逆転裁判の画像・ジャケット写真

逆転裁判

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

「逆転裁判」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

カプコンの人気ゲームをTVアニメ化した謎解き法廷バトル第8巻。真宵が誘拐される事件が発生。コロシヤと名乗る犯人が成歩堂に要求したのは、藤見野イサオの殺害容疑で逮捕されたトノサマン丙役・王都楼真悟の無罪だった。第22話から最終第24話を収録。

「逆転裁判」 の作品情報

作品情報

製作年:

2016年

製作国:

日本

「逆転裁判」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督:

渡辺歩

関連作品

関連作品

恋は雨上がりのように

メジャーセカンド 始動!風林中学野球部編

映画のび太の結婚前夜/ザ☆ドラえもんズ おかしな お菓子な オカシナナ?/ドラミちゃんアララ少年山賊団!

彼女がフラグをおられたら

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

学級裁判のエピソードが好き

投稿日:2017/02/01 レビュアー:kazupon

2012年には映画版で、成宮寛貴さんが主人公の成歩堂 龍一を演じましたが、元々は、カプコンから出された法廷バトルゲームが原作です。
主人公の成歩堂龍一は、「綾里法律事務所」で新米弁護士としてスタートを切りますが、所長である綾里千尋が殺害されるという事件が起きてしまいます。
容疑者として浮かび上がってきたのは、千尋の妹の真宵でしたが、成歩堂が弁護し、無罪を勝ち取ります。
以降、真宵が助手として成歩堂法律事務所で一緒に活躍することになります。
法廷でのバトルの相手として御剣怜侍、狩魔豪、狩魔冥など、強烈な個性の持ち主が登場します。
成歩堂や御剣と幼馴染でおちゃらけたキャラの矢張や、「〜ッス」という語尾が特徴の糸鋸刑事も欠かせない登場人物です。
ゲームで遊んだことがある方には、法廷シーンの「異議あり!」や無罪判決の時の紙吹雪など、お馴染みのシーンも再現されているのが分かるでしょう。
テレビアニメということもあり、子供の視聴者を意識してか、ゲームよりもソフトな演出になっていました。
中でも、成歩堂、矢張、御剣の小学生時代のエピソードは、成歩堂が弁護士を目指すきっかけとなった出来事が描かれていて感動的でした。
ゲームでは、プレーヤーが成歩堂の分身のような感じで証拠集めをしたり、証拠を突き付けて被告を揺さぶったりするのですが、アニメではそういう訳にもいきません。
でも、成歩堂の弁護士としての一貫した姿勢が心地よいですし、陳腐な事件も後味が悪くなく、親子で気楽に観られると思います。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

逆転裁判

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

学級裁判のエピソードが好き

投稿日

2017/02/01

レビュアー

kazupon

2012年には映画版で、成宮寛貴さんが主人公の成歩堂 龍一を演じましたが、元々は、カプコンから出された法廷バトルゲームが原作です。
主人公の成歩堂龍一は、「綾里法律事務所」で新米弁護士としてスタートを切りますが、所長である綾里千尋が殺害されるという事件が起きてしまいます。
容疑者として浮かび上がってきたのは、千尋の妹の真宵でしたが、成歩堂が弁護し、無罪を勝ち取ります。
以降、真宵が助手として成歩堂法律事務所で一緒に活躍することになります。
法廷でのバトルの相手として御剣怜侍、狩魔豪、狩魔冥など、強烈な個性の持ち主が登場します。
成歩堂や御剣と幼馴染でおちゃらけたキャラの矢張や、「〜ッス」という語尾が特徴の糸鋸刑事も欠かせない登場人物です。
ゲームで遊んだことがある方には、法廷シーンの「異議あり!」や無罪判決の時の紙吹雪など、お馴染みのシーンも再現されているのが分かるでしょう。
テレビアニメということもあり、子供の視聴者を意識してか、ゲームよりもソフトな演出になっていました。
中でも、成歩堂、矢張、御剣の小学生時代のエピソードは、成歩堂が弁護士を目指すきっかけとなった出来事が描かれていて感動的でした。
ゲームでは、プレーヤーが成歩堂の分身のような感じで証拠集めをしたり、証拠を突き付けて被告を揺さぶったりするのですが、アニメではそういう訳にもいきません。
でも、成歩堂の弁護士としての一貫した姿勢が心地よいですし、陳腐な事件も後味が悪くなく、親子で気楽に観られると思います。

1〜 1件 / 全1件