ジュラシック・リボーン

ジュラシック・リボーンの画像・ジャケット写真

ジュラシック・リボーン / ジェイソン・トビアス

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ジュラシック・リボーン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

絶滅したはずの恐竜が襲い来るSFパニックアクション。宇宙から隕石が飛来し、一攫千金を狙って現場へ向かったジョナスとラース。ふたりは大喜びで隕石を持ち帰るが、謎の翼竜たちに襲撃されてしまう。ジョナスたちが持ち帰ったのは、実は翼竜の卵で…。

「ジュラシック・リボーン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: アメリカ
原題: TERRORDACTYL

「ジュラシック・リボーン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

エアポート2017

エンディング・ワールド

ポセイドン・レックス

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

これは…

投稿日:2017/01/25 レビュアー:DAISUKE

ジュラシックパークとは全く別もの

借りない方が良いです

私は20分くらい観て止めました

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

B級モンスター・コメディ映画の佳作

投稿日:2018/04/22 レビュアー:みなさん(退会)

途中、主役の男2人の遣り取りが鬱遠しいが、結構楽しい作品だった。
まず、ヒロインのキャンディス役を演じた女優さんが“私好み”だってコト。(笑) 名前は、キャンディス・ニューンズ。南アフリカ出身で、これといった出演作品がない。フィルモグラフィを見ても、本作品と『ポセイドン・レックス』くらい。母国に帰ったかなぁ。
愛嬌のある顔立ちで、お尻が大きくて足が短い。たぶん、太ったオバアチャンになるんだろうけど、いまは丁度いいカンジ。(変態だな、オレ)

――宇宙から無数の隕石が落下する。それは、プテロダクティルスの卵だった。瞬く間に、翼竜の群れが地上を制してしまう。
米国のとある町。ジョナスは、バーで働くキャンディスから隕石が高く売れると聞いて、探しに出掛ける。しがない生活から抜け出し、密かに惚れているキャンディスと付き合いたかった。けれど、自分に自信が持てないジョナスは、吃音癖も相俟って、満足に彼女と話すことが出来ない。
途中、巨大な“鳥”に襲われたりしたものの、首尾良く隕石をゲットしたジョナスは、早速、キャンディスに見せに行くが、その頃には巨大な翼竜“プテロダクティルス”が町の上空に群れていた。
……というお話し。

隕石が恐竜の卵だった、という発想が面白い。(笑) 荒唐無稽だが、地球の中心に別世界があって太古の恐竜が暮らしているとか、琥珀に閉じ込められた蚊から恐竜のDNAを採取してクローンを作るとか、本質的には変わらないだろう。(ホントかよ)
日本なら、ここでゴジラやガメラが出て来るところだが、米国人は自主性が高いので、他力本願ではなく、自分で解決しようとする。軍や警察に連絡をして安全な場所に避難するのではなく、まずは武器を探す。自分で退治しようと考える。こんな国と戦争なんかしちゃいけないよなぁ。(苦笑)

『U.M.A/レイクプラシッド』のようなコメディ・タッチの作品なので、キャラが命である。その点、本作品は合格点。キャラが立っていた。
でも、残念なことに、どの登場人物にも既視感がつきまとう。特に、サンプソンというキャラは、『ゾンビランド』でウッディ・ハレルソンが演じたタラハシーを彷彿とさせる。
ジョナスとラースのおバカ2人組みは、『ビルとテッド』を持ち出すまでもなく、オタク系では定番中の定番。
ヒロインの親友がイケイケのオネエチャンってところも、有りがちだろう。家賃の心配するヒロインに、「あんた、まだお金で払ってるの?」というセリフには笑いました。(笑)

脚本を書いたのは、ドン・ビッターズ。自らメガホンも取っている。
主にヴィジュアル・エフェクト系の仕事をして来た方で、『テラノバ/未来創世記』をはじめとしてTVシリーズに多数携わり、その一方で『メイズランナー』や『クローバーフィールド/パラドックス』等の大作にも雇われている。
そのせいか、本作品のCGやVFXの仕上がり具合いは、かなり良い。このクラスの作品としては十分な出来映えではなかろうか。

ちなみに、プテロダクティルスとプテラノドンとは別モノ。
プテロダクティルスは、ジュラ期に棲息していた翼竜で、リュック・ベッソン監督の『アデル/ファラオと復活』に登場した。
プテラノドンは、『ジュラシック・ワールド』に出て来たヤツ。白亜紀の恐竜で、こちらの方がメジャーだと思う。
『プテラノドン』なんてC級激安映画があったが、あれに較べたら、本作品は眩しいくらいに良く出来ていた。(笑)

オススメ!

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょっとな〜

投稿日:2017/01/11 レビュアー:M.A

なんだかドタバタであまり面白くなかった
CGだか着ぐるみだかも迫力がないし登場人物は少ないし
低予算見え見え
銃で戦えるモンスター相手に全滅しちゃう軍隊とか警察って・・・
どちらかというとコメディーかな

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

酷い

投稿日:2017/03/05 レビュアー:pinno

間違えて借りてしまいましたが、そういった人が多いのではないでしょうか。しかも予告編などは飛ばせず、早送りで対処するしかありません。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

はぁ〜

投稿日:2017/03/03 レビュアー:NORIKO4061

B級映画とは判っていましたが
ここまで酷いとは…。

あらすじ解説。これを観させる文章力
プロはすごいですね

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

ジュラシック・リボーン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

これは…

投稿日

2017/01/25

レビュアー

DAISUKE

ジュラシックパークとは全く別もの

借りない方が良いです

私は20分くらい観て止めました

B級モンスター・コメディ映画の佳作

投稿日

2018/04/22

レビュアー

みなさん(退会)

途中、主役の男2人の遣り取りが鬱遠しいが、結構楽しい作品だった。
まず、ヒロインのキャンディス役を演じた女優さんが“私好み”だってコト。(笑) 名前は、キャンディス・ニューンズ。南アフリカ出身で、これといった出演作品がない。フィルモグラフィを見ても、本作品と『ポセイドン・レックス』くらい。母国に帰ったかなぁ。
愛嬌のある顔立ちで、お尻が大きくて足が短い。たぶん、太ったオバアチャンになるんだろうけど、いまは丁度いいカンジ。(変態だな、オレ)

――宇宙から無数の隕石が落下する。それは、プテロダクティルスの卵だった。瞬く間に、翼竜の群れが地上を制してしまう。
米国のとある町。ジョナスは、バーで働くキャンディスから隕石が高く売れると聞いて、探しに出掛ける。しがない生活から抜け出し、密かに惚れているキャンディスと付き合いたかった。けれど、自分に自信が持てないジョナスは、吃音癖も相俟って、満足に彼女と話すことが出来ない。
途中、巨大な“鳥”に襲われたりしたものの、首尾良く隕石をゲットしたジョナスは、早速、キャンディスに見せに行くが、その頃には巨大な翼竜“プテロダクティルス”が町の上空に群れていた。
……というお話し。

隕石が恐竜の卵だった、という発想が面白い。(笑) 荒唐無稽だが、地球の中心に別世界があって太古の恐竜が暮らしているとか、琥珀に閉じ込められた蚊から恐竜のDNAを採取してクローンを作るとか、本質的には変わらないだろう。(ホントかよ)
日本なら、ここでゴジラやガメラが出て来るところだが、米国人は自主性が高いので、他力本願ではなく、自分で解決しようとする。軍や警察に連絡をして安全な場所に避難するのではなく、まずは武器を探す。自分で退治しようと考える。こんな国と戦争なんかしちゃいけないよなぁ。(苦笑)

『U.M.A/レイクプラシッド』のようなコメディ・タッチの作品なので、キャラが命である。その点、本作品は合格点。キャラが立っていた。
でも、残念なことに、どの登場人物にも既視感がつきまとう。特に、サンプソンというキャラは、『ゾンビランド』でウッディ・ハレルソンが演じたタラハシーを彷彿とさせる。
ジョナスとラースのおバカ2人組みは、『ビルとテッド』を持ち出すまでもなく、オタク系では定番中の定番。
ヒロインの親友がイケイケのオネエチャンってところも、有りがちだろう。家賃の心配するヒロインに、「あんた、まだお金で払ってるの?」というセリフには笑いました。(笑)

脚本を書いたのは、ドン・ビッターズ。自らメガホンも取っている。
主にヴィジュアル・エフェクト系の仕事をして来た方で、『テラノバ/未来創世記』をはじめとしてTVシリーズに多数携わり、その一方で『メイズランナー』や『クローバーフィールド/パラドックス』等の大作にも雇われている。
そのせいか、本作品のCGやVFXの仕上がり具合いは、かなり良い。このクラスの作品としては十分な出来映えではなかろうか。

ちなみに、プテロダクティルスとプテラノドンとは別モノ。
プテロダクティルスは、ジュラ期に棲息していた翼竜で、リュック・ベッソン監督の『アデル/ファラオと復活』に登場した。
プテラノドンは、『ジュラシック・ワールド』に出て来たヤツ。白亜紀の恐竜で、こちらの方がメジャーだと思う。
『プテラノドン』なんてC級激安映画があったが、あれに較べたら、本作品は眩しいくらいに良く出来ていた。(笑)

オススメ!

ちょっとな〜

投稿日

2017/01/11

レビュアー

M.A

なんだかドタバタであまり面白くなかった
CGだか着ぐるみだかも迫力がないし登場人物は少ないし
低予算見え見え
銃で戦えるモンスター相手に全滅しちゃう軍隊とか警察って・・・
どちらかというとコメディーかな

酷い

投稿日

2017/03/05

レビュアー

pinno

間違えて借りてしまいましたが、そういった人が多いのではないでしょうか。しかも予告編などは飛ばせず、早送りで対処するしかありません。

はぁ〜

投稿日

2017/03/03

レビュアー

NORIKO4061

B級映画とは判っていましたが
ここまで酷いとは…。

あらすじ解説。これを観させる文章力
プロはすごいですね

1〜 5件 / 全5件