ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行 <特別編>

ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行 <特別編>の画像・ジャケット写真
ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行 <特別編> / ザック・エフロン
全体の平均評価点:
(5点満点)

3

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行 <特別編>」 の解説・あらすじ・ストーリー

ザック・エフロンとアナ・ケンドリック主演によるコメディ。妹がハワイで結婚式を挙げることになり、同伴者を出会い系サイトで捜すマイクとデイヴ。一方、そのことを知ったタチアナとアリスは、この機に便乗してタダ旅行することを思い付き…。※R-15※一般告知解禁日:10月20日

「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行 <特別編>」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: アメリカ
原題: MIKE AND DAVE NEED WEDDING DATES

「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行 <特別編>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行 <特別編>の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
99分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 FXBR67400 2017年01月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

ザックにアダム、それにアナ、歌とダンスが楽しめる?と期待したのに

投稿日:2017/01/24 レビュアー:飛べない魔女

これは酷い。
下品すぎて引きます。
いくら下ネタが大好きなアメリカ人でも、これはやり過ぎ。
えげつない言葉のオンパレード。
言葉だけでなく、行動もお下劣きわまりないです。
せっかく、ザック・エフロン、アダム・ディヴァインにアナ・ケンドリックとうい
歌もダンスも上手なキャストを揃えたのに、ほんとがっくりです。
歌とダンスのシーンはほんのちょっと。
それもおふざけ程度ですもの。
もう終始空いた口がふさがらないとはこの映画のことです。
エンドロールに流れるカットになったシーン、
こちらは更にお下劣極まりなく、カットになって正解でしょう。
もうあそこまでやっちゃうと作っている人の品位を疑います。
ハチャメチャ、おバカコメディ。
でも、ちっとも笑えない。

最近のザックくんは、彼の才能をおもいきり活躍させる映画に出てないのが、
つくづく残念。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お色気とお下劣満載のコメディ。

投稿日:2017/01/18 レビュアー:カマンベール

「ハングオーバー」みたいなウェディング・ネタのコメディです。

家族のイベントというと、いつもブチ壊す
デイヴ(ザック・エフロン)とマイクの兄弟。
妹がハワイ挙式することになり、両親が出した条件は、
兄弟がきちんとしたパートナーを同伴すること。
ネットで募集すると大騒ぎになり、テレビ番組に出演する騒ぎに。
テレビを観ていたアリス(アナ・ケンドリック)とタチアナの策略に乗り、彼女たちを同伴することに決めます。
ところがふたりは「やりたい放題の女コンビ」
そこから、ハワイ島での大騒動が巻き起こります。

全体にテンションが高く、スピード感のある演出なので、
次から次へと事件が勃発。飽きさせません。
お下劣な上に、かなりのお色気シーン満載で、
すっぽんぽんの女性や、アナ・ケンドリックもお色気振りまいてくれます。
見る人次第ですね。
悪趣味と取るか?ぶっ飛んでてイケテルと取るか?
私はそんなに悪くはないと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アナ・ケンドリックのラリった顔がグッド

投稿日:2017/05/09 レビュアー:ノーザンダーク・ボム

アナ・ケンドリックは以前『ピッチ・パーフェクト』という映画を見て、おもしろい顔した女優さんだなと思ってた。
この映画を見たのも、アナ・ケンドリックの顔がなんとなくまた見たくなったから、というのが本音のところだ。

お話は、いつも人の結婚式を悪ふざけが過ぎてブチ壊してしまう兄弟の妹が、ハワイで結婚式を挙げることになり、また結婚式を潰されてはたまらないと思った両親から、「結婚式に出席するなら手綱を握ってくれる女性パートナーを連れてこい」と言われ、一般公募で選んだ無料ハワイ旅行目当ての女ふたりとハワイに行って、妹の結婚式に出席する、といった状況設定である。

つまらない映画じゃないが、ハワイに行ってからのストーリー運びがいまいちパッとしない。
ハワイに行くまでは、兄弟は妹の結婚式に出席するために女性パートナーを探すという目的があるし、女性チームは無料ハワイ旅行をなんとかゲットしたいという目的がある。
しかしハワイに行ってからは、メインのキャラクターたちから目的が失われてしまうので、どうも断片的なシーンをつなげたみたいな印象になってしまうのだ。

半分以上みたところで、そうかこの映画は、無茶苦茶やる兄弟の無茶苦茶ぶりを抑えるために女性パートナーをつけたところが、その女性パートナーふたりがさらに無茶苦茶やるタイプの女だったからさあ大変、という映画を作ろうとしたんだとやっと気がついた(遅えよ)。
しかしキャラクターたちのハッチャケぶりが足りないため、そういう映画にあまりなっていないのが辛いところだ(少しはなっている)。

これでもっと結婚式が今にも無茶苦茶になりそうな緊張感が終始漂っていれば、「結婚式を無事に終わらせる」という大筋の目的がはっきりして、ストーリー進行にももっと締まりが出たんじゃなかろうか。

お目当てのアナ・ケンドリックの顔はやっぱり至極おもしろくて、ラリった顔のアップ、夢に出そうなくらい素敵だった。
ああ、このカットを見るために俺はこの映画を見たんだなあ、としみじみ思ったが、結局それがこの映画一番のチャームポイントだったな。
それからもう一人の女、オーブリー・プラザはそこそこの発見だった。

まあ、暇つぶしにはなった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行 <特別編>

月額課金で借りる

都度課金で借りる