クハナ!

クハナ!の画像・ジャケット写真

クハナ! / 松本来夢
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「クハナ!」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「アンフェア」シリーズの原作者・秦建日子が映画初監督を務めたドラマ。三重県桑名市。廃校が決まった小学校に、プロのジャズプレイヤーだったという先生が赴任して来る。子どもたちは小学校生活の最後にジャズのビッグバンドに挑戦することになり…。

「クハナ!」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「クハナ!」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

女ねずみ小僧〜ただいま参上!

伝説のやくざ ボンノ 烈火の章

首領を殺った男

山河燃ゆ 総集編

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

カワイさいっぱい、ワクワクのガールズムービー

投稿日:2017/06/18 レビュアー:ミスト

良い。子供たちが良いですね。

あと1年で廃校になってしまう小学校と、
地元企業での不当解雇騒動に揺れる大人たちの問題も絡んでの、
子供たちの成長記録?です。

家の手伝いをしたくない!
最初はそんな理由から学校で部活がしたくて、
新任の先生に頼んだらできてしまったジャズバンド部。
あっと言う間に上手くなって
応募したコンテストの県大会を突破、思いもかけずの資金問題も解決し、
後は予告にあるように、東海大会当日、主人公の子のサックスが壊れた!
さぁ、どうする?どうなる?

本番前に先生がみんなを励ますつもりの話で
「僕は今まで何でも中途半端に生きてきたけど、クハナだけは本当に頑張った」
って言うんだけど、その頑張り具合が良くわからないのが残念。
最初に楽器なしでの演奏シーンの指導は、とても良いと思うのだけど、
その後の指導シーンがない!まったくない!
お金がなくて楽器が買えない子供たちの相談に乗るとか、
上手く演奏できない子への練習シーンとか、まったくない!

実際に子供たちは半年くらいみっちり練習して、
ちゃんと演奏できるようになったらしいのだけど、、、、
映画の中では、ホント、いつの間にか演奏できるようになったねって感じで、
コンクールでの演奏シーンの感動がイマイチ。。。。。

まぁ、そういうスポ根的要素は、この映画には必要ないって事なんだろうけど、
個人的には、下手くそが上手くなっていく、そいいう過程が好きなので。

でも、全体的にとても楽しく観ることができました。

周りを囲む大人たちの話も面白くて、特に須藤理彩さんのお母さん役はピッタリ。
この人は、こういう気が強くて、ダメダメ旦那の尻を叩いてってな役やると、
本当に上手い。この人が出てくると、安心して笑えます。

Chelsyってガールズバンドは、この映画で初めて知ったのだけど、
挿入歌(Kite)も、とても良いです!

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

クハナ!

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

カワイさいっぱい、ワクワクのガールズムービー

投稿日

2017/06/18

レビュアー

ミスト

良い。子供たちが良いですね。

あと1年で廃校になってしまう小学校と、
地元企業での不当解雇騒動に揺れる大人たちの問題も絡んでの、
子供たちの成長記録?です。

家の手伝いをしたくない!
最初はそんな理由から学校で部活がしたくて、
新任の先生に頼んだらできてしまったジャズバンド部。
あっと言う間に上手くなって
応募したコンテストの県大会を突破、思いもかけずの資金問題も解決し、
後は予告にあるように、東海大会当日、主人公の子のサックスが壊れた!
さぁ、どうする?どうなる?

本番前に先生がみんなを励ますつもりの話で
「僕は今まで何でも中途半端に生きてきたけど、クハナだけは本当に頑張った」
って言うんだけど、その頑張り具合が良くわからないのが残念。
最初に楽器なしでの演奏シーンの指導は、とても良いと思うのだけど、
その後の指導シーンがない!まったくない!
お金がなくて楽器が買えない子供たちの相談に乗るとか、
上手く演奏できない子への練習シーンとか、まったくない!

実際に子供たちは半年くらいみっちり練習して、
ちゃんと演奏できるようになったらしいのだけど、、、、
映画の中では、ホント、いつの間にか演奏できるようになったねって感じで、
コンクールでの演奏シーンの感動がイマイチ。。。。。

まぁ、そういうスポ根的要素は、この映画には必要ないって事なんだろうけど、
個人的には、下手くそが上手くなっていく、そいいう過程が好きなので。

でも、全体的にとても楽しく観ることができました。

周りを囲む大人たちの話も面白くて、特に須藤理彩さんのお母さん役はピッタリ。
この人は、こういう気が強くて、ダメダメ旦那の尻を叩いてってな役やると、
本当に上手い。この人が出てくると、安心して笑えます。

Chelsyってガールズバンドは、この映画で初めて知ったのだけど、
挿入歌(Kite)も、とても良いです!

1〜 1件 / 全1件