No.156 RANKING

逃げるは恥だが役に立つ

逃げるは恥だが役に立つの画像・ジャケット写真
逃げるは恥だが役に立つ / 新垣結衣
全体の平均評価点:
(5点満点)

6

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「逃げるは恥だが役に立つ」 の解説・あらすじ・ストーリー

海野つなみの同名漫画を新垣結衣主演でドラマ化した社会派ラブコメディ第3巻。家の中でぎくしゃくせずに済む解決法として、みくりは津崎に恋人同士になろうと提案する。そんなある朝、百合が風見を送り出すみくりの姿を目撃し…。第5話と第6話を収録。

「逃げるは恥だが役に立つ」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「逃げるは恥だが役に立つ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

逃げるは恥だが役に立つのシリーズ商品


1〜 6件 / 全6件

逃げるは恥だが役に立つ Vol.1

  • 旧作

海野つなみの同名漫画を新垣結衣主演でドラマ化した社会派ラブコメディ第1巻。求職中の森山みくりは、「誰からも必要とされない辛さ」を日々感じていた。父親の計らいで、彼女は独身の津崎平匡の家事代行として働き始めるが…。第1話と第2話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
102分 日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCED3358 2017年03月29日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
52枚 15人 10人

逃げるは恥だが役に立つ Vol.2

  • 旧作

海野つなみの同名漫画を新垣結衣主演でドラマ化した社会派ラブコメディ第2巻。自分の布団に残ったみくりの匂いに惑わされた津崎は、急に彼女に対して心を閉ざし始める。みくりは態度が急変した津崎の心理が分からず頭を抱える。第3話と第4話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
89分 日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCED3359 2017年03月29日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
61枚 7人 13人

逃げるは恥だが役に立つ Vol.3

  • 旧作

海野つなみの同名漫画を新垣結衣主演でドラマ化した社会派ラブコメディ第3巻。家の中でぎくしゃくせずに済む解決法として、みくりは津崎に恋人同士になろうと提案する。そんなある朝、百合が風見を送り出すみくりの姿を目撃し…。第5話と第6話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
89分 日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCED3360 2017年03月29日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
38枚 12人 9人

逃げるは恥だが役に立つ Vol.4

  • 旧作

海野つなみの同名漫画を新垣結衣主演でドラマ化した社会派ラブコメディ第4巻。社員旅行の帰り道にキスをされたみくりは、淡い期待を抱く。ところが、その後何もなかったかのように接する津崎の態度にみくりの不満は募っていく。第7話と第8話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
89分 日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCED3361 2017年03月29日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
36枚 11人 15人

逃げるは恥だが役に立つ Vol.5

  • 旧作

海野つなみの同名漫画を新垣結衣主演でドラマ化した社会派ラブコメディ第5巻。別居状態を脱出し、津崎と過ごす幸せをみくりは噛み締める。そんなある日、津崎の会社では社員のリストラが噂され、沼田があやしい動きを取り始める。第9話と第10話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
102分 日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCED3362 2017年03月29日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
37枚 24人 9人

逃げるは恥だが役に立つ Vol.6

  • 旧作

海野つなみの同名漫画を新垣結衣主演でドラマ化した社会派ラブコメディ第6巻。親友の安恵の誘いで副業を始めたことで、みくりは本職の主婦の仕事が手に付かなくなる。心の余裕のなさから、みくりは津崎にもきつく当たってしまい…。最終第11話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
57分 日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCED3363 2017年03月29日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
39枚 8人 25人

1〜 6件 / 全6件

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

超えてきた

投稿日:2017/02/26 レビュアー:ビンス

最近は、ドラマを録画してためて
一気に鑑賞するのが
一番楽しいドラマ鑑賞方法でしたが
このドラマは、ひょんなことから一話を観てしまい
そしたら二話目を我慢することができず
久しぶりの毎週鑑賞となりました。
そうさせるだけの力がありました。
設定の妙、そして新しさも良かったけど
一番はその設定・物語の中で
活き活きとしている個々のキャラクターの素晴らしさ
これに尽きました。
源くんの「箱入り息子の恋」から派生したような
イメージ通りの役柄
ガッキーの、可愛らしくないところが可愛らしいになる
色気のないところが色気になる
そういう誰も真似できないような神バランス
そしてたまに零れる珠玉の可愛らしさ
ギャップかよ!♪
「リーガルハイ」ではっちゃけまくって可愛いガッキーもいいけど
こういうガッキーもイイです。
そしてそこからのさらなるご褒美ステージ
ダブルメインと言ってもいい
エンディングのダンス・ダンス・ダンス
こちらでは笑顔満開
可愛らしさ超絶のガッキーが溢れております。
皆で踊るダンス
しあわせ空間のほんわか感
そりゃー年末に誰しもが踊りますよ
踊りますとも
主題歌の「恋」とドラマの相乗効果もバツグンで
誰にとってもWIN・WINなドラマになったのではないでしょうか
「恋」の歌詞にもありますが
このドラマは
「超えてきました」
面白かったです。

超えてきたと言えば
石田ゆり子さんの美しさ
可愛らしさも「超えてきてます」
年齢をかる〜〜く超えてきてます。
エイジレスであり
年齢を重ねるごとに輝き増してる。

このレビューは気に入りましたか? はい 18人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

コロナの今、ハグの日はどうしてんのかな?平匡とみくり

投稿日:2020/06/15 レビュアー:ポッシュ

(もろもろネタバレしています)

大ヒットしたドラマで今さらな感じですが、コロナの影響で今ちょうど放映されてるから
感想を書きとめておこうかと。
とにかく大好きなドラマでアホみたいにリピートして観ている。
ダンナに「あ、また観てる」って何度言われたか。
だって何度観ても面白いんだもの。

偽装結婚という設定自体はさほど新しくないけど、
35年彼女いない“プロの独身”津崎平匡と、分析癖と妄想癖が激しい“小賢しい女”森山みくり、
この2人のキャラクターはかなり新鮮だと思う。
きっと原作漫画が良いのだとは思うけれど(未読なので分からない)、
たぶん、それ以上に脚本と演出が上手いんじゃないかと想像する。

世間的には、やたらと「ムズキュン」とかって2人の恋模様ばかりが取り沙汰されるが、
このドラマの見どころはそこだけじゃない。ってか、なんでここまでムズムズさせるかねっていう
面倒臭くてフツーじゃない2人の生き方そのものが興味深いのだ。
平匡の抱える問題は、好きな相手に受け入れられたことがないという
「恋愛における自尊感情の低さ」(←心理学を学んだ、みくりの見立て)なのだけど、
実は、みくりも平匡と同様に自尊感情が低い。「小賢しい自分はいつも人から嫌われる」と
劣等感にさいなまれている事が最終話で明確になる。

事あるごとに心を閉ざしてしまう平匡。それでも、めげずに明るく時に「小賢しさ全開で」向き合って、
彼の心の扉を開けてくれた、みくり。
最終回では逆に、みくりが自分のカラに閉じこもってしまうのだけど、
「僕は開け方を知っている」と彼女に寄り添い、声をかけ、論理的に冷静に言葉を尽くして、
みくりの頑なになった心を溶かしてくれた平匡。
生真面目で風変りで、とびっきり素敵なカップル!えーん、思い出すと泣けてしまう。

脇のキャラクターもみんな魅力的なのだけど、ただ単にキャラとして楽しいだったり面白いだったり、
或いはカッコイイやステキだったり、そういう表層的なステレオタイプじゃないのですね。
それぞれの意思や考え方に魅力が感じられて、セリフにいちいち頷いてしまう。
印象深い言葉はいっぱいあるけど、一つだけチョイスするなら、みくりのお母さんのセリフ。
「運命の人なんていない。運命の人にするの」
・・・結婚は意志と努力で続けていくものだと、明るく天然な、あのお母さんが言うから余計に響く。

あとは、小道具の使い方の巧みさ!
平匡のマンションのベランダに飛んでくるジュウシマツ。
2羽の鳥が時に1羽になったり、強風にあおられた後で籠に入れられたり。主人公らのエピソードを補強する。
平匡の女性経験ゼロに気付いたみくりが買い物している時の「おかげさまで35周年」って横断幕。
旅行鞄にしのばせていたランジェリーショップの紙袋。前半の伏線が効いてて上手い。
とぐろターボ!!!(観た人限定ネタでごめんなさい)
初めてのキスのあとの、焼いた鱚(きす)!
お蕎麦食べたあとのゴミを片付けようとして弾き飛ばした輪ゴム!(観た人限定ネタでごめんなさい)
ロビと豚!(観た人限定・・・以下略)

ありがちではあるけど、スマホも大活躍でしたね。なにしろ面倒くさい人たちだから、
面と向かっては言いにくいことをメールで伝えあう。隣の部屋にいても。(笑)
そうそう、この時みくりが「何が正解か分からない」って悩むのが面白いと思った。
自分の気持ちを伝えるためじゃなくて、関係を続けていくために何を言えばいいのかって悩む。
(床をパタパタ叩いて悶絶するガッキーが超絶かわいい)

人間関係に正解・不正解を持ち込む感覚って、昭和世代にはちょっと不思議な感じ。
コミュニケーションなんて案外、一方通行のことが多くて、それでも関係性は成立してて
多少の齟齬(そご)があってもユルッと許し合うぐらいでエエんじゃないのとオバサンは思ってるのだけど。

秒単位で「いいね!」がカウントされたり、数時間単位で「既読無視」という否定を突き付けられたり、
今ってみんな、他人からの評価やリアクションに晒され過ぎなんじゃないかなぁ。
だから、自分の本当の気持ちや言いたい事はひとまず置いといて、正解を出したくなる。
ま、この時みくりちゃんが出した答えは、ちゃんと自分の想いも乗せられてて「大正解」だったのだけど。^^

言いたい事が多すぎて書ききれないので、そろそろ筆を置こうと思います。
こうやって延々と語っていられる作品っていうのは、個人的にイイ作品なのです。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ガッキー かわいいのぉ。

投稿日:2020/06/24 レビュアー:ロキュータス

ロキュの69日連続レビュー V  第16日

( ネタばれあり )
 「 ガッキー かわいいのぉ 」「 石田ゆり子 かわいいのぉ 」と60過ぎたおっさんがデレデレとして観ている様は、傍から見たらキモイことでしょう。
 でも恋ダンスそのままに、男の出演者も含めてカワイイ、さわやかで、軽やかで、ポップなこのラブコメディには萌え萌えで、撮りためていたのを再び一気見したのです。
 
 住み込みで家事をする森山みくり( 新垣結衣 )と雇用する津崎平匡(星野源)は偽装結婚契約を結ぶ。 しかし、ほんとうに結婚したのかいぶかる周囲に、より偽装工作を協力していくうちに、二人はほんとうの恋愛関係になっていくという「 ウソから出たマコト 」の、王道のラブコメの展開。

 軽やかなラブ・コメディと言っても、ただ人気俳優をブッキング、時にはバーターで合わないキャスティングするようなドラマと違って、笑いの法則「 緊張と緩和 」の「 緊張 」の部分がしっかりしていて、偽装を問う形で、「 結婚とは何か 」をストーリーの中にうまく織り込んでいると感じます。

 あらためて結婚とは契約であり、契約とは単に当事者同士の合意ではなく、神なり社会が介在して当事者を拘束する約束ごと。 夫婦は一心同体という建前で約束事がなあなあになりがち。
 慣習的には夫が外で働いて稼ぎ、かわいいお嫁さんが家事全般をして夫を支えるのを、世間は当然のこと、ほほえましいことと思いますし、一方で夫婦共働きで収入も家事も対等に分担するのが基本とする考えもあります。

 恋愛に不器用なカップルのドラマということでは「 デート 恋とはどんなものかしら 」を思い起こします。
仕事はできるが空気が読めず、いわゆる女子力が低い女と、高等遊民気取りのおたくで甲斐性のない男の不器用な恋。  男は仕事、女は家事の役割分担の考えから外れてます。

 「逃げ恥」の、家事労働を賃金計算して契約し、夫が雇用主、妻が従業員という二人の関係は、世の中の勤労夫と専業主婦の夫婦関係は対等でありうるのかを問うていますね。
 また高学歴者の就職難、派遣切り、リストラなどの現実も描いています。

 もう一つは高齢童貞・高齢処女を描いていますが、ひきこもり、生涯非婚率の高さなどとともに今の日本社会がかかえる現実です。
 アメリカではちょっと成り立たないか、ここまでヒットしない設定でしょうね。
 日本でも、森山みくり役、他の女優だったらどうでしょう。 上野樹里、長澤まさみ、蒼井優、吉高由里子だったら。  新垣結衣だから成り立った話という気がします。
 
原作は読んでいませんが、野木亜紀子の脚本がうまいのでしょうね。
 たとえば一例を挙げると、東日本大震災直後の、楽天ゴールデンイーグルスの嶋捕手のことばをパロディにしてみせたりとか。
 
愛がいらないわけじゃないのに、自尊感情が低いためなのか、人と交わるのが怖いのか、どうしてこう恋愛とか結婚のハードルが高くて、うまくできない人か多いのでしょうか。
 二人の不器用な恋に、笑いながらも、どこか共感したり、身につまされたりしてしまいます。
 こういう分析、スクエアなドラマの見方は他の人を萎えさせますが、森山みくりならわかってくれるでしょうか。

 理屈っぽく語ってきましたが、だからなのかラストの恋ダンスには、すべて忘れて解放され癒されるのです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

秘密の契約結婚、そして夫婦を超えていく?

投稿日:2017/07/20 レビュアー:kazupon

『逃げるは恥だが役に立つ』って
ちょっと変わったタイトル。
ハンガリーの諺なのだそうだ。
ドラマ内でこの諺についての説明があったけど
忘れてしまった。
と言うか、説明 難しい。(ドラマ観てね)
新垣結衣ちゃんと星野源さんなので
気にはなっていたけど 1話目 見逃した。。。
派遣切りに遭った森山みくり(新垣結衣)が
得意な家事能力を活かして家政婦に。
そして、自称“プロの独身”津崎平匡(星野源)の元で住み込みの家政婦になった。
夫が雇用主で、妻が従業員という「契約結婚」
今どき、こんな初心な男女がいるのかしら。
いや、いや。遅れて来た思春期なのかも。
みくりの妄想癖と現実のギャップ。
超真面目な津崎。
二人を取り巻く人々が、これまた個性的な人物ばかりで。
勘のいい津崎の同僚は、二人の不自然な関係に疑問を持つし
慌てた二人は「ハグの日」なんていうのを制定するし
見ていると凄くもどかしい。
契約なんぞに縛られていないで
自然に!心のままに!って
TVに向かってアドバイスしたよ。(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

全話一気に見れる

投稿日:2018/01/14 レビュアー:Sarah

女性経験なしのSEが本当の恋に目覚めるまでの物語。
女性に愛されることはない、とあきらめきっている主人公が、グイグイくるガッキーを好きにならないように必死でこらえる様が涙ぐましくもあり、笑える内容です。
主人公に幸せになってほしいと、願いつつ見るのですが、次々事件が起きたり予想外の展開があり、さらにその間にガッキーの妄想が入るので、久しぶりに声を出して笑えるドラマでした。
単純なハッピーエンドで終わらないところがイマドキ。カップルの現実を描いてあって、リアルでした。
殺伐としたところへ、また別カップルの恋も進展したりして目が離せず、最後まで全話一気に見てしまいました。
原作、脚本とも秀逸!

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

逃げるは恥だが役に立つ

月額課金で借りる

都度課金で借りる