KARATE KILL/カラテ・キル

KARATE KILL/カラテ・キルの画像・ジャケット写真
KARATE KILL/カラテ・キル / ハヤテ
全体の平均評価点:
(5点満点)

2

  • DVD
ジャンル:

「KARATE KILL/カラテ・キル」 の解説・あらすじ・ストーリー

『女体銃 ガン・ウーマン〜』の光武蔵人監督によるバイオレンスアクション。留学中の妹・マユミが音信不通になり渡米した空手家のケンジ。その頃、マユミは謎の組織に捕らわれていた。ケンジは妹を救うため、幼い頃の誓いを胸に組織に乗り込んでいく。※R15+

「KARATE KILL/カラテ・キル」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「KARATE KILL/カラテ・キル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: 光武蔵人
出演: ハヤテハヤテ紗倉まな亜紗美鎌田規昭

KARATE KILL/カラテ・キルの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
89分 日・英:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 KWX1883 2017年03月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
3枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

KARATE KILL/カラテ・キルネタバレ

投稿日:2017/03/09 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 妹がアメリカでカルト教団に捕まったので、お兄さんが古武術空手で戦う話。

 日本でフリーターだった主人公がアメリカの大男たちをバッタバッタとやっつけていくという爽快感で魅せる作品で気持ちよかったです。あまり見たことのない空手を見せてくれるので、それだけでも満足な1本でした。大勢と戦いながらだったり大ボスをやっつけるところでカメラがぐるっと回ったり、1番の強敵である剣豪との戦いが動き回るトレーラーの中だったり趣向を凝らした見せ方もよかったです。素手でどうやって弾丸と戦うのかという訓練シーンもよかったと思います。主人公がちゃんと訓練して成長していく姿。

 ただいかんせんお話の方は一本調子で妹を探して障害となる人たちをやっつけるだけだし、剣豪との戦いでピンチのときなぜかアドバイスするのが前半に出てきたカツラの木刀で襲ってくる男だったり、自衛官のヒロインも訓練するだけのためのようなキャラクターでもう少し魅力的にできなかったのかなと残念でした。

 とはいえ、小さいフリーターの日本人がなぜかめちゃくちゃ強いという設定で笑える映画で面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

梶原一騎の遺伝子

投稿日:2017/03/15 レビュアー:オッドジョブ

B級映画。なんだけど、よくあるB級とは一線を画していて「悪ノリ」とか「独自世界目指した」ではなく、製作側はクソ真面目に空手アクション映画を作っただけという感じ。一体何の目的で現代にこの映画を作ったのかは謎。

脚本(というか…)、演技(まあ…)、演出(なんだろう…)、音楽(すごいよ…)など全ての作り方が70年代の梶原一騎原作カラテ漫画を彷彿させる作りで、2016年の映画と思うと不思議な独自性はあるかもしれない。

アクション映画ではあるがアクション自体は楽しむほどのものではなく、むしろ70年代風カメラワークや千葉真一アクションに見えてくるパルクールの方が楽しい。エロも小細工なしにオッパイ出し一本勝負の潔さ。

梶原一騎の遺伝子がここまで綺麗に残っていることに感心する(褒めてる)。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

KARATE KILL/カラテ・キル

月額課金で借りる

都度課金で借りる