ゴーストバスターズ

ゴーストバスターズの画像・ジャケット写真

ゴーストバスターズ / メリッサ・マッカーシー
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

47

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ゴーストバスターズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

1984年に大ヒットした「ゴーストバスターズ」を、主演にメリッサ・マッカーシー、クリステン・ウィグら人気コメディエンヌ4人を起用してリブートした痛快ホラー・コメディ。専門の会社を立ち上げ幽霊退治に乗り出した個性的なダメダメ女子4人組が、ニューヨークを跋扈するゴーストたちを相手に自作の武器を駆使して立ち向かうさまをコミカルに描き出す。監督は「デンジャラス・バディ」のポール・フェイグ。ニューヨーク。名門大学で真面目に教鞭をとる物理学教授のエリン。ところが、彼女がかつて書いた心霊現象に関する本がネットに出回り、それがバレて最終的に大学を追われるハメに。原因はエリンの昔なじみで女性科学者のアビー。今も天才で変人の女性エンジニア、ジリアンをアシスタントに心霊研究を続けていたが…。 JAN:4547462109361

「ゴーストバスターズ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: アメリカ
原題: GHOSTBUSTERS

「ゴーストバスターズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

スイミング・プール

ファミリーズ・シークレット 秘密を抱えた家族

運び屋

CABIN

ユーザーレビュー:47件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全47件

2020年に新作公開ですって。

投稿日:2019/07/02 レビュアー:kazupon

監督:ポール・フェイグ(2016年・米・116分)

「ゴーストバスターズ」の女性版。
1984年版、1989年版のリブート作品です。
世間の評判はあまり良くなかったらしいですが、やはりそこは自分の目で確かめてみないと。
私の感想としては、世間の評判ほど悪くはないけど、オリジナルほどには楽しめなかったかな。
楽しめなかった一番の原因は、彼女たちの下品なセリフにあると思います。
面白かったのは、無駄にイケメン、マッチョなケヴィン(クリス・ヘムズワーク)のオトボケ演技。(エンドロールの彼、サイコー!)
地下鉄職員のパティも(途中から勝手に)ゴーストバスターズの一員になります。
大柄なパティは、窓から落ちそうになっているホルツマン(ケイト・マッキノン)の腕を掴みつつ、
霊に憑依されたアビー(メリッサ・マッカーシー)と闘う勇敢な女性で、彼女もカッコよかったです。
オリジナルのメンバーのカメオ出演もあり、お元気な姿が懐かしかったけれど、
スペングラー博士役のハロルド・ライミスは2014年に他界されたそうで、
エンドクレジットには「FOR HAROLD RAMIS」とありました。
*    *    *    *    *
2020年夏には、オリジナルのゴーストバスターズに繋がる物語が公開予定だそうです。
監督は、オリジナルで監督を務めたアイヴァン・ライトマンの息子、ジェイソン・ライトマン。(最近では、“タリーと私の秘密の時間”の監督)
リブート版には申し訳ないですが、オリジナルの流れを継ぐ新作に少なからず期待してしまいます。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

わかっていたのに

投稿日:2017/02/16 レビュアー:oyoyo

みなさんのレビューの評判が悪いので、ハードル下げて観ようと思いましたが
無理でした。
あの「ゴーストバスターズ」のリブートなんだから、面白くないわけない!と、
意思に反して期待は高まるばかり。
結果は・・・ダメでした。

もっと笑えるかと思ったが、それほどでもない。
テンポが悪い。
メリッサ・マッカーシーは好きだけど、キャラを生かされてない。
会話でストーリーを進めているのかってぐらい会話が多い。
それも、その会話が下品。
メリッサの出る他作品も下品なおしゃべりが特徴だが、下品ながらも面白かった。
なのに今作は、ただ下品なだけ。

名曲を使った音楽は雰囲気が盛り上がってイイ。
盛り上がったままテンポよく進めてほしかった。

リブート失敗!

50点

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

そんなに悪くないよ・・・とオバサンは思う

投稿日:2019/05/28 レビュアー:ポッシュ

オリジナルが制作された1980年代はSFX(特殊撮影)がウリの作品が続々と公開され、
とにかく“スゴイ映像”で魅せる!っていう時風があった気がする。
「ゴーストバスターズ」(1984)、「ターミネーター」(1984)、「エイリアン2」(1986)、
「ザ・フライ」(1986)などなど、SF作品が多かったですね。
宇宙空間や近未来世界、異形のクリーチャーなんかもリアルに表現できるようになった・・・
っていうのが大きかったのかな。

まぁ、そりゃ今も“スゴイ映像”って映画の一つの目玉ではあって、そういう見世物小屋的な楽しさは
映画の原型なんだろうとは思いますが。20世紀初頭アメリカの映画館、ニッケルオデオンの時代から
変わらない価値なのかもしれないと。

でも、今の時代の“スゴイ映像”って、ほぼほぼCGじゃーん!って萎える自分がいるのです。
「あー、またトム様がありえない距離ジャンプしてるぅー」とか、こうなるともう“映画の夢”ではなくて、
テクノロジーが可能にした「映画の中では当たり前の風景」で、驚きも感動もナイのです。
まぁ、“不可能な任務”を遂行するトム・クルーズは、わりと体張って生でやってたりするのですがね。
エライよね、あの方は。中高年の星だ・・・。

はい、アホみたいに長い前置きはここまでにして。

つまり、言いたかったのはオリジナルの「ゴーストバスターズ」は、そういう“スゴイ映像”として、
ゴーストを見せるのが主眼ではなかったのかと。(異論反論あるかもしれないけど)
それを今の時代にやるって、どうなの?って思ってた訳です。オバサンは。
ゴーストの映像?そんなのパソコンでちょちょちょっとやれば出来ちゃうでしょ?
(CGクリエーターなめんなよな暴言ごめんなさいよ)
だから観る気もしなかった。

でも、この度はケイト・マッキノン狙いですよ。彼女見たさに鑑賞。
・・・で。やっぱり彼女は面白かった!!
到底、物理学者なんかには見えないのだけど(笑)、登場シーンのマッド・サイエンティストっぽさ、
チョー怪しい目つき。天才かよ。

まぁ評判は散々ですが、私は楽しめました。
芸達者なコメディエンヌたちの掛け合いが面白くて、ずーっと、うひゃうひゃ笑ってた。
パトリック・スウェイジの映画ネタとか好き。
「2人でダーティに踊って、後ろからハグされて“ろくろ”を回すの」
「混ざってる、混ざってる!」・・・とか(笑)。
※自分は「お笑い」が好きなので、たぶん映画の正当な評価にはなり得てない。

受付係のイケメン君のおバカぶりがまた面白いのですが、これなんかは、いわゆるブロンド・ジョークを
皮肉っている訳ですよね。“セクシーなブロンド美女は頭が悪い”っていう偏見から
これまで数多の映画で、目の保養要員としてお飾り扱いを受けてきたセクシー美女の役柄を
まんま男でやってみせている。
クリス・ヘムズワースが嬉々として演じてるのが愉快痛快。
裸でサックスの写真とかバカみたいで最高です。エンドロールで流れるダンスも必見。

まぁ、表層的ではあるけど「女性たちが頑張ってまーす」ってところが、今これをやる意味に
なり得るのかなー。かろうじて(苦笑)。
オリジナルの「時代性を孕んだ軽み」に比肩・・・とまでは言えないかもしれないけど、
そんなに悪くないよ・・・とオバサンは思うのでありました。

ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、シガニー・ウィーバーの出演や、
ハロルド・ライミス(2014年に亡くなられているのですね)への献辞、
エンドクレジット後のセリフなどに、オリジナルへのリスペクトをひしひしと感じたしさー。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

今度はオバちゃん達が、ゴーストバスターズ!!

投稿日:2016/12/10 レビュアー:カマンベール

リプート成功だと思いますよ。
何回見ても楽しい。
4人のオバちゃん達は非モテ系で、しかも落ちこぼればかりです。
でも4人のコラボレーションが良いのか?
キャスティングが良いのか?
凄くヒネくれたセリフも効いてましたね。
1984年の「ゴーストバスターズ」も観てみました。
こちらは、興行成績歴代五位というオバケ映画なんですね。
流行りの「妖怪ウオッチ」が、「アーこのオバケもクルマもパクってる!!」と一緒に観ていた8歳の男の子が大興奮。
マシュマロ・マンなんか、今でも超有名なんですね!!
だからって言うのもなんですが、リプートされるの当然だし、
前作のイメージを壊された人には申し訳ないですが、
どちらも絶対に面白いです。
「ゴースト」のバリエーションは豊富だし、ラストの
ニューヨークのゴースト退治も今作は更にスケールアップ。
美女はまったく出て来ませんが、「お馬鹿な受付係り」が、
美女10人分以上のセクシーさと愛嬌を振りまいて、
爆笑ものでした。
クリス・ヘムズワースのターニングポイントになる映画かもですね。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

いいとこなし

投稿日:2016/12/26 レビュアー:勇光

やたらとしゃべくってばかりいる。ジョークを連発したい気持ちはよくわかったが、どれもつまらない。マイティー・ソーの兄さんがオバカな二枚目役で登場するが、これにいたっては何のために出ているのかまったく意味不明。エンドクレジットの後に続編をにおわすカットが入っていたが、続編はないだろう。
ビル・マーレイ、ダン・アイクロイド、シガニー・ウィーバーなどオリジナルのメンバーがチョイ役で出てくるが、なんだか気の毒だった。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全47件

ゴーストバスターズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:47件

2020年に新作公開ですって。

投稿日

2019/07/02

レビュアー

kazupon

監督:ポール・フェイグ(2016年・米・116分)

「ゴーストバスターズ」の女性版。
1984年版、1989年版のリブート作品です。
世間の評判はあまり良くなかったらしいですが、やはりそこは自分の目で確かめてみないと。
私の感想としては、世間の評判ほど悪くはないけど、オリジナルほどには楽しめなかったかな。
楽しめなかった一番の原因は、彼女たちの下品なセリフにあると思います。
面白かったのは、無駄にイケメン、マッチョなケヴィン(クリス・ヘムズワーク)のオトボケ演技。(エンドロールの彼、サイコー!)
地下鉄職員のパティも(途中から勝手に)ゴーストバスターズの一員になります。
大柄なパティは、窓から落ちそうになっているホルツマン(ケイト・マッキノン)の腕を掴みつつ、
霊に憑依されたアビー(メリッサ・マッカーシー)と闘う勇敢な女性で、彼女もカッコよかったです。
オリジナルのメンバーのカメオ出演もあり、お元気な姿が懐かしかったけれど、
スペングラー博士役のハロルド・ライミスは2014年に他界されたそうで、
エンドクレジットには「FOR HAROLD RAMIS」とありました。
*    *    *    *    *
2020年夏には、オリジナルのゴーストバスターズに繋がる物語が公開予定だそうです。
監督は、オリジナルで監督を務めたアイヴァン・ライトマンの息子、ジェイソン・ライトマン。(最近では、“タリーと私の秘密の時間”の監督)
リブート版には申し訳ないですが、オリジナルの流れを継ぐ新作に少なからず期待してしまいます。

わかっていたのに

投稿日

2017/02/16

レビュアー

oyoyo

みなさんのレビューの評判が悪いので、ハードル下げて観ようと思いましたが
無理でした。
あの「ゴーストバスターズ」のリブートなんだから、面白くないわけない!と、
意思に反して期待は高まるばかり。
結果は・・・ダメでした。

もっと笑えるかと思ったが、それほどでもない。
テンポが悪い。
メリッサ・マッカーシーは好きだけど、キャラを生かされてない。
会話でストーリーを進めているのかってぐらい会話が多い。
それも、その会話が下品。
メリッサの出る他作品も下品なおしゃべりが特徴だが、下品ながらも面白かった。
なのに今作は、ただ下品なだけ。

名曲を使った音楽は雰囲気が盛り上がってイイ。
盛り上がったままテンポよく進めてほしかった。

リブート失敗!

50点

そんなに悪くないよ・・・とオバサンは思う

投稿日

2019/05/28

レビュアー

ポッシュ

オリジナルが制作された1980年代はSFX(特殊撮影)がウリの作品が続々と公開され、
とにかく“スゴイ映像”で魅せる!っていう時風があった気がする。
「ゴーストバスターズ」(1984)、「ターミネーター」(1984)、「エイリアン2」(1986)、
「ザ・フライ」(1986)などなど、SF作品が多かったですね。
宇宙空間や近未来世界、異形のクリーチャーなんかもリアルに表現できるようになった・・・
っていうのが大きかったのかな。

まぁ、そりゃ今も“スゴイ映像”って映画の一つの目玉ではあって、そういう見世物小屋的な楽しさは
映画の原型なんだろうとは思いますが。20世紀初頭アメリカの映画館、ニッケルオデオンの時代から
変わらない価値なのかもしれないと。

でも、今の時代の“スゴイ映像”って、ほぼほぼCGじゃーん!って萎える自分がいるのです。
「あー、またトム様がありえない距離ジャンプしてるぅー」とか、こうなるともう“映画の夢”ではなくて、
テクノロジーが可能にした「映画の中では当たり前の風景」で、驚きも感動もナイのです。
まぁ、“不可能な任務”を遂行するトム・クルーズは、わりと体張って生でやってたりするのですがね。
エライよね、あの方は。中高年の星だ・・・。

はい、アホみたいに長い前置きはここまでにして。

つまり、言いたかったのはオリジナルの「ゴーストバスターズ」は、そういう“スゴイ映像”として、
ゴーストを見せるのが主眼ではなかったのかと。(異論反論あるかもしれないけど)
それを今の時代にやるって、どうなの?って思ってた訳です。オバサンは。
ゴーストの映像?そんなのパソコンでちょちょちょっとやれば出来ちゃうでしょ?
(CGクリエーターなめんなよな暴言ごめんなさいよ)
だから観る気もしなかった。

でも、この度はケイト・マッキノン狙いですよ。彼女見たさに鑑賞。
・・・で。やっぱり彼女は面白かった!!
到底、物理学者なんかには見えないのだけど(笑)、登場シーンのマッド・サイエンティストっぽさ、
チョー怪しい目つき。天才かよ。

まぁ評判は散々ですが、私は楽しめました。
芸達者なコメディエンヌたちの掛け合いが面白くて、ずーっと、うひゃうひゃ笑ってた。
パトリック・スウェイジの映画ネタとか好き。
「2人でダーティに踊って、後ろからハグされて“ろくろ”を回すの」
「混ざってる、混ざってる!」・・・とか(笑)。
※自分は「お笑い」が好きなので、たぶん映画の正当な評価にはなり得てない。

受付係のイケメン君のおバカぶりがまた面白いのですが、これなんかは、いわゆるブロンド・ジョークを
皮肉っている訳ですよね。“セクシーなブロンド美女は頭が悪い”っていう偏見から
これまで数多の映画で、目の保養要員としてお飾り扱いを受けてきたセクシー美女の役柄を
まんま男でやってみせている。
クリス・ヘムズワースが嬉々として演じてるのが愉快痛快。
裸でサックスの写真とかバカみたいで最高です。エンドロールで流れるダンスも必見。

まぁ、表層的ではあるけど「女性たちが頑張ってまーす」ってところが、今これをやる意味に
なり得るのかなー。かろうじて(苦笑)。
オリジナルの「時代性を孕んだ軽み」に比肩・・・とまでは言えないかもしれないけど、
そんなに悪くないよ・・・とオバサンは思うのでありました。

ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、シガニー・ウィーバーの出演や、
ハロルド・ライミス(2014年に亡くなられているのですね)への献辞、
エンドクレジット後のセリフなどに、オリジナルへのリスペクトをひしひしと感じたしさー。

今度はオバちゃん達が、ゴーストバスターズ!!

投稿日

2016/12/10

レビュアー

カマンベール

リプート成功だと思いますよ。
何回見ても楽しい。
4人のオバちゃん達は非モテ系で、しかも落ちこぼればかりです。
でも4人のコラボレーションが良いのか?
キャスティングが良いのか?
凄くヒネくれたセリフも効いてましたね。
1984年の「ゴーストバスターズ」も観てみました。
こちらは、興行成績歴代五位というオバケ映画なんですね。
流行りの「妖怪ウオッチ」が、「アーこのオバケもクルマもパクってる!!」と一緒に観ていた8歳の男の子が大興奮。
マシュマロ・マンなんか、今でも超有名なんですね!!
だからって言うのもなんですが、リプートされるの当然だし、
前作のイメージを壊された人には申し訳ないですが、
どちらも絶対に面白いです。
「ゴースト」のバリエーションは豊富だし、ラストの
ニューヨークのゴースト退治も今作は更にスケールアップ。
美女はまったく出て来ませんが、「お馬鹿な受付係り」が、
美女10人分以上のセクシーさと愛嬌を振りまいて、
爆笑ものでした。
クリス・ヘムズワースのターニングポイントになる映画かもですね。

いいとこなし

投稿日

2016/12/26

レビュアー

勇光

やたらとしゃべくってばかりいる。ジョークを連発したい気持ちはよくわかったが、どれもつまらない。マイティー・ソーの兄さんがオバカな二枚目役で登場するが、これにいたっては何のために出ているのかまったく意味不明。エンドクレジットの後に続編をにおわすカットが入っていたが、続編はないだろう。
ビル・マーレイ、ダン・アイクロイド、シガニー・ウィーバーなどオリジナルのメンバーがチョイ役で出てくるが、なんだか気の毒だった。

1〜 5件 / 全47件