1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 邦画のDVDレンタル
  4. TVドラマのDVDレンタル
  5. CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班の画像・ジャケット写真

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 / 小栗旬

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

直木賞作家・金城一紀原案、小栗旬と西島秀俊共演による刑事アクションドラマ第3巻。政治献金のからくりを巧みに利用して政治家たちを恐喝している疑いのある暴力団の証拠集めのため、稲見は初めての潜入捜査を任されることに。第5話と第6話を収録。

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」 の作品情報

作品情報

製作年:

2017年

製作国:

日本

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

his 〜恋するつもりなんてなかった〜

獣王星

もうひとつのシュガー&スパイス

MOZU Season2 〜幻の翼〜

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

違いが分かる異色作。

投稿日:2017/08/19 レビュアー:oyoyo

数ある警察もののドラマの中でもはっきりと違いが分かる異色作。

練られたストーリー。
リアルなアクション。
自然なカメラ・ワーク。
配役ぴったりの役者陣。
とても見応えのあるドラマです。

毎回ちょっと後味の悪い終わり方をするが、面白い。

アクション・シーンが見もの。
かなり力を入れている。
特に、7話か8話くらいだったかな?
約13分の、1カット長回し撮影のアクションシーンがある。
映画でも、そう無い長い時間の長回し撮影、お見事でした。

シリーズ2を求む。

85点

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

深い闇を抱えたドラマ

投稿日:2017/08/26 レビュアー:kazupon

フィリピン出身の歌手、Beverlyビバリーのハイトーンボイスで「I need your love」が流れると、緊張感を覚えました。
全10話のうち、スッキリと解決した事件はなく、どれも後味が悪かったと思います。
主演の小栗旬が演じる稲見朗のフラッシュバックは、稲見が抱える闇の深さを表しているようでした。
西島秀俊が演じる田丸三郎は、元公安部外事課の人間で、石田ゆり子も共演していることから、MOZUを思い起こさせます。
潜入捜査に関係するストーリーもあり、観ているだけでも精神的に疲弊します。
稲見らが所属する「公安機動捜査隊特捜班」の創設者・鍛冶(長塚京三)も謎に満ちていて、稲見たちの味方なのか、あるいは彼らを使い捨てにするつもりなのか、何を考えているのか分からない人物でした。
最終話も腹立たしい終わり方で、まだまだ続編がありそうな気配です。
映画化は望みません。
TVドラマでじっくり観たいです。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

ルチャリブレみたいでおもしろかった

投稿日:2017/08/13 レビュアー:Kavi

2話ぐらいだったかな。
ホームセンターでのアクションがすごくて、
小栗旬がレスラーにしか見えなかったw。
ルチャリブレみてる気分になったよ。
アクション監督の田中信彦って誰なんだろう??

真冬の撮影なのに、川に飛び込んだり、
ドラマなのに体当たりがすごかった。
小栗旬のテンションにひっぱられて、
みな体当たりしてるようなそんなドラマだった。

久しぶりに日本のドラマがおもしろいと思えた。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

違いが分かる異色作。

投稿日

2017/08/19

レビュアー

oyoyo

数ある警察もののドラマの中でもはっきりと違いが分かる異色作。

練られたストーリー。
リアルなアクション。
自然なカメラ・ワーク。
配役ぴったりの役者陣。
とても見応えのあるドラマです。

毎回ちょっと後味の悪い終わり方をするが、面白い。

アクション・シーンが見もの。
かなり力を入れている。
特に、7話か8話くらいだったかな?
約13分の、1カット長回し撮影のアクションシーンがある。
映画でも、そう無い長い時間の長回し撮影、お見事でした。

シリーズ2を求む。

85点

深い闇を抱えたドラマ

投稿日

2017/08/26

レビュアー

kazupon

フィリピン出身の歌手、Beverlyビバリーのハイトーンボイスで「I need your love」が流れると、緊張感を覚えました。
全10話のうち、スッキリと解決した事件はなく、どれも後味が悪かったと思います。
主演の小栗旬が演じる稲見朗のフラッシュバックは、稲見が抱える闇の深さを表しているようでした。
西島秀俊が演じる田丸三郎は、元公安部外事課の人間で、石田ゆり子も共演していることから、MOZUを思い起こさせます。
潜入捜査に関係するストーリーもあり、観ているだけでも精神的に疲弊します。
稲見らが所属する「公安機動捜査隊特捜班」の創設者・鍛冶(長塚京三)も謎に満ちていて、稲見たちの味方なのか、あるいは彼らを使い捨てにするつもりなのか、何を考えているのか分からない人物でした。
最終話も腹立たしい終わり方で、まだまだ続編がありそうな気配です。
映画化は望みません。
TVドラマでじっくり観たいです。

ルチャリブレみたいでおもしろかった

投稿日

2017/08/13

レビュアー

Kavi

2話ぐらいだったかな。
ホームセンターでのアクションがすごくて、
小栗旬がレスラーにしか見えなかったw。
ルチャリブレみてる気分になったよ。
アクション監督の田中信彦って誰なんだろう??

真冬の撮影なのに、川に飛び込んだり、
ドラマなのに体当たりがすごかった。
小栗旬のテンションにひっぱられて、
みな体当たりしてるようなそんなドラマだった。

久しぶりに日本のドラマがおもしろいと思えた。

1〜 3件 / 全3件