マーベル/デアデビル シーズン1

マーベル/デアデビル シーズン1の画像・ジャケット写真

マーベル/デアデビル シーズン1 / チャーリー・コックス

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

旧作

「マーベル/デアデビル シーズン1」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「マーベル/デアデビル シーズン1」 の作品情報

作品情報

製作年:

2015年

製作国:

アメリカ

原題:

DAREDEVIL

「マーベル/デアデビル シーズン1」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ユーリカ 〜地図にない街〜 シーズン3

マザーズデイ

マッドメン シーズン7−THE FINAL−【ノーカット完全版】

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン4

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

マーベル/デアデビル シーズン1 ネタバレ

投稿日:2017/05/09 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 昼は弁護士、夜はマスク男として法律で裁けない相手をボコボコにする主人公がデアデビルになるまでの話。

 有毒物質を子どものときに浴びて失明してしまって以来、相手の心臓の音で動きとか心まで読める能力を手に入れて、法律は完璧ではないと暴力を使っている。そのことを悩んで教会で懺悔したりして、街を支配する相手となるフィスクという人間も恋人がいて、部下であり友人でもある人間がいたりして結構人間的に描かれていきます。話は基本暗いし映像も夜の中に黒い衣装の主人公が暴れるので見えにくいです。

 けど、登場人物が固まってきてからの後半は怒涛の展開で続きが気になるドラマでした。主人公は目が見えないといいながらもビルの屋上を飛び跳ねたり飛び乗ったりと目が見えているんじゃないかというくらいの動きでした。

 ロシアンマフィアにジャパニーズヤクザにチャイニーズマフィアにと敵対する組織を1つずつ潰していきながら、マスコミや警察も買収されている世界でどうやって戦うのかを楽しみながら見ることのできました。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

正直期待はずれ

投稿日:2016/12/14 レビュアー:okamoto4731

前評判が良かったので期待していたのですが、がっかりです。
まず、先に述べておくと、このデアデビルは映画アベンジャーズの延長や予習目的として見る必要はありません。

世界観は映画「アベンジャーズ」やテレビドラマ「エージェントオブシールド」などと同じMCUの世界観を共有していますが、それが活かされる場面はほぼありません。
むしろ、MCU世界観を使う理由が見当たりません。
おまけに、マーベルスタジオから発表されているロードマップでは、他のネットフリックス系のマーベル作品と合流予定はありますが、2020年のアベンジャーズに合流予定は無いようです。
ですから、マーベルスタジオ映画の事前知識として見る価値は、一切ありません。
ドラマの出来としても、フラッシュやアローといった近年のヒーロードラマの高水準な出来を鑑みると普通かそれ以下です。
自分としては、これを継続して見る理由が思いつきませんでした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

映画と比較したい・・

投稿日:2016/09/27 レビュアー:くまみ

映画のデアデビルは良かった・・
ドラマ版はどうかな

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

★チェック

投稿日:2020/09/17 レビュアー:★チェック

★チェック

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

マーベル/デアデビル シーズン1

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

マーベル/デアデビル シーズン1

投稿日

2017/05/09

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 昼は弁護士、夜はマスク男として法律で裁けない相手をボコボコにする主人公がデアデビルになるまでの話。

 有毒物質を子どものときに浴びて失明してしまって以来、相手の心臓の音で動きとか心まで読める能力を手に入れて、法律は完璧ではないと暴力を使っている。そのことを悩んで教会で懺悔したりして、街を支配する相手となるフィスクという人間も恋人がいて、部下であり友人でもある人間がいたりして結構人間的に描かれていきます。話は基本暗いし映像も夜の中に黒い衣装の主人公が暴れるので見えにくいです。

 けど、登場人物が固まってきてからの後半は怒涛の展開で続きが気になるドラマでした。主人公は目が見えないといいながらもビルの屋上を飛び跳ねたり飛び乗ったりと目が見えているんじゃないかというくらいの動きでした。

 ロシアンマフィアにジャパニーズヤクザにチャイニーズマフィアにと敵対する組織を1つずつ潰していきながら、マスコミや警察も買収されている世界でどうやって戦うのかを楽しみながら見ることのできました。

正直期待はずれ

投稿日

2016/12/14

レビュアー

okamoto4731

前評判が良かったので期待していたのですが、がっかりです。
まず、先に述べておくと、このデアデビルは映画アベンジャーズの延長や予習目的として見る必要はありません。

世界観は映画「アベンジャーズ」やテレビドラマ「エージェントオブシールド」などと同じMCUの世界観を共有していますが、それが活かされる場面はほぼありません。
むしろ、MCU世界観を使う理由が見当たりません。
おまけに、マーベルスタジオから発表されているロードマップでは、他のネットフリックス系のマーベル作品と合流予定はありますが、2020年のアベンジャーズに合流予定は無いようです。
ですから、マーベルスタジオ映画の事前知識として見る価値は、一切ありません。
ドラマの出来としても、フラッシュやアローといった近年のヒーロードラマの高水準な出来を鑑みると普通かそれ以下です。
自分としては、これを継続して見る理由が思いつきませんでした。

映画と比較したい・・

投稿日

2016/09/27

レビュアー

くまみ

映画のデアデビルは良かった・・
ドラマ版はどうかな

★チェック

投稿日

2020/09/17

レビュアー

★チェック

★チェック

1〜 4件 / 全4件