ヴィオレット ある作家の肖像

ヴィオレット ある作家の肖像の画像・ジャケット写真

ヴィオレット ある作家の肖像 / エマニュエル・ドゥヴォス

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ヴィオレット ある作家の肖像」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

実在の女性作家・ヴィオレットの軌跡を描いたドラマ。私生児として生まれ、母親に愛されない想いを抱き続けてきたヴィオレットは、やがてその想いを小説に書くことに目覚める。そしてその後、彼女はボーヴォワールと出会い、処女作を出版するが…。※一般告知解禁日:あり

「ヴィオレット ある作家の肖像」 の作品情報

作品情報

製作年: 2013年
製作国: フランス
原題: VIOLETTE

「ヴィオレット ある作家の肖像」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ココ・アヴァン・シャネル

私は確信する

ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜

ロゼッタ

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

ボーヴォワールの勧めで、女性の心の開放に尽くす。

投稿日:2017/07/18 レビュアー:カマンベール

ボーヴォワールが才能を認めて援助しなければ、ヴィオレットは
書き続けなかったでしょう。
「私生児」に生まれた負い目と悲しみから抜け出せたのは、
赤裸々に心の中を書いたから・・・
それはヴィオレットにとって、辛いことだった。
ボーヴォワールとの違い、
家柄、美貌、才能、社交術。
ボーヴォワールといると、その違いが痛いほど身に染みた。
書くことは身を削ること、傷付くこと。
精神を追い詰めて精神病院に入院するほど追い詰めて、
書いた本「私生児」はヴィオレットにとって初めてベストセラーを記録します。
フランス人は未婚率が高く、シングマザーもとても多いそうです。
ボーヴォワールやヴィオレットの活動が今のフランスの女性の自立を促したのでしょうか?
晩年、陽光溢れる南プロヴァンスの家で寛ぐヴィオレットは、
幸せそうです。
きっと、プロヴァンスに暮らす日々は満たされていたのでしょうね。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

ヴィオレット ある作家の肖像

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

ボーヴォワールの勧めで、女性の心の開放に尽くす。

投稿日

2017/07/18

レビュアー

カマンベール

ボーヴォワールが才能を認めて援助しなければ、ヴィオレットは
書き続けなかったでしょう。
「私生児」に生まれた負い目と悲しみから抜け出せたのは、
赤裸々に心の中を書いたから・・・
それはヴィオレットにとって、辛いことだった。
ボーヴォワールとの違い、
家柄、美貌、才能、社交術。
ボーヴォワールといると、その違いが痛いほど身に染みた。
書くことは身を削ること、傷付くこと。
精神を追い詰めて精神病院に入院するほど追い詰めて、
書いた本「私生児」はヴィオレットにとって初めてベストセラーを記録します。
フランス人は未婚率が高く、シングマザーもとても多いそうです。
ボーヴォワールやヴィオレットの活動が今のフランスの女性の自立を促したのでしょうか?
晩年、陽光溢れる南プロヴァンスの家で寛ぐヴィオレットは、
幸せそうです。
きっと、プロヴァンスに暮らす日々は満たされていたのでしょうね。

1〜 1件 / 全1件