさつのポーズも出来なく、ルールも全部わかってない。
こんなん、ハジかいて終わりじゃん・・と思ったものの実際は・・・。
フェンシングの練習に希望を見る子供たちと政治情勢で自分の意見も言えない村人たち大人の辛さと
二重奏のようになっている。
派手な作品ではないものの、ゆっくりと心に沁みた。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

こころに剣士を・エストニアの悲劇

投稿日:2022/04/17 レビュアー:ラストシアター

ナチスとスターリンに引き裂かれた1950年初頭のエストニアが舞台

ソ連の秘密警察から逃れてきた元フェンシング選手は、エストニアの田舎町で教師としてフェンシングを教えることになる

伝説の元フェンシング選手と子どもたちの実話から生まれた感動作品

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

残念

投稿日:2017/11/23 レビュアー:くまこ

ストーリー展開に矛盾が有りすぎます

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

こころに剣士を

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

必ず君を剣士にしてやる

投稿日

2017/10/08

レビュアー

なんの因果

エンデル・ネリスは、ドイツ・ライプツィヒ大学でフェンシングの選手をしていた実在のエストニア人。
エストニアってどこ?という感じだが、ドイツとソ連の狭間でナチスとスターリンの支配に翻弄された歴史を持つ。このお話は、1950年代ソ連の占領下にあるエストニアの小さな村ハープサルでのこと。

ドイツ軍兵士だったネリスは、名前を偽って体育教師になり、フェンシングを教える。
「フェンシング教室を開きます」小さな張り紙に、体育館を埋め尽くすほど子供たちが集まる。
子供たちはほとんどがソ連の徴収で親が返ってこない孤児だった。
川原で木の枝を探して剣にし、段ボールで鍔を作った。
他に娯楽も心の支えもない状況で、子供たちは次第にネリスを慕い、練習にも熱がはいる。
やがて、子どもたちはレニングラードでの全国大会への出場が決まって大喜びするのだが、
ドイツ兵だったネリスがレニングラードにゆくのは、捕まりにゆくのと同じ事だった。

試合会場についてみれば、剣は電気剣が必要で、用意できなかったネリスは冷ややかな視線の中、「貸してくれ」と頼み込みようやく他チームから借りて間に合わせる。
試合はじめのあいさつのポーズも出来なく、ルールも全部わかってない。
こんなん、ハジかいて終わりじゃん・・と思ったものの実際は・・・。
フェンシングの練習に希望を見る子供たちと政治情勢で自分の意見も言えない村人たち大人の辛さと
二重奏のようになっている。
派手な作品ではないものの、ゆっくりと心に沁みた。

こころに剣士を・エストニアの悲劇

投稿日

2022/04/17

レビュアー

ラストシアター

ナチスとスターリンに引き裂かれた1950年初頭のエストニアが舞台

ソ連の秘密警察から逃れてきた元フェンシング選手は、エストニアの田舎町で教師としてフェンシングを教えることになる

伝説の元フェンシング選手と子どもたちの実話から生まれた感動作品

残念

投稿日

2017/11/23

レビュアー

くまこ

ストーリー展開に矛盾が有りすぎます

1〜 3件 / 全3件