四大名捕〜都に舞う侠の花〜

四大名捕〜都に舞う侠の花〜の画像・ジャケット写真

四大名捕〜都に舞う侠の花〜 / チャン・ハン

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

「四大名捕〜都に舞う侠の花〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

チャン・ハンとヤン・ヤン主演によるアクション歴史ドラマ第18巻。皇帝直属の特務機関・神候府には冷血、無情、追命、鉄手や姫瑤花たち女捕快が所属していた。ある日、冷血らは四大凶徒と呼ばれる4人の悪人を追い詰めるが…。第35話と第36話を収録。

「四大名捕〜都に舞う侠の花〜」 の作品情報

作品情報

製作年: 2015年
製作国: 中国
原題: 少年四大名捕/THE FOUR

「四大名捕〜都に舞う侠の花〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

シンデレラはオンライン中!

トロッコ

ボクとマウミの物語

台北発 メトロシリーズ この街に心揺れて

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

豪華な顔ぶれ ネタバレ

投稿日:2017/07/27 レビュアー:tainao7

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今中国で人気のあるチャン・ハン、ヤン・ヤンなどのイケメン四人が演じる都を守る「四大名捕」

リーダーの冷血(刀の名手)、飛び道具にもなる扇をあやつる無情、足技のすぐれた追命、石も砕く鉄手。

特殊な力を持つ四人の青年たちが、皇帝のめかけになるのを拒否して逃亡した秀女を捕まえるが、その女性の知恵や勇気に興味を持ち、刑罰の重さに同情して自分たちのいる神候府の召使いとしてかくまう。

感情を全く持たない冷血は、その女性にもつらくあたる。
冷血は狼毒の発作(オオカミ男に変身してしまう)に苦しんでいるが、実はそれを救うことが出来る唯一の存在(読心術の継承者)が、その女性だとわかる。

事件に巻き込まれていくうちに、心が通じ合って、彼女を必死に守ろうとする冷血。

一方、皇帝の弟は、婚約者を皇帝に奪われた憎しみから、国を滅ぼそうとしている。
彼の悪だくみと対決していく四大名捕の活躍が、結構楽しいです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

残念な作品

投稿日:2020/07/12 レビュアー:ザマミー

残念な作品。
中国さんの宮廷ドラマは殆どハズレが無いのに、今回はいつもと違い、スケールが小さく(韓国ドラマ並み)でガッカリしました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

想像と違った物語 ネタバレ

投稿日:2019/10/20 レビュアー:ぽむ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

特殊な能力を持つ4人である四大名捕が数々の悪人と激戦を交えながら難事件を解決するような物語なのかと思っていましたが、4人の恋愛ドラマでした(笑)
冒頭に四大悪党と特殊能力を発揮してのバトルがあったので視聴を続けたのですが、それっきり大した格闘シーンもなくそれぞれの特殊能力もお披露目がほとんどなく残念でした。
特殊能力の力もあって武術の達人であり四大名捕と呼ばれているわけですが、登場する悪者に苦戦を強いられていたりして四大名捕弱すぎです。
とくに毒使いの一派にはなすすべもなく蹴散らされて苦笑いが止まりませんでした。

ストーリー全般で盛り上がりに欠け、ダラダラと4人の恋愛話が続き、同じような出来事やセリフの連続でとにかく退屈でした。
長話の時代劇韓国ドラマや中国ドラマを観ていますが、あまり面白くない展開でも早送りとかはせずにすべて観るタイプですが、初めて途中スキップしました(笑)
1話45分程度ですけど業を煮やして飛ばして5分くらいしか観なくてもストーリーに穴が開いて見返すことはありませんでした(笑)

それと安殿下のチート能力が意味不明です。

ある2人の人物の血が無いと開かない魔窟の扉があり、その扉を開けるために安殿下が長い年月をかけてあの手この手で悪行をして、物語終盤にようやく開けることができたのに、その後閉まってしまった扉を四大名捕達の気迫の内功であっさり開いてしまうなら、チート能力がある安殿下なら長い年月をかけることなく自らあっさりと開けることができたんじゃないかと思います(笑)
素材は良いのに料理が残念なドラマでした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

四大名捕〜都に舞う侠の花〜

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

豪華な顔ぶれ

投稿日

2017/07/27

レビュアー

tainao7

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今中国で人気のあるチャン・ハン、ヤン・ヤンなどのイケメン四人が演じる都を守る「四大名捕」

リーダーの冷血(刀の名手)、飛び道具にもなる扇をあやつる無情、足技のすぐれた追命、石も砕く鉄手。

特殊な力を持つ四人の青年たちが、皇帝のめかけになるのを拒否して逃亡した秀女を捕まえるが、その女性の知恵や勇気に興味を持ち、刑罰の重さに同情して自分たちのいる神候府の召使いとしてかくまう。

感情を全く持たない冷血は、その女性にもつらくあたる。
冷血は狼毒の発作(オオカミ男に変身してしまう)に苦しんでいるが、実はそれを救うことが出来る唯一の存在(読心術の継承者)が、その女性だとわかる。

事件に巻き込まれていくうちに、心が通じ合って、彼女を必死に守ろうとする冷血。

一方、皇帝の弟は、婚約者を皇帝に奪われた憎しみから、国を滅ぼそうとしている。
彼の悪だくみと対決していく四大名捕の活躍が、結構楽しいです。

残念な作品

投稿日

2020/07/12

レビュアー

ザマミー

残念な作品。
中国さんの宮廷ドラマは殆どハズレが無いのに、今回はいつもと違い、スケールが小さく(韓国ドラマ並み)でガッカリしました。

想像と違った物語

投稿日

2019/10/20

レビュアー

ぽむ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

特殊な能力を持つ4人である四大名捕が数々の悪人と激戦を交えながら難事件を解決するような物語なのかと思っていましたが、4人の恋愛ドラマでした(笑)
冒頭に四大悪党と特殊能力を発揮してのバトルがあったので視聴を続けたのですが、それっきり大した格闘シーンもなくそれぞれの特殊能力もお披露目がほとんどなく残念でした。
特殊能力の力もあって武術の達人であり四大名捕と呼ばれているわけですが、登場する悪者に苦戦を強いられていたりして四大名捕弱すぎです。
とくに毒使いの一派にはなすすべもなく蹴散らされて苦笑いが止まりませんでした。

ストーリー全般で盛り上がりに欠け、ダラダラと4人の恋愛話が続き、同じような出来事やセリフの連続でとにかく退屈でした。
長話の時代劇韓国ドラマや中国ドラマを観ていますが、あまり面白くない展開でも早送りとかはせずにすべて観るタイプですが、初めて途中スキップしました(笑)
1話45分程度ですけど業を煮やして飛ばして5分くらいしか観なくてもストーリーに穴が開いて見返すことはありませんでした(笑)

それと安殿下のチート能力が意味不明です。

ある2人の人物の血が無いと開かない魔窟の扉があり、その扉を開けるために安殿下が長い年月をかけてあの手この手で悪行をして、物語終盤にようやく開けることができたのに、その後閉まってしまった扉を四大名捕達の気迫の内功であっさり開いてしまうなら、チート能力がある安殿下なら長い年月をかけることなく自らあっさりと開けることができたんじゃないかと思います(笑)
素材は良いのに料理が残念なドラマでした。

1〜 3件 / 全3件