疾風ロンド

疾風ロンドの画像・ジャケット写真
疾風ロンド / 阿部寛
全体の平均評価点:
(5点満点)

20

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「疾風ロンド」 の解説・あらすじ・ストーリー

東野圭吾原作のサスペンスコメディを阿部寛主演で映画化。違法生物兵器・K-55が盗まれ、秘密裏にその捜索を命じられた研究員・栗林。手掛かりのない中、犯人死亡の知らせを受けた栗林は、遺品の中からK-55が隠された場所を特定するが…。

「疾風ロンド」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「疾風ロンド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

疾風ロンドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DRTD03995 2017年06月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
115枚 18人 10人

関連作品

ユーザーレビュー:20件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全20件

いつまで待っても借りられない

投稿日:2017/09/13 レビュアー:だいこんさん

1か月以上1位登録したままですがいつまで経っても借りられません。
もうやめます!

このレビューは気に入りましたか? はい 48人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

疾風

投稿日:2017/11/08 レビュアー:やまちゃん

TSUTAYAレンタルは在庫数が少なすぎ。
いつまで待ってもレンタルできない。
詐欺じゃん。
上位10本が全てレンタルできないレンタル屋ってどうなのか?

このレビューは気に入りましたか? はい 29人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

疾風ロンドネタバレ

投稿日:2017/10/20 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 生物兵器がスキー場に隠されて温度が上がったら流出しちゃうってんで、何とか探し出そうとする話。

 冒頭でクビになった研究員が逆恨みで生物兵器が盗まれ、それがスキー場に隠されたまま犯人が帰り道で交通事故で死んじゃって生物兵器がスキー場のどこにあるのかわからないのでそれを探すという。犯人がすぐ死んじゃって生物兵器を探すという設定は面白かったです。

 ただ生物兵器を巡るシリアスな劇が展開するのかと思いきやコメディ映画として話が展開していくのは一向に構わないのですが、それが恐ろしく笑えなくて、しかも映像もちゃちくて映画館で見てたら怒ってしまうのではないかというレベルだったと思います。この映画の1番の見せ場であるであろうムロツヨシさんと大島優子さんのチェイスシーンも全く迫力がなくて声と動きがあっていなくて、見ていて気まずいシーンに仕上がっていました。

 生物兵器を探すという行為も主人公が阿部寛さんだと思いますが、怪我をしちゃって実質動かず何もしない役回りでした。探すのは大倉忠義さんと大島優子さんで彼らの探すシークエンスと主人公の息子と地元の中学生たちがメインの流れがありますが、それもそれで中途半端で生物兵器の居場所の真相もインフルエンザで亡くなった妹だかの恨みをうんぬんみたいなのも酷くて無茶苦茶でその結末もカタルシスを得られなかったです。

 2時間の映画ではなくて深夜ドラマでたまたま見ていたらお得な気持ちになったと思いますが、映画としては正直クオリティが低いのではないかと考えてしまう映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

観ること出来ず金だけとられた掲載するな

投稿日:2017/07/01 レビュアー:なお

腹立つ もっと詳しく説明すべき

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

サスペンス&コメディ&アクションの三色丼

投稿日:2018/11/13 レビュアー:kazupon

原作は、東野圭吾の“長編サスペンス”とWikipediaでは紹介されています。(小説は真面目なんでしょうか?)
公式サイトのトップでは、「東野圭吾・笑撃サスペンス」
「雪山に隠された生物兵器。犯人死亡。手がかりはテディベア?」
        ***  ***
雪山の木々の間を巧みに滑るスキーヤーを俯瞰で追い続ける冒頭のシーン。
眠たくなるくらい(笑)気持ちの良い眺めです。
そのスキーヤーは次に一本の木の根元の雪を掘り、ガラスの瓶を埋めました。
そして、目印にテディベアのぬいぐるみを木の幹に打ち付けます。
        ***  ***
埋められた物の正体は、医科学研究所から盗まれた「K−55」という生物兵器。
そして、東郷所長(柄本明)の元にクビにした葛原から、三億円を用意しろとの脅迫メールが届き、埋めた場所のヒントはテディベアが写った写真のみでした。
自分の保身だけが大事な東郷は警察へは届けず、研究所員のみでの解決を図ります。
K-55の発見と回収を命じられたのは主任研究員の栗林(阿部寛)でした。
おまけに犯人の葛原は、交通事故で死んでしまうのです。
オーマイガー!!どうやって探せと言うのだ!?
        ***  ***
ご心配なく。これ以上は書きません。(笑)
今回、主役(だよね?)の阿部ちゃんは、スキーは滑れない上、転んで足を怪我。
全くの役立たずでした。
代わりに大活躍してくれるのは、パトロール隊員の根津(大倉忠義)とスノーボードクロスの選手・瀬利千晶(大島優子)でした。
私はてっきり大島優子のスノボーのシーンは吹き替えだと思っていたのですが、彼女は9歳から続けているベテランだったのですね。
さて、役立たずの栗原でしたが、家庭内においてもダメな父親で、中学生の息子の秀人(濱田龍臣)とギクシャクしています。
この捜索に栗林は秀人を同行させ、結果、地元で仲良くなった中学生と共に秀人も良い仕事をするのです。
「K−55」を発見した後の展開にも注目してください。
秀人の思いが、ダメな父親を改心させます。
        ***  ***
ちょっと調べてみたら、原作小説では根津と千晶が主役なんですね。(やっぱり!)
映画では阿部ちゃんを主役に据えたので、(おまけにムロツヨシも絡めて)コミカル路線になったのですね。
私的には、サブストーリーの父息子関係の修復もプチ感動要素でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全20件

疾風ロンド

月額課金で借りる

都度課金で借りる