ロング・トレイル!

ロング・トレイル!の画像・ジャケット写真
ロング・トレイル! / ロバート・レッドフォード
全体の平均評価点:
(5点満点)

12

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ロング・トレイル!」 の解説・あらすじ・ストーリー

人気ノンフィクション作家ビル・ブライソンのベストセラー紀行本をロバート・レッドフォードとニック・ノルティの共演で映画化したコメディ・ドラマ。全長約3500kmの“アパラチアン・トレイル”踏破という無謀な冒険に挑戦した悪友2人が、老体に鞭打ちながら繰り広げる珍道中の行方をユーモラスに綴る。監督は「だれもがクジラを愛してる。」のケン・クワピス。長年暮らした英国から故郷の米国へ戻り、悠々自適の生活を送る紀行作家のビル。平穏な毎日に物足りなさを感じてしまい、自然歩道“アパラチアン・トレイル”の踏破を思いつく。心配する妻を納得させるため、40年ぶりに再会した悪友カッツを旅の相棒に、意気揚々と出発するビルだったが…。 JAN:4547462108340

「ロング・トレイル!」 の作品情報

製作年: 2015年
製作国: アメリカ
原題: A WALK IN THE WOODS

「ロング・トレイル!」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ロング・トレイル!の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
104分 日・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 TWRD80960 2016年12月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
6枚 0人 0人

【Blu-ray】ロング・トレイル!(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
104分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 TWBR80960 2016年12月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
4枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

踏破を拒むのは老いか?クマか?

投稿日:2016/11/25 レビュアー:ミルクチョコ

ロバート・レッドフォードが主演・製作を務め、北アメリカ有数の自然歩道「アパラチアン・トレイル」踏破を目指すシニア男性2人組の旅を描いたロードムービー。

紀行作家のビル(ロバート・レッドフォード)はちらつく引退の文字を振り払うかのように、全長約3500キロに及ぶ米国の遊歩道アパラチアン・トレイル踏破にチャレンジ。40年ぶりに再会した悪友カッツ(ニック・ノルティ)と共に老骨にむち打って森を行くものの、突然の吹雪や熊の襲撃に見舞われます。けれど何故か過酷さは感じられません。
二人の珍道中は、途中で出会う変わった人々との交流も面白く、何かにつけ意見がぶつかるけれど、様々な事件に対して奮闘する二人の姿がユーモラスで笑えます。
目標を達成する事も大事だけれど、一日一日を大切にすることこそ、旅の醍醐味だと気付かされました。

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

大自然の中で、これまでの人生の重さを噛み締める

投稿日:2018/01/29 レビュアー:hinakksk

 過去にいわくのある、老境に入った友人ふたりが、数か月にわたる過酷なアパラチアン・トレイルに挑戦する姿を、ユーモアたっぷりに描いている。様々なハプニングに見舞われながら、歩いては休憩し、また歩いて眠る。起きるとまたひたすら歩く、というシンプルな話だが、ほとんどが雄大な自然を舞台にしているので、基本爽やか。鮮やかな緑が美しい。

 よくよく考えると、生きて無事に帰れたのが奇跡のような気もするけれど、人生そのものも、私たちが気づいていないだけで、奇跡のようなものなのかもしれない。

 ロバート・レッドフォードが予想以上に老けていたことには、少なからずショックを受けたが、踏みしめ歩いてきた人生の長さを感じさせ、来し方行く末に想いを馳せるこの映画の主役には、ぴったりだったかもしれない。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「不良ジジイ」と「真面目ジジイ」の珍道中!!

投稿日:2016/12/29 レビュアー:カマンベール

どのエピソードも想定内。
大雪、熊と遭遇、女難・・・特に新鮮では無いけど。
80歳近い主役のお二人(ロバートレッドフォードとニックノルティ)
30キロ近いリュック背負って歩けますか?
まず50kmも実測歩いて無い感じが有り有り・・なのです。

レッドフォード演じるビル・ブライソンさんは実名で高名な紀行作家
なんですね。
現在64歳でとっくに冒険からのリタイアを、しています。
この映画、予告で60歳を超えた紀行作家の・・って言ってますからね!!
景色・・時々絶景でした。
これもツギハギ感多いに感じます。
ビジュアル的には真面目紳士のロバートレッドフォードと、
アル中、女好き、金無しの不良爺ィのニックノルティ。
中々味の有るコンビでした。
あんまり笑えないけど、そこそこ楽しいかな?

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マヌケな映画

投稿日:2019/12/15 レビュアー:勇光

冒頭でなにかのテレビ番組に出演した作家のレッドフォードに対して司会者がからかうようなことを言うのだが、何言ってるのかよくわからない。で、その司会者に小ばかにされたこともあってか3,500kmのトレッキングに挑戦することとなるのだが、出発するまでがやけに長い。こりゃあ真面目につくってないなと思ったら予想通りインチキまるだし。同行するニック・ノルティは120kg以上の大デブで、どう見ても100m歩くのがやっと。最初の400mでゼイゼイ言うのだが、すでにウソくさい。で、そこから10日間以上も歩き続けたような感じの話になってるが、ベチャクチャしゃべり続けるレッドフォードとニックが元気すぎる。まったく歩いていないのがまるわかり。2人とも100リットルくらいのリュックサックを背負っているのだが、やけに軽そう。食糧や水を詰め込んだら25kgにはなるはずなのだが、どう見ても5kg以下。たぶん中身はスポンジ。で、やかましい中年女と道連れになったり、川を渡ったり、町に出てモーテルに泊まったり、コインランドリーで洗濯したり、クマに遭ったり、崖から落ちたりするのだが、全部ウソまるだし。とくにひどいのが崖。5mくらい落ちただけなのだが、その下は真っ平らなテラスになっていて、2人が落ちた斜面だけが土になっている。まわりは全部岩なのに・・。
何を見せようと思ってつくった映画なのかまったくわからなかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

じじい頑張る、を楽しく観る作品

投稿日:2018/08/20 レビュアー:Yohey

あんなに格好良かったレッドフォード、体型が崩れてるわけではないんだけど、なんかじじいになった姿は観たくないよなあ。なんだろう、うまい枯れ方をしていないんですよね。しっかりしているのに、痛々しさを感じてしまう、なんだろうか、これ。

でもまあ、作品としては面白かったです。じじいの自然道の踏破話。なにがあるわけじゃないけど、ロードムービーの良さがありました。レッドフォードが一人で海の上であたふたする冒険譚の映画もあったけど、あれよりはずっといい。娯楽映画になっていますもん。

ただロードムービー系ってそこの場所を疑似体験したいなぁ、なんて観終わったあと思うんですが、この作品は、じゃあ行きたいか、となると・・・無理だなぁ。だって・・・歩くだけでしょ・・・やっぱり主人公と同じく、こういうことに楽しさを見出だせない人はチャレンジすべきものではないな、という結論となりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全12件

ロング・トレイル!