日本で一番悪い奴ら

日本で一番悪い奴らの画像・ジャケット写真
日本で一番悪い奴ら / 綾野剛
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

28

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「日本で一番悪い奴ら」 の解説・あらすじ・ストーリー

北海道警察の元警部・稲葉圭昭の衝撃の告白本『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』(講談社文庫)を、「凶悪」の白石和彌監督が綾野剛を主演に迎えて映画化。崇高な志を胸に道警に入ったはずの主人公が、ノルマ達成のためにいつしか裏社会とズブズブの関係に陥り、やがては自らが悪そのものへと染まっていくさまを描く。柔道の実力を買われ北海道警察の刑事となった真面目な青年、諸星要一。しかし正義感はあるものの、本業の捜査現場ではまるで役立たず。そんな諸星に、先輩刑事の村井が“刑事は点数を稼がなければダメ”と諭し、裏社会に飛び込 JAN:4532612125049

「日本で一番悪い奴ら」 の作品情報

製作年: 2016年

「日本で一番悪い奴ら」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

日本で一番悪い奴らの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
135分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 CPDP12599 2017年01月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
156枚 10人 7人

【Blu-ray】日本で一番悪い奴ら(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
135分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 CPBP12600 2017年01月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
73枚 3人 6人

関連作品

ユーザーレビュー:28件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全28件

日本で一番悪い奴らネタバレ

投稿日:2016/11/04 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 北海道警の不祥事の稲葉事件をモチーフにした話。

 柔道の腕を買われて北海道警入りした主人公が真面目に仕事をするけど、悪い先輩にそそのかされて必要悪として拳銃を密輸したり、しまいには覚せい剤をさばいたりとヤクザみたいなことをしてのしあがっていく。

 主人公は純粋にノルマをこなしながら、少しの不正には目をつむって警察のために行動していくけど、しだいに孤立していって切り捨てられてしまう。何も知らない主人公がその世界のルールを知って、しだいにのし上がっていくストーリーで実際の事件をモチーフにしながらエンタメとして楽しく見られる130分でした。

 拳銃を挙げることを動機にしてそれのみの一点突破の主人公たち。それを正義と信じて疑わない姿が組織の中でうまく回るときは順調ですが、いったん見切られると四面楚歌になって崩壊していく姿が悲しかったです。

 ただこの手の主人公が成り上がってい最終的には崩壊していくジャンルでは、後半の主人公がいよいよ追い詰められていくところから退屈に感じてしまうことが多いですが、この映画もその法則にあてはまってしまっていて、追い詰められて特に何することもなく捕まるまでを過ごしているだけにしか見えず、大きい事件も起きないので退屈でした。130分も必要だったのかな? と思ってしまう映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

消しとけば良かったな〜

投稿日:2016/11/16 レビュアー:カマンベール

原作者の暴露本が話題になった頃、退職警察官の会合で、
警察幹部がポツリと漏らした言葉です。
聞いていた知り合いは、「警察組織とは恐ろしいところだ」と、
身が凍ったそうです。

現職の警部諸星要一(綾野剛)は、拳銃摘発の成績を上げるために、
ヤクザとツルんで、不法に拳銃を供出させます。
それは、警視庁の「拳銃摘発のキャンペーン」に後押しされ、
ホントか?嘘か?裏金が警視庁から道警へ流されたと言うのです。

この事件は2002年、今から14年前におおやけになりました。
地元である私の住む北海道では、上へ下への大騒ぎで、
連日、北海道新聞の三面トップを飾っていました。

ここが東京の警視庁の話だったら、どんなに全国区で騒がれたことかと残念でした。
「週刊文春」にキャンペーンを張って貰えたら・・・と、
心から残念でした。
地元の強みも多少はありました。
諸星絡みで消えた「摘発覚醒剤」の量が実際には、もっと多いのではあるまいか?

諸星が私服を肥やしてた件では、
愛人の婦警が高級マンションから、真っ赤なポルシェで出勤してたとか、
所有するマンションの居室が複数であった点、

映画は、原作者の暴露本にかなり忠実で、
諸星の罪は先輩のピエール瀧の悪影響から、悪に染まって行ったとか、
上司の成績至上主義の犠牲者である・・・とか、

もちろんその側面も多いかと思いますが、
諸星の出世したいといノンキャリの上昇志向も、
ハンパなかったと思われます。

とても娯楽作としてコメディタッチで、面白かったです。
映画館では不倫とオボシキ、筋物の異色カップルが多いという、
珍しい観客層でした(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

悪いやつ

投稿日:2017/03/11 レビュアー:たんたかたん

警察の不祥事をもとにしたドラマ。
かなり暗い物語のはずなのに深刻にしないで、どんどこ進めて気がつけばとんでもなく深刻な所に行ってしまう。今更どうにもなりません。やはり人の判断力なんて大した事なくて、法と秩序に従うことの大切さがわかります。
主役と取り巻きがどんどん悪事に手を染めていく様はとても楽しくて、本当にどうしようもない。犯罪者を相手にした世界とはかくも恐ろしいものかと考えさせられます。とはいえ悪事は悪事。長続きもしなければ、幸福にもなれません。
どこで間違えたのかわからないが、いつの間にかとんでもなく間違っている、正しかったものがいつの間にかダメになっている。そういう怖さのある秀作でし

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これ実話なんですね!最高に面白い!

投稿日:2017/01/18 レビュアー:ゆきんこ

北海道警で本当にあった事件というのが凄い。社会批判ものだけど、エンタメ性が高くて最後まで面白く見られます。ラストも悲壮には終わらないところが良かった。綾野剛の演技が圧巻です。覚せい剤って、本当に人間をダメにするんだなーという啓発映画にもなるんじゃないでしょうか。警察の不祥事って、本当にいっぱいあるので、この映画を見ただけじゃ警察のイメージは別に悪くならなかったです。警官も人間だし、サラリーマンなんだよなあ…と。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

実話だと思うと怖くなりました

投稿日:2017/05/05 レビュアー:スヌーピー

日本アカデミー賞を見ていてすごく見たくなり借りました。綾野剛さんの演技と見た目に驚きました。
イケメンな人なのに見ためもどんどん変わって、体系も中年のおじさんの感じもすごく出てました。

最初は本当にこの街をよくするために頑張ろうとしていたのに一つ間違えると人はこんなにも変わってしまうのかと思いました。拳銃摘発のため、ポイント稼ぐために本末転倒だなと思いました。拳銃摘発のために麻薬まで手を出して
ラストの終わり方も切なかったです。
綾野剛さんの演技力には感動しました。色々な作品に出てるけど毎回全然違う役を本人になりきっていてすごいなと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全28件

日本で一番悪い奴ら