貞子vs伽椰子

貞子vs伽椰子の画像・ジャケット写真
貞子vs伽椰子 / 山本美月
全体の平均評価点:
(5点満点)

22

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「貞子vs伽椰子」 の解説・あらすじ・ストーリー

「リング」シリーズの貞子と「呪怨」シリーズの伽椰子が対決するホラー。呪いのビデオを手にした女子大生・有里と、呪いの家に足を踏み入れた女子高生・鈴花。ふたつの呪いを解くため、呪いの家で呪いのビデオを観るという計画が実行される。

「貞子vs伽椰子」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「貞子vs伽椰子」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

貞子vs伽椰子の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
99分 日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR3475 2016年12月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,440枚 2人 3人

【Blu-ray】貞子vs伽椰子(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
99分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1273 2016年12月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
560枚 0人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:22件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全22件

もうやりつくしたからコラボ

投稿日:2016/12/04 レビュアー:ちょくせんばんちょー

面白かったが、ラストが最悪。

終わらせたく無かったんだねぇ。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白かった!怖くないけど…(^^;

投稿日:2016/10/06 レビュアー:みなみ

映画館にて鑑賞。白石晃士監督の久々の「大作」ということで、期待していました♪

面白かった〜!でも怖くなかったなー。怖かったのは冒頭のシーンだけ。
どちらかというと笑う方が多かったですね。
大作なのに、いつもの白石節だったのが嬉しかったです。
キャラが立ってるのもいいですねー(^^♪
少年たちが貞子の家に入るシーンは特に面白かったです。拍手してしまったくらい…
ラストはあっけなかったけど。

呪いの日数などの基本的な貞子のルールの設定が変わっていてびっくりしたけど、
エンドロールに「世界観監修 鈴木光司」とあったので、了承済みなんでしょうね(^^ゞ

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

捨て鉢になっていくヒロインの友人が印象に残りました。

投稿日:2016/12/06 レビュアー:コタロウ

リサイクルショップで購入したビデオデッキの中に入っていた呪いのビデオで
貞子に呪われることになった女子大生・有里と夏美。
伽椰子に呪われる女子高生・鈴花。
彼女達を救うため、霊能者・経蔵は「化け物には化け物をぶつける」ことにする!

グロや音ビックリで怖がらせず良かったです。
色物みたいなタイトルだけど、白石監督がきちんとした作品にしていると思いました。

夏美が受ける除霊のシーンが胡散臭くて好き。
貞子の呪いの強さが発揮されるシーンでもありました。
「えっ!そういう方法でっ?」と思ったけどw

「ミームが」「無意識の集合体が」と訳知り風な貞子好きの教授、
「サービスで呪いのビデオ付けときました」と罪悪感ゼロの鬼畜なリサイクルショップ店員、
盲目の少女とコンビを組む霊能者・経蔵など、登場人物も印象に残る人が多かったです。

ヒロイン有里の友人・夏美役が好演!
呪いから逃れるため、藁にもすがる感じで受けた除霊の衝撃的な失敗!
そして「みんな死んじゃえばいいのに」と発言するまでに…
とんでもない行動もしてしまいます。
最初は、甘えた感じの可愛い大学生だったのに…捨て鉢になった人は怖いです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

貞子vs伽椰子ネタバレ

投稿日:2016/10/03 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 呪いのビデオを見て貞子に呪われた主人公が呪いを解くために伽椰子の呪いももらって、2大幽霊を戦わせる話。

 貞子と伽椰子という有名なキャラクターはもはやお笑い要員になってしまってる状況の中、しっかりとホラー映画として正攻法に怖がらせる映画になっていてよかったです。ちゃんとお化け屋敷映画として見ることができました。

 メインは貞子の呪いが描かれて、貞子の呪いを解くために頑張るという展開が続きます。けど、もうシリーズを見ている人が見る映画だと思いますが、ちょっとテンポが悪い印象でした。基本、幽霊がアタックしてきて怖がる。というリアクションの部分がキモだと思いますが、幽霊がアタックしてくれないと話が進まなくて、待ちの展開が多いのが退屈の原因だと思いました。中盤から凄腕の霊媒師コンビみたいなのが出てきて、彼らが呪いをどうやって解くのかというところからやっとこさ話が転がり始めていたようでした。

 あとは仕方ないですが、【リング】にあった日本のじめっとしたような怖さとか【呪怨】の畳み掛けるような恐怖シーンとかもなくなってしまったのが残念でした。それでいて、1番楽しみにしている貞子と伽椰子の対決シーンは最後の最後までないし、暗くて何をしているのかよくわからないしで、クライマックスの最初の戦いである俊雄クンVS貞子が「待ってました」感が1番盛り上がりましたが、あとは失速してしまって残念でした。

 それに【リング】の見たら7日間で死ぬというルールが微妙に変わっていたり、呪いのビデオも全く違ったものになっていたり、【呪怨】の舞台になる家が変わっていたりとシリーズファンからするとそういう違いが気になってもしまいました。

 とはいえ、途中に出てくる霊媒師さんたちが貞子の呪いに襲われるシーンとかでの頭突きとか俊雄クンに飛びつかれて死んだりする人のリアクションが面白かったり、クライマックスで霊媒師さんがどうやって呪いを解くのかと思っていたら「お前たちどっちかには犠牲になってしまう」という無茶苦茶なことをさらっと言ったりと凄い展開が面白い映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

もはや怪物wwww

投稿日:2016/10/02 レビュアー:四十肩六郎

日本のホラーブームを巻き起こした、二大作品の共演。

貞子も伽椰子もジワジワとくる恐怖を与え、最後にドッカーーンって感じだったのに、
今作ではバンバン殺していきますwwww
もはやドキドキ感は皆無です。

内容は白石監督の『カルト』って映画と同じ流れです。
ガラの悪い霊能力者が登場し、困っている人に手を貸すみたいな。
これにはちょっと、残念。

ラストは予想できる感じですが、続編を匂わすが、あーなっちまったら、もう笑いの方向にいくでしょうね。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全22件

貞子vs伽椰子