マーベル/ジェシカ・ジョーンズ シーズン1

マーベル/ジェシカ・ジョーンズ シーズン1の画像・ジャケット写真

マーベル/ジェシカ・ジョーンズ シーズン1 / クリステン・リッター

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

「マーベル/ジェシカ・ジョーンズ シーズン1」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

解説・ストーリー

マーベルコミックスに登場するスーパーヒロインを主人公に描くアクションドラマの第1シーズン第5巻。N.Y.のスラム街、ヘルズ・キッチンを舞台に、心に傷を抱えた探偵、ジェシカ・ジョーンズが、過去と対峙し心理ゲームに挑む。第9話と第10話を収録。

「マーベル/ジェシカ・ジョーンズ シーズン1」 の作品情報

作品情報

製作年: 2015年
製作国: アメリカ
原題: JESSICA JONES

「マーベル/ジェシカ・ジョーンズ シーズン1」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅

バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 ファイナル・シーズン

ジョン・デロリアン

GALACTICA/ギャラクティカ 【転:season3】

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

マーベル/ジェシカ・ジョーンズ シーズン1 ネタバレ

投稿日:2017/02/17 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 常人より少し力持ちの探偵が、自分のことをストーキングする男と戦う話。

 スーパーヒーローものではなくて、スーパーヒーローになるまでの話が描かれていて主人公は力持ちではあるけど、特に強いというわけでもないのがヒーローものとして面白かったです。前半は探偵の主人公が依頼を受けて仕事をしていく。その中で【アベンジャーズ】が戦ったせいで家族を失った依頼人が出てきたりして、他の作品とクロスオーバーしているのも世界観に深みがあって楽しく見ることができました。最終話には【デアデビル】に出てきた看護士さんも出てきたり。

 話が特に面白くなるのはカタキ役のキルグレイブという男が登場してからで、彼は他人を何でも思い通りに動かすことができるというスゴ技の持ち主で、主人公の気持ちを何とか自分のものにしたいとストーカーとして動き回って、その能力と気持ち悪さの面白さで主人公より彼のほうが魅力的に感じてしまいました。

 主人公の親友のDJやヒーローのルーク・ケイジにヤク中の男がしだいに主人公の助手になっていく成長だったりカタキ役に操られていたけど、カタキ役を殺そうとしだいに危ない道にハマっていく警官だったりとドラマらしいキャラクターの背景が深く描かれるのもよかったです。

 ただ決着の仕方がなかなかあっけなくて、あれだったらもっと早くやっつけることができたのではないかと思ってしまう肩透かし感でした。

 とはいえ、他のマーベル作品のドラマも見たくなるシリーズでした。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

★チェック

投稿日:2020/08/25 レビュアー:★チェック

★チェック

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

困った・・・

投稿日:2017/03/20 レビュアー:栗実成毎度

びっくりするくらいつまらない
こんなの初めて
二枚レンタルで終了!

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

マーベル/ジェシカ・ジョーンズ シーズン1

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

マーベル/ジェシカ・ジョーンズ シーズン1

投稿日

2017/02/17

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 常人より少し力持ちの探偵が、自分のことをストーキングする男と戦う話。

 スーパーヒーローものではなくて、スーパーヒーローになるまでの話が描かれていて主人公は力持ちではあるけど、特に強いというわけでもないのがヒーローものとして面白かったです。前半は探偵の主人公が依頼を受けて仕事をしていく。その中で【アベンジャーズ】が戦ったせいで家族を失った依頼人が出てきたりして、他の作品とクロスオーバーしているのも世界観に深みがあって楽しく見ることができました。最終話には【デアデビル】に出てきた看護士さんも出てきたり。

 話が特に面白くなるのはカタキ役のキルグレイブという男が登場してからで、彼は他人を何でも思い通りに動かすことができるというスゴ技の持ち主で、主人公の気持ちを何とか自分のものにしたいとストーカーとして動き回って、その能力と気持ち悪さの面白さで主人公より彼のほうが魅力的に感じてしまいました。

 主人公の親友のDJやヒーローのルーク・ケイジにヤク中の男がしだいに主人公の助手になっていく成長だったりカタキ役に操られていたけど、カタキ役を殺そうとしだいに危ない道にハマっていく警官だったりとドラマらしいキャラクターの背景が深く描かれるのもよかったです。

 ただ決着の仕方がなかなかあっけなくて、あれだったらもっと早くやっつけることができたのではないかと思ってしまう肩透かし感でした。

 とはいえ、他のマーベル作品のドラマも見たくなるシリーズでした。

★チェック

投稿日

2020/08/25

レビュアー

★チェック

★チェック

困った・・・

投稿日

2017/03/20

レビュアー

栗実成毎度

びっくりするくらいつまらない
こんなの初めて
二枚レンタルで終了!

1〜 3件 / 全3件