ピートと秘密の友達

ピートと秘密の友達の画像・ジャケット写真
ピートと秘密の友達 / ブライス・ダラス・ハワード
全体の平均評価点:
(5点満点)

17

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ピートと秘密の友達」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「ピートと秘密の友達」 の作品情報

製作年: 2016年
原題: PETE’S DRAGON

「ピートと秘密の友達」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ピートと秘密の友達の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
103分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDP6438 2017年04月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
17枚 0人 1人

【Blu-ray】ピートと秘密の友達(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
103分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBP6437 2017年04月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:17件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全17件

少年と怪獣(ドラゴン)の友情物語

投稿日:2017/04/11 レビュアー:カマンベール

面白かったです。
アニメーションかと思ったら「ほとんど実写」です。

怪獣ドラゴンのエリオットだけがSFXで、そのほかは全て実写。
「ジャングルブック」は少年だけが人間の実写ですが、
この映画は怪獣だけがSFXという、変わり種ですね。

ある事故で4歳の少年ピートは深い森の中へ置き去りになります。
少年を助けて育てたのは伝説の怪獣ドラゴンのエリオットでした。

少年とドラゴンの楽しい生活は少年が人間に見つかったことにより、
崩れ去ってしまいます。
エリオットを見世物にしようとした人間に、麻酔銃を撃たれて
エリオットは捕獲されてしまいます。

エリオットの姿が可愛い。
翼のある緑色の体毛の「ティラノサウルス」ソックリなんですよ。
跳べる(ヒレのある大きな翼でドタドタ飛ぶ様子は、
ユーモラスです。

それにしても、さほど人里離れていない森で、跳ぶ、鳴く、空を飛ぶ
怪獣が発見されないなんて不思議てすね。
ファミリー向けです。
小学校低学年向きでしょうか?
でも、イイオバさんの私も楽しかったですよ。
ラストの展開は必見です。
「シン・ゴジラ」並みに派手ですよ。
こんなファミリー向け映画に御大のロバート・レッドフォードが
出ています。
本作の監督さんは次作に「ピーターパン」の実写を
撮る予定されてます。
ぜひごらん下さい。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ディズニー・アニメの実写化?(ドラゴンはCGだけど)

投稿日:2017/09/18 レビュアー:kazupon

物語の設定が微妙に違うようですが、ディズニーに「ピートとドラゴン(1977年)」というアニメがあります。
動画ポイントも使えるようなので、観れる環境にある方は、実写との見比べが可能ですね。
さて、本作に話を戻します。
ピートは、両親と森の中を車で走っている時、
急に飛び出して来た鹿を避けようとして事故に遭います。
森の中に一人取り残されたピートは、オオカミに襲われそうなところを、ドラゴンのエリオットに助けられます。
このエリオットの不細工なこと。
シュレックに翼を付けたみたい。
でも見慣れて来ると愛着がわきます。(笑)
6年の年月が流れて、ピートは11歳に成長していました。
もちろん、エリオットと一緒です。
森にも開発の手が伸びて、やがてピートとエリオットは町の人間に見つかってしまいます。
昔からドラゴン伝説があったようで、それを信じている人たちと、
片や「ドラゴンを捕まえて見世物にして一儲け」という輩。
エリオットが捕獲されてしまうシーンや、エリオット救出のシーンは見応えあります。
最後は、いつものエリオットからは想像できない力(能力)も披露してくれます。(ビックリ。)
一件落着してからのラストのシーンも感動。
ピートには新しい家族ができたけど、エリオットにも。
童心にかえって楽しみましょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

不細工なエリオットがかわいい良質のファンタジー

投稿日:2017/04/27 レビュアー:飛べない魔女

内容的にはジャングルブックに似ています。

幼いころ山奥に両親とドライブにきたピート。
事故により両親が亡くなり、一人生存した彼は山中をさ迷ううちに
大きな動物に助けられます。
それが伝説の緑のドラゴン。
ピートは自分が所持していた大好きな絵本『迷子のエリオット』から
彼のことをエリオットと名づけ、エリオットに守られながら6年という歳月を
山奥で過ごすことになるのです。
そして、ある日、人間が森林伐採のために、この山奥にもやってきて
当然ながら、騒動が起こります。

人間の身勝手さが招く自然破壊と惨事に警鐘を鳴らすと同時に
家族の大切さ、友達との友情、人の温かさなどをコンパクトに収めて
ディズニー作品らしい良質のファンタジーに仕上がっていました。
ロバート・レッドフォードが出ているのにはびっくりしましたが
彼の存在が作品をピリッと締めていたように思います。
エリオットの顔が決してかわいくなくて、獅子舞の獅子を想像してしまいましたが
不細工ところがまた可愛くて良かったです。
大人も子供も楽しめる作品ですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

少年とドラゴン

投稿日:2018/11/10 レビュアー:oyoyo

少年とドラゴンの交流を描いたディズニーのファンタジー。
優しく温かい気持ちにさせてくれる。

犬みたいなドラゴンは「ネバー・エンディング・ストーリー」を思い起こさせる。
ロバート・レッドフォードの優しいおじいちゃんは○
ストーリーはよくあるパターンだが安心して観てられるディズニー印。
主人公の子供達の演技力は高い。

スケールは小さいが、さすがディズニー。
ストーリーはテンポよく進み、あっという間の103分間。
観終わったあとで満足感がある。

少年が森の中を裸足で走るシーンは、どうやって撮影したのだろうか?
「ジャングルブック」みたいにCGでは無さそう。
普通に走ったら足の裏が傷だらけになるよね???
と、変なところを感心する(笑)

75点

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

優しい映画

投稿日:2018/09/21 レビュアー:勇光

ドラゴンがペットになって少年になつく話。イヌみたいな顔のドラゴンは「ネバーエンディングストーリー」に登場した竜みたい。あまりドラマ性はないが、アクションシーンがちょっとあり、子ども向けにできていて家内が喜んでいた。年とったロバート・レッドフォードがいい味をだしていた。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全17件

ピートと秘密の友達