テバク 〜運命の瞬間(とき)〜

テバク 〜運命の瞬間(とき)〜の画像・ジャケット写真

テバク 〜運命の瞬間(とき)〜 / チャン・グンソク

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

DVD

「テバク 〜運命の瞬間(とき)〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

チャン・グンソク主演、朝鮮王朝の後継者争いを描いた歴史ドラマ第13巻。自分が王の息子と知らずに育ったテギルは、彼の出生の秘密を知る者によって国を懸けた争いに巻き込まれていく。第25話と第26話を収録。※販売:KADO 販売窓口:KADOA

「テバク 〜運命の瞬間(とき)〜」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: 韓国
原題:

「テバク 〜運命の瞬間(とき)〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

上流社会

太陽を撃て

英雄時代

ビースティ・ボーイズ

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

ギャンブル魂を揺さぶる。ヨ・ジング君、素敵な大人になったね!!

投稿日:2017/08/10 レビュアー:なんの因果

何のことかって、第一話は賭け事に憑かれて妻までカケの対象にするダメンズの育ての父の話。
本筋には関係ないかもギャンブラーの心理をよくよく描写されまして身につまされました。

えー、本作は、「戊申政変(イ・インジャの乱)」をモチーフに描いた、壮大な歴史ドラマ!
という事で、むずかしい歴史はわからんのですが、チャンヒビンだの英祖だの韓ドラファンには
お馴染みと言えばお馴染みなのかも。(もちろん相関関係把握してなくとも楽しめます!)

卑しい身分から王妃になったボクスンの第一子が半年で生まれたものだから、チャンヒビンから
疑われ、子の命が危ないと思ったボクスンは、宮廷の外のダメンズ夫に赤ちゃんを託す。
何も知らず大きくなったテギルがチャン・グンソク。いろいろ危険な目にあいながら、兄ヨニングン
(ヨ・ジング)ともめぐりあい、出生の秘密を知っている人間たちの陰謀に巻き込まれてゆく。

チャン・グンソクは非常に若々しくエネルギッシュに演じていましたね!
(そんなにイメージもってないんですが、これまでのイメージよりは脱却したと思います)
そして、ヨ・ジング君・・・キミはいつからそんなに色気のある素敵な大人を演じられる
ようになったのかい!?
(おばさんは感激して泣いちゃうよ・・。ヘンにならないでちゃんと大きくなったもの。)
いや、良かった良かった。
あと登場の待ち遠しかったイム・ジヨンも出演してます。
最近では期待以上の見応えのあるドラマのひとつだと思います。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

テバク 〜運命の瞬間(とき)〜

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

ギャンブル魂を揺さぶる。ヨ・ジング君、素敵な大人になったね!!

投稿日

2017/08/10

レビュアー

なんの因果

何のことかって、第一話は賭け事に憑かれて妻までカケの対象にするダメンズの育ての父の話。
本筋には関係ないかもギャンブラーの心理をよくよく描写されまして身につまされました。

えー、本作は、「戊申政変(イ・インジャの乱)」をモチーフに描いた、壮大な歴史ドラマ!
という事で、むずかしい歴史はわからんのですが、チャンヒビンだの英祖だの韓ドラファンには
お馴染みと言えばお馴染みなのかも。(もちろん相関関係把握してなくとも楽しめます!)

卑しい身分から王妃になったボクスンの第一子が半年で生まれたものだから、チャンヒビンから
疑われ、子の命が危ないと思ったボクスンは、宮廷の外のダメンズ夫に赤ちゃんを託す。
何も知らず大きくなったテギルがチャン・グンソク。いろいろ危険な目にあいながら、兄ヨニングン
(ヨ・ジング)ともめぐりあい、出生の秘密を知っている人間たちの陰謀に巻き込まれてゆく。

チャン・グンソクは非常に若々しくエネルギッシュに演じていましたね!
(そんなにイメージもってないんですが、これまでのイメージよりは脱却したと思います)
そして、ヨ・ジング君・・・キミはいつからそんなに色気のある素敵な大人を演じられる
ようになったのかい!?
(おばさんは感激して泣いちゃうよ・・。ヘンにならないでちゃんと大きくなったもの。)
いや、良かった良かった。
あと登場の待ち遠しかったイム・ジヨンも出演してます。
最近では期待以上の見応えのあるドラマのひとつだと思います。

1〜 1件 / 全1件