古都

古都の画像・ジャケット写真

古都 / 松雪泰子

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「古都」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

川端康成の同名小説を松雪泰子主演で映画化。佐田千重子が京都室町に先祖代々続く佐田呉服店を継いで20年。古くからのつき合いの職人たちが次々と廃業し、周囲は変わりつつあった。彼女のひとり娘で大学生の舞は、自分が何をしたいのか見つけられず…。

「古都」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「古都」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

スープ 〜生まれ変わりの物語〜

ナミヤ雑貨店の奇蹟

「花子とアン」完全版

大人ドロップ

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

古都に生き、娘に伝える母の想い

投稿日:2017/07/10 レビュアー:hinakksk

 丁寧に制作された、とても奥ゆかしく品のいい映画です。ただ、ストーリーは原作とはかなり変更されており、しばしば時間軸も前後するため、前半の展開が分かりにくいのが残念です。娘の世代を描いたことには賛否両論あるかもしれません。

 京都の文化と四季の美しい自然を背景に、失われつつある古き佳き日本の情緒と雅なこころを、川端康成は、まるで缶詰のように、文章のなかに凝縮しています。映画は、このような川端康成の世界を、かなりうまく表現しているのではないでしょうか。

 楚々としたたたずまいで、伝統に生きるたおやかな京女を演じる松雪泰子が、素晴らしすぎます。

 

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

アナザーストーリー

投稿日:2018/11/24 レビュアー:ハムエッグ

 オープニングの町家の家並みからだんだんとビルに囲まれ、取り壊され駐車場に・・・、寂しい現実。

 千恵子が悪夢で飛び起きる導入は、ピンとこないが漠然とした将来への不安を表してるんでしょうかね?

 原作は未読ですが、千恵子と苗子は一晩一緒に過ごした後はなぜ一切の交流を絶ったんでしょうね? 盆暮れぐらいの付き合いはしてもいいのにと思った。

 老舗の跡取りとはいえ、いとこのボンは大学生で『レクサス』乗り回すの? てっきり来店中お客さんのと思ってたら乗り込んでビックリ!

 毎度の事ながら見栄え重視で場所の位置関係無視には笑える。 千恵子と舞が喧嘩して舞が祖父の家で一晩過ごして自宅に帰るシーン、三条方向から四条方向に鴨川の河原を自転車で走行。 お〜い、お家はもっと北西でっせ〜 笑

 ラストが少々不満。 初めて母方のいとこが出会って新たなる関係が起きそうなのを匂わせるのはいいが、せめて苗子の娘結衣の絵、完成形をエンドロールの最後にバーンと大写しして欲しかった。
 私としては舞の踊りをたまたま結衣が見て帯の柄から接触するとか逆に展示された結衣の絵を偶然、舞が見て接触するって演出を想像してたので肩すかし。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

古都

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

古都に生き、娘に伝える母の想い

投稿日

2017/07/10

レビュアー

hinakksk

 丁寧に制作された、とても奥ゆかしく品のいい映画です。ただ、ストーリーは原作とはかなり変更されており、しばしば時間軸も前後するため、前半の展開が分かりにくいのが残念です。娘の世代を描いたことには賛否両論あるかもしれません。

 京都の文化と四季の美しい自然を背景に、失われつつある古き佳き日本の情緒と雅なこころを、川端康成は、まるで缶詰のように、文章のなかに凝縮しています。映画は、このような川端康成の世界を、かなりうまく表現しているのではないでしょうか。

 楚々としたたたずまいで、伝統に生きるたおやかな京女を演じる松雪泰子が、素晴らしすぎます。

 

アナザーストーリー

投稿日

2018/11/24

レビュアー

ハムエッグ

 オープニングの町家の家並みからだんだんとビルに囲まれ、取り壊され駐車場に・・・、寂しい現実。

 千恵子が悪夢で飛び起きる導入は、ピンとこないが漠然とした将来への不安を表してるんでしょうかね?

 原作は未読ですが、千恵子と苗子は一晩一緒に過ごした後はなぜ一切の交流を絶ったんでしょうね? 盆暮れぐらいの付き合いはしてもいいのにと思った。

 老舗の跡取りとはいえ、いとこのボンは大学生で『レクサス』乗り回すの? てっきり来店中お客さんのと思ってたら乗り込んでビックリ!

 毎度の事ながら見栄え重視で場所の位置関係無視には笑える。 千恵子と舞が喧嘩して舞が祖父の家で一晩過ごして自宅に帰るシーン、三条方向から四条方向に鴨川の河原を自転車で走行。 お〜い、お家はもっと北西でっせ〜 笑

 ラストが少々不満。 初めて母方のいとこが出会って新たなる関係が起きそうなのを匂わせるのはいいが、せめて苗子の娘結衣の絵、完成形をエンドロールの最後にバーンと大写しして欲しかった。
 私としては舞の踊りをたまたま結衣が見て帯の柄から接触するとか逆に展示された結衣の絵を偶然、舞が見て接触するって演出を想像してたので肩すかし。

1〜 2件 / 全2件