インフェルノ

インフェルノの画像・ジャケット写真
インフェルノ / トム・ハンクス
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

38

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「インフェルノ」 の解説・あらすじ・ストーリー

ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演、『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』に続くシリーズ第3弾。ウイルスで人類淘汰を目論む大富豪・ゾブリスト。ラングドン教授は彼の計画を阻止するため、ダンテの「神曲<地獄篇>」に隠された謎に挑む。※一般告知解禁日:2016年12月23日

「インフェルノ」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: アメリカ
原題: INFERNO

「インフェルノ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

インフェルノの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
121分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD81032 2017年02月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
183枚 7人 5人

【Blu-ray】インフェルノ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
121分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR81032 2017年02月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
76枚 4人 6人

関連作品

ユーザーレビュー:38件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全38件

サスペンスアクション色強し

投稿日:2017/02/03 レビュアー:ミルクチョコ

ハーバード大学の宗教象徴学者ラングドン教授は、数日分の記憶を失った状態で、フィレンツェの病院で目を覚まします。謎の襲撃者に狙われたラングドンは、美しい女医シエナ・ブルックスに助けられて病院を脱出。何者かから追われる身となったラングドンとシエナは、生物学者ゾブリストが人類増加問題の解決策として恐ろしい伝染病を世界に広めようとしていることを知ります。そしてゾブリストが詩人ダンテの叙事詩「神曲」の「地獄篇」になぞらえて計画を実行していることに気づき、阻止するべく奔走します。

美術品や歴史的建造物に隠されたミステリーに、アクションを盛り込みシリーズの醍醐味は健在。
神曲のモチーフに人口問題を絡めたストーリーは前2作とはやや毛色が違い、サスペンス色が強まった印象です。
ラングドンは、フィレンツェで何者かに襲われ、頭部を強打し負傷したことが原因で記憶が曖昧になり、彼の脳裏にフラッシュバックする陰鬱な幻覚と、地獄のイメージがまるでホラーように重なっていて、新たな見どころもあり。
いつものようにラングドンが、宮殿や大聖堂の抜け道を熟知していて、次々に暗号の謎を瞬時に解きながら、警察や敵の包囲網を駆け抜ける逃走劇はスピードが早くて、ついて行くのがやっとでした。
さらに後半であっと驚く展開があり、そこから一挙に緊張感が高まって面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 18人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

観てから読むか?読んでから観るか?

投稿日:2017/01/16 レビュアー:飛べない魔女

観てから読むか?読んでから観るか?
今回は前者をオススメします

正直一度観ただけでは理解出来ない部分がたくさんあると思います。
(私の頭がついていけてないだけ?)
原作を少し読んでいたので、
どうしても原作と比べてしまいましたが、
原作ではなんだかんだいろいろあって、なんだかんだ時間がかかる真実も
映画ではものすごいスピードであっという間に核心にぶち当たるので
そのスピード感についていくのには私の頭はおバカすぎました!
なので面白かったと素直に言えない自分がいるのです。
まあ、でも原作を途中で読むのを止めておいてよかったと思う。
真実を知らないで映画を観たほうが面白さは倍増するはずなので。

と、ここまでは映画館で見た直後にメモっておいた感想です。
その後、読みかけの原作本を読んだのですが、
なんと原作と映画は結末がぜんぜん違うのですね!
うーん、何故に映画は変えたのか?
まあ、このシリーズのいつもいえることですが、
あの分厚い原作小説をたったの2時間で収めるには
やはり変えないと終わらせられないっていう事情もあるのでしょう。
ベースのコンセプトは同じでも結末が違うと違った世界になります。

さあ、皆さんはどちらがお好みでしょう?

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まさかの悪役と、生物兵器の隠し場所。

投稿日:2017/03/23 レビュアー:カマンベール

悪役にはまんまと騙されました。
他にも、誰が味方か?分からないところは
面白かったですね。

このシリーズは、トム・ハンクス演じるラングドン教授の、
歴史や美術の知識で「暗号」を読み解く「謎解き」の楽しさと、
あとは観光名所巡り・・・
今回はフィレンツェ→ベネツィア→イスタンブールと周ります。

人類の人口が多いから、半分を(終盤では97%が死ぬって言ってました)淘汰する・・・
という終末思想。
これはイギリス映画「キングスマン」でも、サミュエル・L・ジャクソンが言ってたなあ〜。(嫌な感じ!!)

それにしても「名所」と「謎解き」の為とはいえ、
疫病を流行らせて「死」に至る「生物兵器」を、
あんなにも美しい場所(どことは言いませんが)に、
わざわざ隠すのでしようね!!
もちろん、映像の美的効果と、謎解きの難易度を上げるため・・・に
決まってますが、シラけますよね。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

インフェルノネタバレ

投稿日:2017/03/03 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 今度はラングドン教授は記憶喪失になっている状態でスタートして、人類爆発に対応するために殺人ウィルスをばらまかれるってんで、3度目の世界ふしぎ発見の旅に出る話。

 相変わらずの世界遺産の旅は視覚的に楽しくて観光映画として楽しめるシリーズはさすがの面白さでした。しかも今回は主人公のラングドン教授は何者かに襲撃されて記憶喪失になっているというハンデ。

 とはいえ、世界遺産についてのうんちくはまだまだ健在で知識を披露して次はあっちだ次はこっちだと観光地へといざなってくれます。

 ただ序盤から中盤は謎が謎を呼ぶ展開で結局何でこんな手の込んだことを彼らはやっているんだろう? と話が解決に向かっているのにさっきの件はなんだったっけ? とノイズになってしまってミステリーとして楽しめませんでした。画面は派手でアクション映画に近くなっていてそういった派手さで楽しめました。クライマックスの爆弾を巡ってのバトルなんかもハラハラドキドキしました。

 インド系の組織のドンみたいな人がいきなり殺し屋としてめちゃ強くて彼が最初は裏でいろいろ指示していたのに現場に現れて暴れまわって、なんでこうなったのかと説明をしますが、それを聞いてもよくわからなかったです。それに世界保健機構って、普通に銃で武装して追いかけてくるんだとかこの映画で初めて知りました。ダンテの権威であるという主人公の友人とかも主人公の幻覚で蛇に噛まれたり、監視カメラでデスマスクを一緒に盗んだあの教授はどこ行ったんだとか謎が謎を読んだまま終わりました。

 ヒロインが途中で交代したり主人公の記憶が良いポイントで突然思い出したり、いろんな人たちの思惑が入り乱れて最初から思い出してみると結局何でこんな行動をしていたのかわからなくなっていきますが、120分次から次に出来事が起こるので退屈せずに見ることができました。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「週刊歴史のミステリー」+「ムー」

投稿日:2019/08/26 レビュアー:ダイアー教授

この映画はフィクションです。
暗号はラングトン教授の極めて個人的な見解をもとに解読され、物語は進行します。
そもそも暗号なんてものが本当に隠されているのかも定かではありません。
実在の市街、建物内で撮影はされましたが、登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

しかし、信じるか信じないかはあたな次第です…!

シリーズの大ファンです。
とはいえ、原作は読んだことがなく、今後、読むつもりもありませんが、
映画は劇場、レンタル、テレビ放映とで何度も観ています。
※テレビ版の江原正士さんのアテレコが絶妙です。

世の中にはこの映画に対し、
史実と違う〜ッッ!科学的考証に反する〜ッッ!リアルじゃない〜ッッ!
って言う人もいるようですが、心が狭いですね

“宇宙人の住民票”の件で「たま出版」に抗議の電話をかけるようなものですよ。

この映画はフィクションです。真に受けてはいけません。 

作り話、与太話とはいえ、頭のいい人がお話を書いたのでしょう。
都市伝説と歴史、オカルトと科学を上手いこと融合させていると思います
「週刊歴史のミステリー」+「ムー」とでもいいましょうか?
いいとこ攻めてると思います!

知的好奇心をくすぐるネタも豊富です。
英語の“quarantine=隔離”の語源がイタリア語の“quarantena=40日”で、背景に黒死病(ペスト)があることをラングトン教授が教えてくれます。早速、このネタ合コンで使います。
“Minute to Midnight”が世界終末時計のことでLinkinParkの3rdアルバムってそういう意味だったのか〜ってのもこの映画で知りましたし、
ダンテの「新曲/地獄編」ってすげーって思いましたし…

あと、地球の人口問題の件は、口にしないだけで誰もが思ってることでしょうね。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全38件

インフェルノ