シグナル

シグナルの画像・ジャケット写真

シグナル / イ・ジェフン

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

「シグナル」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

『ミセン −未生−』の演出家、キム・ウォンソクが手掛けたヒューマンドラマ第13巻。古びた無線機を通して繋がった現在の刑事と過去の刑事が、15年前に起きた未解決事件の謎を追う。主演は『建築学概論』のイ・ジェフン。第25話と最終第26話を収録。※レベニューシェアリングシステム専用商材です

「シグナル」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: 韓国
原題: ●/Signal

「シグナル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

毒戦 BELIEVER

ファッション王

チャンス商会 初恋を探して

愛してる、泣かないで 最後の約束

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

極上のサスペンス ネタバレ

投稿日:2017/03/06 レビュアー:snowstar

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

物語冒頭から釘付けになり、最初の事件ですでに鳥肌。
廃棄処分になった無線機から聞こえてきた声、それに気づいたプロファイラーパク・ヘヨンはその声の主が1980年を生きる過去の刑事イ・ジェハンだと知ります。
くしくも、このヘヨンとジェハンは現在では未解決事件となった同じ事件を捜査することになるのです。
11時23分、毎回この時間に数分間無線機はつながり、過去と現在の二人が事件の情報を共有しながら解決していきます。

ヘヨンから与えられた情報で事件を未然に防ぎ、過去が変わることでその後の過去も変わり、現代も変わっていきます。
そのたびにもう全身ゾクゾクする。
伏線がいっぱい張り巡らされていて、収拾されていく緻密な脚本にうなってしまいます。
時には笑い、事件の真実を知ると時には号泣。
自分は警察に身を置きながら警察を信じないパク・ヘヨンの孤独な人生には涙が止まりませんでした。

イ・ジェハンという、チョ・ジヌンさんが演じた真っ直ぐで無骨な熱血刑事。
どんな人物でも犯した罪は許されず、罪を償わなければならないという信念。
ひとりの刑事の力では崩せない権力者たちにも真っ向から挑んでいく姿には感動さえ覚えます。
『決して諦めない』ジェハンの刑事魂が未解決事件を暴こうと命をかけて貫き通します。
さらに、あと一歩で助けられなかった被害者にポロポロと流す涙、人間味溢れる情の深さには胸が痛みます。

過去と現在は繋がってるというコピー通り、無線機での交信はなかなかの斬新さ。
その無線機がイ・ジェハンのものであり、当のイ・ジェハンは失踪扱いになっています。
彼が自分や家族を残して失踪するなんて信じられないチャ・スヒョンは15年もの間ずっと、白骨死体が出てくるたび確認に訪れています。
今はチームを率いる刑事ですが、昔はジェハンを慕う新米女刑事、
ホントにこの先刑事としてやっていけるのか心配になるほどでした。

観終わってもしばらくあとひきます。
なぜ、イ・ジェハンだったのか、パク・ヘヨンでなければならなかったのか、久しぶりに見応えのあるドラマでした。
セリフのひとつ、ひとつも見逃せない、そこにも数々のヒントがあります。
謎が明かされていくたび幾度も感じたゾクゾク感、まるで映画のような極上のサスペンスでした。
事件の真実にたどり着いた時、そのたびにハッとした衝撃を何度も味わい、胸をなでおろし、また無念に涙する。イ・ジェハン。彼に。。。
脚本、演出、俳優さんたちに多くの感動をもらいました。

このレビューは気に入りましたか? 15人の会員が気に入ったと投稿しています

役者3人の演技も、脚本も演出も素晴らしい。オススメ!! ネタバレ

投稿日:2017/02/27 レビュアー:ひよママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 過去と現在の刑事が相互に協力しながら活躍する本格派クライムドラマ。
過去と現在をつなぐ無線の謎。無線でのやり取りから浮かび上がる事件の真実。真犯人。「見事に練られた脚本」で、「予想もつかない展開」。緊張が途切れず最後まで見られますよ。
 さて事件捜査の過程で過去の刑事ジェハン「チョ・ジヌン」と現在(いま)を生きる女刑事スヒョン「キム・ヘス」、プロファイラーのヘヨン「イ・ジェフン」らの関係が浮かび上がってくるのですが、事件解明の腕前は一級品の女刑事スヒョンの純情には涙がこぼれます。二人の刑事と捜査に関わりながら成長するヘヨンの姿も描かれ、じーんと胸に迫る事が多かったなあ。そして過去の刑事ジェハンを「チョ・ジヌン」が大熱演。熱血漢で本当に素晴らしい刑事なんですよ。(わたしは「ソル薬局の息子たち」のブルータス役からのファン。元から実力派で今では映画でも大活躍なんですが、こんな大きな役を、こんなに存在感をもって演じてくれて、本当に見ていて嬉しかったです。)
 脚本も演技も演出も素晴らしく、この年のドラマで「シグナル」をベスト1にあげる人が多いのもうなずけます。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ドラマの背景になったのは過去に韓国で起きた実話です。 ネタバレ

投稿日:2019/01/26 レビュアー:サランヘ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

現在(2015年)を生きる刑事パク・ヘヨン(イ・ジェフンssi)と、35年前の過去に生きる刑事イ・ジェハン(チョ・ジヌンssi)が、古いトランシーバーで交信しながら迷宮入り事件を解決していくタイムスリップ型犯罪捜査ドラマです。
過去ではなんの効力もなかった物的証拠が現代の科学捜査では証拠として立証することができる。また、現代では過去の事件として伝えられていることも過去を塗り替えることによって食い止めることができる。そういった視点で事件を解決していく展開が斬新でした。
「犯人は誰なのか」というミステリー的な要素に加え、視聴者に恐怖感与えながら進んでいくサスペンス的な要素もあり、さらには、解決したかに見えてドンデン返しもあるという、サスペンス好きにはたまらない展開となっています。
映像的にも、過去を描いているシーンでは、アナモルフィックという技術で縦長に映し、現在のシーンと混乱しないように工夫されています。
キャストでもう一人、現在、過去のどちらの世界にも存在している刑事チャ・スヒョン(キム・ヘスssi)が登場します。過去の可愛いスヒョンと、現在の凛々しいスヒョンを見事に演じ分けた彼女、役どころも過去と現在をつなげる重要な人物として大活躍、さすがの存在感でした。

オマケ:本作は、2018年4月期フジテレビ系で「シグナル 長期未解決事件捜査班」としてリメイクされました。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

面白い!はまった〜

投稿日:2017/07/06 レビュアー:ゆうゆ

脚本・演出・キャスティング、とても良いです。
1話終わるたびに続きが気になって気になって仕方なかったです。
たくさん仕掛けられた伏線もにしっかりと回収され、
「あーそこかー」「なるほどねぇ〜」と唸りっぱなし。
ドラマの中心となる3人の刑事ヘヨン ジェハン スヒョンの関係性も素敵でした。
特にパク・ヘヨンの人生に関わっていくイ・ジェハンの姿には涙、涙。

本当に面白いドラマです。



このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ゲショピン ネタバレ

投稿日:2021/02/09 レビュアー:辛口カレー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ラストがすっきりしない。まだ続くみたいで消化不良。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

シグナル

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

極上のサスペンス

投稿日

2017/03/06

レビュアー

snowstar

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

物語冒頭から釘付けになり、最初の事件ですでに鳥肌。
廃棄処分になった無線機から聞こえてきた声、それに気づいたプロファイラーパク・ヘヨンはその声の主が1980年を生きる過去の刑事イ・ジェハンだと知ります。
くしくも、このヘヨンとジェハンは現在では未解決事件となった同じ事件を捜査することになるのです。
11時23分、毎回この時間に数分間無線機はつながり、過去と現在の二人が事件の情報を共有しながら解決していきます。

ヘヨンから与えられた情報で事件を未然に防ぎ、過去が変わることでその後の過去も変わり、現代も変わっていきます。
そのたびにもう全身ゾクゾクする。
伏線がいっぱい張り巡らされていて、収拾されていく緻密な脚本にうなってしまいます。
時には笑い、事件の真実を知ると時には号泣。
自分は警察に身を置きながら警察を信じないパク・ヘヨンの孤独な人生には涙が止まりませんでした。

イ・ジェハンという、チョ・ジヌンさんが演じた真っ直ぐで無骨な熱血刑事。
どんな人物でも犯した罪は許されず、罪を償わなければならないという信念。
ひとりの刑事の力では崩せない権力者たちにも真っ向から挑んでいく姿には感動さえ覚えます。
『決して諦めない』ジェハンの刑事魂が未解決事件を暴こうと命をかけて貫き通します。
さらに、あと一歩で助けられなかった被害者にポロポロと流す涙、人間味溢れる情の深さには胸が痛みます。

過去と現在は繋がってるというコピー通り、無線機での交信はなかなかの斬新さ。
その無線機がイ・ジェハンのものであり、当のイ・ジェハンは失踪扱いになっています。
彼が自分や家族を残して失踪するなんて信じられないチャ・スヒョンは15年もの間ずっと、白骨死体が出てくるたび確認に訪れています。
今はチームを率いる刑事ですが、昔はジェハンを慕う新米女刑事、
ホントにこの先刑事としてやっていけるのか心配になるほどでした。

観終わってもしばらくあとひきます。
なぜ、イ・ジェハンだったのか、パク・ヘヨンでなければならなかったのか、久しぶりに見応えのあるドラマでした。
セリフのひとつ、ひとつも見逃せない、そこにも数々のヒントがあります。
謎が明かされていくたび幾度も感じたゾクゾク感、まるで映画のような極上のサスペンスでした。
事件の真実にたどり着いた時、そのたびにハッとした衝撃を何度も味わい、胸をなでおろし、また無念に涙する。イ・ジェハン。彼に。。。
脚本、演出、俳優さんたちに多くの感動をもらいました。

役者3人の演技も、脚本も演出も素晴らしい。オススメ!!

投稿日

2017/02/27

レビュアー

ひよママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 過去と現在の刑事が相互に協力しながら活躍する本格派クライムドラマ。
過去と現在をつなぐ無線の謎。無線でのやり取りから浮かび上がる事件の真実。真犯人。「見事に練られた脚本」で、「予想もつかない展開」。緊張が途切れず最後まで見られますよ。
 さて事件捜査の過程で過去の刑事ジェハン「チョ・ジヌン」と現在(いま)を生きる女刑事スヒョン「キム・ヘス」、プロファイラーのヘヨン「イ・ジェフン」らの関係が浮かび上がってくるのですが、事件解明の腕前は一級品の女刑事スヒョンの純情には涙がこぼれます。二人の刑事と捜査に関わりながら成長するヘヨンの姿も描かれ、じーんと胸に迫る事が多かったなあ。そして過去の刑事ジェハンを「チョ・ジヌン」が大熱演。熱血漢で本当に素晴らしい刑事なんですよ。(わたしは「ソル薬局の息子たち」のブルータス役からのファン。元から実力派で今では映画でも大活躍なんですが、こんな大きな役を、こんなに存在感をもって演じてくれて、本当に見ていて嬉しかったです。)
 脚本も演技も演出も素晴らしく、この年のドラマで「シグナル」をベスト1にあげる人が多いのもうなずけます。

ドラマの背景になったのは過去に韓国で起きた実話です。

投稿日

2019/01/26

レビュアー

サランヘ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

現在(2015年)を生きる刑事パク・ヘヨン(イ・ジェフンssi)と、35年前の過去に生きる刑事イ・ジェハン(チョ・ジヌンssi)が、古いトランシーバーで交信しながら迷宮入り事件を解決していくタイムスリップ型犯罪捜査ドラマです。
過去ではなんの効力もなかった物的証拠が現代の科学捜査では証拠として立証することができる。また、現代では過去の事件として伝えられていることも過去を塗り替えることによって食い止めることができる。そういった視点で事件を解決していく展開が斬新でした。
「犯人は誰なのか」というミステリー的な要素に加え、視聴者に恐怖感与えながら進んでいくサスペンス的な要素もあり、さらには、解決したかに見えてドンデン返しもあるという、サスペンス好きにはたまらない展開となっています。
映像的にも、過去を描いているシーンでは、アナモルフィックという技術で縦長に映し、現在のシーンと混乱しないように工夫されています。
キャストでもう一人、現在、過去のどちらの世界にも存在している刑事チャ・スヒョン(キム・ヘスssi)が登場します。過去の可愛いスヒョンと、現在の凛々しいスヒョンを見事に演じ分けた彼女、役どころも過去と現在をつなげる重要な人物として大活躍、さすがの存在感でした。

オマケ:本作は、2018年4月期フジテレビ系で「シグナル 長期未解決事件捜査班」としてリメイクされました。

面白い!はまった〜

投稿日

2017/07/06

レビュアー

ゆうゆ

脚本・演出・キャスティング、とても良いです。
1話終わるたびに続きが気になって気になって仕方なかったです。
たくさん仕掛けられた伏線もにしっかりと回収され、
「あーそこかー」「なるほどねぇ〜」と唸りっぱなし。
ドラマの中心となる3人の刑事ヘヨン ジェハン スヒョンの関係性も素敵でした。
特にパク・ヘヨンの人生に関わっていくイ・ジェハンの姿には涙、涙。

本当に面白いドラマです。



ゲショピン

投稿日

2021/02/09

レビュアー

辛口カレー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ラストがすっきりしない。まだ続くみたいで消化不良。

1〜 5件 / 全5件