地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子の画像・ジャケット写真
地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 / 石原さとみ
全体の平均評価点:
(5点満点)

2

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」 の解説・あらすじ・ストーリー

宮木あや子原作、石原さとみ主演による爽快お仕事ドラマ第5巻。憧れのファッション誌「Lassy」の校閲を手伝うことになり、張り切る悦子。しかし、雑誌の校閲は普段やっている書籍の校閲とは勝手が違うため、悦子は苦戦する。第9話と最終第10話を収録。

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子のシリーズ商品


1〜 5件 / 全5件

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 Vol.1

  • 旧作

宮木あや子原作、石原さとみ主演による爽快お仕事ドラマ第1巻。ファッション誌の編集者を夢見る河野悦子は、出版社・景凡社に中途採用で入社する。だが、悦子が配属されたのはファッション編集部ではなく、超地味な校閲部だった。第1話と第2話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
110分 日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBX22667 2017年04月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
24枚 0人 1人

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 Vol.2

  • 旧作

宮木あや子原作、石原さとみ主演による爽快お仕事ドラマ第2巻。悦子はファッションショーで再会した幸人が作家の是永是之だと知って驚く。そんな中、悦子は米岡が担当していた人気作家・四条真理恵の小説の校閲を任される。第3話と第4話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
102分 日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBX22668 2017年04月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
24枚 1人 1人

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 Vol.3

  • 旧作

宮木あや子原作、石原さとみ主演による爽快お仕事ドラマ第3巻。悦子はイタリア在住の人気スタイリスト・フロイライン登紀子のエッセイの校閲を任される。登紀子のエッセイの大ファンだった悦子は大張り切りだったが…。第5話と第6話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
102分 日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBX22669 2017年04月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 3人 3人

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 Vol.4

  • 旧作

宮木あや子原作、石原さとみ主演による爽快お仕事ドラマ第4巻。悦子はかつて校閲を担当した大御所ミステリー作家・本郷大作からエッセイの校閲を頼まれる。悦子が会社を訪れた本郷を見送っていると、幸人と出くわし…。第7話と第8話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
102分 日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBX22670 2017年04月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 1人 3人

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 Vol.5

  • 旧作

宮木あや子原作、石原さとみ主演による爽快お仕事ドラマ第5巻。憧れのファッション誌「Lassy」の校閲を手伝うことになり、張り切る悦子。しかし、雑誌の校閲は普段やっている書籍の校閲とは勝手が違うため、悦子は苦戦する。第9話と最終第10話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
110分 日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBX22671 2017年04月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 6人 1人

1〜 5件 / 全5件

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

悦ちゃんは行く!

投稿日:2017/07/06 レビュアー:なんの因果

世の中にあって地味な仕事にスポットを当ててくれたのは嬉しい。
(実際、ドラマでやってるほどの事実確認したなら給料は出ないだろうが。)
毎回、石原さとみのファッションと小物が素敵で目の保養でした。
別の番組で、ベラベラ早口で何言ってるかわかんない状態でしたけど、
この番組のさとみちゃんは良かったですね。
菅田君より、タコ(青木崇高)さんとの掛け合いがめっちゃ楽しそうでしたけど。
悦ちゃんだって相当なタコだよね(笑)
厳しい先輩の藤岩さんですが、最初無表情の江口のりこさんが、段々かわいく
見えてきて、そういうもんかなー、と思った次第です。
毎週楽しみでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

校閲の事実確認がスゴイ!

投稿日:2017/06/01 レビュアー:kazupon

2016年10月から12月まで放送された日テレ系のTVドラマです。
原作は、てっきり漫画かと思っていたら、宮木あや子さんの小説でした。
因みに、宮木あや子さんは安達祐実主演で映画化された『花宵道中』の作者さんです。

主人公の河野悦子(石原さとみ)は、ファッション雑誌の編集者になるのが夢でした。
学生時代から愛読していた「LASSY」の編集者に憧れて、毎年毎年「LASSY」の就職試験だけを受け続けているという徹底ぶりでした。
そして、7年目にしてついに採用されたのです。
しかし、配属されたのは、「校閲部」という地味な部署でした。
ドラマでは、この校閲部の仕事と並行して菅田将暉演じる折原幸人との恋愛も描かれますが、
その部分は端折って、「校閲」についてだけ触れたいと思います。
前に『舟を編む』を観て、辞書編纂の編集者に興味を持った私ですが、
今回は校閲の仕事にもかなり興味を引かれました。
「校閲ガール」を観るまでは、“校閲”というのは小説家などの執筆者から上がって来た原稿を見て、誤字脱字などの誤りを見つける仕事だと思っていました。
しかし、それは“校正”という作業でした。
“校閲”では、原稿に書かれている文章の意味や内容に誤りがないかを確認し、さらに地名や固有名詞、時代背景なども正しいのかどうかを確認するのです。
劇中、小説で描かれている「家の間取」に矛盾がないかを確認するために、家の模型まで作る場面があり、そんなことまで!?と驚きました。
校閲の一番の仕事は、「事実確認」なのです。
そのため、校閲部には、辞書や辞典、地図帳は言うまでもなく、ありとあらゆる資料がありました。
主に校閲部内でだけ作業していた部員たちが、河野悦子の影響で、どんどん現地へ事実確認に出向くなど、その変化も面白かったです。
何かで読んだのですが、実際にこのドラマのようなことをしていると、校閲作業は進まないそうです。
校閲の過程ばかりではなく、河野悦子のブレない仕事ぶりやファッションを観る楽しみもありました。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子

月額課金で借りる

都度課金で借りる