オブジェクト

オブジェクトの画像・ジャケット写真

オブジェクト / ケヴィン・デュランド

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「オブジェクト」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

ケビン・デュランド、ルーカス・ハースら実力派俳優共演のクリーチャーパニック。森の中で惨殺された森林伐採者の事件を調べるため、ニューヨークからやって来た警察官のポールとドニー。彼らは家の周りで2足歩行し蹄のある生物の足跡を見つけるが…。

「オブジェクト」 の作品情報

作品情報

製作年: 2015年
製作国: アメリカ
原題: Dark was the night

「オブジェクト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

パラノーマル・ビギニング

レヴェナント:蘇えりし者

K−9:はみだしコンビ大復活!

ストレイン シーズン2

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

再生の物語と思って見るとなかなか良いが…

投稿日:2019/04/18 レビュアー:コタロウ(!)

森林伐採中の作業員が、何者かに襲撃され殺害された。
一方、殺害現場から144キロ南にある町・メイデンウッズでは、異変が始まる。
牧場の馬が消え、飼い犬が逃げ出し、未知の動物の足跡が町中で見つかったのだ。
先住民族の間に伝わる「山の怪物」ではないかと怯える住人もいる。
住人の信頼篤い保安官・ポール、NYから来た保安官補・ドニーが調査に乗り出すが…

モンスター・パニックらしいですが、怪物はチラ見せに次ぐチラ見せです。
ラスト5分くらいまで、全体像を見せてくれません。
犠牲者も出ますが、怪物が彼らを襲撃しているシーンは無いに等しいです。

悲しげな表情で公園の遊具を見つめるポール。
NYの警官を辞めて田舎町の保安官補になったドニー。
二人には喪失の悲しみがありました。
心に傷を持つポールとドニー、二人の男の再生の物語という趣が強いです。
それはそれで良かったのに、結末だけモンスター映画に寄せてくる意味がわかりません…

灰色がかった暗い色調で描かれる田舎町・メイデンウッズがいい感じ。
町にはトーテムポールやテントが点在し、先住民族の文化が漂う。
先住民族の血を引く住民もいる。
町に異変が起きた時、森の怪物の存在に思い至るのは彼らだった。
都会から来たドニーに反発する者もいるが、悪人はいない。
ポールを中心に団結し助け合う善良な人たちだ。
あんなラストが彼らを待っているのかと思うと、泣ける…

ケヴィン・デュランドが、悲しみから立ち直っていくポールを好演。
この人は「レギオン」で演じた無慈悲なガブリエル様が印象的でした。涙…

ドニーを演じたルーカス・ハースは「刑事ジョン・ブック目撃者」の子役だったそうです。
わかってみると、何だか面差しが愛らしい感じがしなくもない…
「人には使命がある」とポールに過去を語るシーンが良かったです。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

★チェック

投稿日:2020/08/04 レビュアー:★チェック

★チェック

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

やっぱりね

投稿日:2017/05/27 レビュアー:サクラ

どこかで見た感じのストーリーを寄せ集めた感じの陳腐な作品。
出るぞ出るぞ出るぞーって出たのがアレじぁ話しになんないわ。
今年1番つまんない作品。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

オブジェクト

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

再生の物語と思って見るとなかなか良いが…

投稿日

2019/04/18

レビュアー

コタロウ(!)

森林伐採中の作業員が、何者かに襲撃され殺害された。
一方、殺害現場から144キロ南にある町・メイデンウッズでは、異変が始まる。
牧場の馬が消え、飼い犬が逃げ出し、未知の動物の足跡が町中で見つかったのだ。
先住民族の間に伝わる「山の怪物」ではないかと怯える住人もいる。
住人の信頼篤い保安官・ポール、NYから来た保安官補・ドニーが調査に乗り出すが…

モンスター・パニックらしいですが、怪物はチラ見せに次ぐチラ見せです。
ラスト5分くらいまで、全体像を見せてくれません。
犠牲者も出ますが、怪物が彼らを襲撃しているシーンは無いに等しいです。

悲しげな表情で公園の遊具を見つめるポール。
NYの警官を辞めて田舎町の保安官補になったドニー。
二人には喪失の悲しみがありました。
心に傷を持つポールとドニー、二人の男の再生の物語という趣が強いです。
それはそれで良かったのに、結末だけモンスター映画に寄せてくる意味がわかりません…

灰色がかった暗い色調で描かれる田舎町・メイデンウッズがいい感じ。
町にはトーテムポールやテントが点在し、先住民族の文化が漂う。
先住民族の血を引く住民もいる。
町に異変が起きた時、森の怪物の存在に思い至るのは彼らだった。
都会から来たドニーに反発する者もいるが、悪人はいない。
ポールを中心に団結し助け合う善良な人たちだ。
あんなラストが彼らを待っているのかと思うと、泣ける…

ケヴィン・デュランドが、悲しみから立ち直っていくポールを好演。
この人は「レギオン」で演じた無慈悲なガブリエル様が印象的でした。涙…

ドニーを演じたルーカス・ハースは「刑事ジョン・ブック目撃者」の子役だったそうです。
わかってみると、何だか面差しが愛らしい感じがしなくもない…
「人には使命がある」とポールに過去を語るシーンが良かったです。

★チェック

投稿日

2020/08/04

レビュアー

★チェック

★チェック

やっぱりね

投稿日

2017/05/27

レビュアー

サクラ

どこかで見た感じのストーリーを寄せ集めた感じの陳腐な作品。
出るぞ出るぞ出るぞーって出たのがアレじぁ話しになんないわ。
今年1番つまんない作品。

1〜 3件 / 全3件