グッドモーニングショー

グッドモーニングショーの画像・ジャケット写真
グッドモーニングショー / 中井貴一
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

17

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「グッドモーニングショー」 の解説・あらすじ・ストーリー

「踊る大捜査線」シリーズの脚本家・君塚良一がTVのワイドショーを題材に描いた笑撃のコメディ。落ち目のキャスターが陥る災難だらけの1日を追った抱腹絶倒のストーリー。主演の中井貴一をはじめ、長澤まさみ、時任三郎ら豪華キャストが顔を揃える。※一般告知解禁日:1月27日12:00

「グッドモーニングショー」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「グッドモーニングショー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

グッドモーニングショーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
104分 日:未定
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV27117R 2017年04月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
870枚 11人 12人

【Blu-ray】グッドモーニングショー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
104分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR27116R 2017年04月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
330枚 1人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:17件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全17件

意外にも真面目なテーマが潜在

投稿日:2017/04/17 レビュアー:ミルクチョコ

「踊る大捜査線」シリーズの脚本家、君塚良一監督によるコメディ。
中井貴一が次々と災難に見舞われる落ち目のニュースキャスター。

業界の第一線で活躍してきた君塚監督なので、テレビ局の裏事情が面白いです。
打ち切りが決まったワイドショーのキャスター澄田は、番組の生放送中に都内のカフェで起きた立てこもり事件の犯人に名指しで呼び出されます。仕方なく現場に急行した彼は、番組スタッフに隠しカメラを仕込まれ、マイク片手に犯人と対面します。

オンエア前の局内の慌ただしい様子が面白く、「マネー・モンスター」には及びませんが、TV放映の内幕と緊迫の生中継の対比が面白いです。
警察に制止されながらも、犯人の話を聞くうちに、澄田は犯人と自分の接点を知ります。そして、犯人の境遇を伝えられた澄田は、彼の本当の気持ちを引きだそうとします。
勘違い女子アナとの秘密も伏線となって生きてくる構成も良かったです。
コメディ色強そうだけど中身はかなり真面目なテーマが隠れていました。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

グッドモーニングショーネタバレ

投稿日:2017/10/26 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ワイドショーの司会者が人質立てこもり事件の犯人に会うように要求されて、現場で犯人と対峙する話。

 夜中に起きて出勤して朝のワイドショーで働く人たちの姿を見られる序盤は面白く見ることができました。単純に知らない世界を覗けて、新鮮な気持ちで忙しく働く人々を映していて面白かったです。

 ただメインの立てこもり事件が起こってからの流れがいくらコメディとはいえ無茶苦茶でついていけなかったです。隠しカメラを主人公に仕込んでそれを放送したりしてましたが、犯人にバレてもいいのだろうかとか思ったり。そもそも犯人の動機がよくわからず、ブラック企業に恨みを持っていて店長にリベンジしようとするけど、店長はもうその店にはいなくて仕方ないからワイドショーのアナウンサーを呼べ! という流れにどうしてなったのかわからなかったです。主人公のアナウンサーも過去に災害現場でふざけていたということがキズになっていて、それも女性アナウンサーが真相を知っていて「実は違うんです」というのもなぜ今になってその場で話すのかわからず、その時に言っておけば主人公の身の振り方も変わっていたんではなかろうかとか思っちゃいました。主人公と不倫疑惑の女性アナウンサーもなぜか放送中にそのことをやたらと告白しようと必死なのも理解できなかったです。そしてワイドショーは下世話で報道は各上という考えも一面的すぎて報道の人がきてやたらと偉そうにしているのも薄いキャラクターでした。

 警察も全く持って機能していなかったりでコメディとしてもイマイチだしサスペンスとしてもグダグダで退屈な100分間でした。


このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

朝のワイドショーの裏側

投稿日:2017/07/13 レビュアー:kazupon

大爆笑するような映画ではなかったけど、
毎朝観ているワイドショーの裏側が分かって楽しかったです。
びっくりしたのは、
「視聴者っていうのは、事あるごとにあんなにも直ぐにTV局に電話をするの?」
ってことでした。
私の感覚では、番組の内容は一方的にTVから提供されている気がしていました。
でも、TV局の立場では、視聴者が観たいと望んでいるものを取り上げているつもりなんですね。
今で言うなら「松居一代さん」とか「豊田真由子議員」なんでしょうが、どの番組も朝も昼も同じ内容ばかりで飽き飽きします。
さて、本題。
グッドモーニングショーのメインキャスター澄田(中井貴一)が、立てこもり事件の犯人から指名されます。
そして、立てこもり犯の西谷颯太(濱田岳)から謝罪を要求されるのでした。
当然、そこには緊迫した空気が流れるはずなのですが・・・
警察の意向とTVの現場担当者の意向(意地)
警察は、防弾チョッキやらヘルメットやらの装備を澄田に施すのですが、
そこにTVのスタッフは、さらに生中継のための装備を付け足すのです。
ここ、私のツボでした。
あの星がいっぱい付いた防弾チョッキ!(笑)
犯人の真の要求を探る一方で、TV局内においては報道とワイドショー間の攻防がありました。
また、メインキャスターの位置を巡る静かな戦いも。
コメディの中にちゃっかりと番組の裏側だけではなく、事件の裏側や人間模様も描かれていました。
笑いの要素は期待していたより全然少なかったけど、
観終わった後は何だかサッパリしていました。
最後の圭子ちゃん(長澤まさみ)のあの笑顔。
また、勘違いしちゃったみたいですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

TV生放送番組の裏側が面白おかしく描かれている。

投稿日:2017/06/23 レビュアー:oyoyo

各スタッフさん達が皆、イイ味出してます。

「伝えるべきもの」ではなく「視聴者の興味関心のあるもの」
それが重要なワイドショー。
そのワイドショーでの緊急生放送。
立てこもり犯がキャスターを指名。
その目的は?

テンポが良く楽しく視聴できました。

長澤まさみさんイタイ女が楽しい。
志田未来のキャスターぶりがとても巧い。
濱田岳のイッちゃってる感が最高。
いい役者さんですね。

結局あの封筒の中身はなんだったんだろう?

もう少し笑いたかったな・・・。

75点

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

TV番組が低俗なのは、視聴者のせい………

投稿日:2017/06/20 レビュアー:カマンベール

TV局のワイドショー制作現場の内幕暴露・・・という映画です。
朝のワイドショーのテレビ番組は、こういう仕組みで成り立っているのかが、よくわかって、そこのところは興味深かったです。
カンペが次々、キャスターの目の前に出てくるので、進行にもコメントにも困らないわけですね。
テレビに出ているアナウンサーとかって、もの凄く優秀なのかと思っていたけれど、さほどでもないみたい(トホホ)
中井貴一が演じる落ち目のキャスターは、立てこもり事件の犯人から、指名を受けて、現場へ行きます。
なんか、面白くなかった。
一回も笑うシーンがない。
かと言って「立てこもり犯人」に、命の危険・・・ハラハラも殺気も恐怖も感じない。
ぬるい映画です。
もうちょとコメディ映画かと思っていたので、期待はずれでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全17件

グッドモーニングショー