アイアムアヒーロー

アイアムアヒーローの画像・ジャケット写真

アイアムアヒーロー / 大泉洋
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

55

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「アイアムアヒーロー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

花沢健吾の大ヒット・ゾンビ漫画を大泉洋、有村架純、長澤まさみの共演で実写映画化したパニック・アクション大作。ある日突然、謎の感染によってZQN(ゾキュン)と呼ばれるゾンビが街に溢れた日本を舞台に、冴えない漫画家アシスタントの男が、偶然出会った一人の女子高生を守るために死力を尽くして繰り広げる決死のサバイバルの行方を描く。監督は「GANTZ」「図書館戦争」シリーズの佐藤信介。漫画家アシスタントとして最低な日々を送る35歳の鈴木英雄。ある日、徹夜仕事から帰宅した英雄は、異形の姿に変貌した恋人に襲われかける。辛くも逃げ出した英雄は、やがて謎の感染によって人々がZQN(ゾキュン)と呼ばれる異形の者へと次々に変貌し、日本中がパニックに陥っていることを知るのだったが…。 JAN:4562475281064

「アイアムアヒーロー」 の作品情報

作品情報

製作年: 2015年
製作国: 日本

「アイアムアヒーロー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

姉ちゃんの恋人

偉人の来る部屋 Vol.2

小林賢太郎新作コント公演 カジャラ♯1 『大人たるもの』

山田太郎ものがたり

ユーザーレビュー:55件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全55件

日本映画の常識を覆すゾンビ映画

投稿日:2016/10/18 レビュアー:ミルクチョコ

冴えない漫画家アシスタントの主人公・鈴木英雄(大泉洋)が、謎のウィルスによって「ZQN(ゾキュン)」と呼ばれるゾンビと化した人々に襲われ、逃亡の道中で出会った女子高生の比呂美(有村架純)と、元看護師の藪(長澤まさみ)とともに不器用に戦いながらも、必死でサバイバルしていく姿を描きます。

ゾンビ映画が、予想外のヒットしてるのは、やはり次々にやっつけていく爽快感が良いのでしょうか?
対ゾンビ戦とはいえ、銃撃戦や大虐殺など、血肉が飛び散る容赦ないグロ演出には、ビックリしてしまいます。
ゾンビ感染の広まった都市から高所では感染しないという情報を頼りに、富士山へと向かいます。
冴えない人生を送って来た30代男がヒーローとなりえる話で、優しいけれども、意気地なしの中年男を、大泉洋が熱演。
何の取り柄もない英雄なれど、射撃の腕だけは、一級。
英雄が土足厳禁の日常から非日常へと足を踏み入れる瞬間をちゃんと見せたことは良かったと思います。
ついに覚醒するその時が見どころです。
韓国の閉鎖されたアウトレットモールで行った大規模ロケで、本物の銃を使ったそうです。

このレビューは気に入りましたか? 22人の会員が気に入ったと投稿しています

ミンチ祭り!

投稿日:2016/11/23 レビュアー:飛べない魔女

洋ちゃん演じる鈴木英雄のヘたれっぷりがイライラさせられるがいい。
ヒデオだがエイユウとも読む、エイユウはヒーロー、でもってアイアムアヒーローか!
なるほね。
物語としても面白く、惹きこまれました。
ハリウッドあたりがリメイクしたがりそうじゃない?

英雄の序盤のあのヘたれっぷりがあるからこそ、
クライマックスのシーンで大いに生かされる。
洋ちゃん、かっこいい!
撃って撃ってうちまくる。
ゾンビたちも怖い。
ゾンビに変化していくその過程も恐ろしい。
あんなん襲ってきたら半狂乱になるよ、全く!
何故JKのヒロミちゃんだけ半分しかならないのかは謎だけど
そこが今後のこの謎のウィルスの解決の糸口ということなんだろうね。
その後の彼らがどうなるのか気になるところです。

しかしなんだね、凄い感じてミンチにされちゃうから
途中でちょっと気持ち悪くなりました。
なるほど、R15指定なわけだ。
もしやこれ、ミンチ祭りが好きな三池監督?って思ったら違った(笑)

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

序盤が怖くて、すごくイイ感じ!

投稿日:2016/11/09 レビュアー:コタロウ(!)

漫画家のアシスタントをしている主人公・英雄の日常が、ゾンビ化する病気によって崩壊!

仕事したり、同棲中の恋人に部屋をたたき出されたりという、極めて現実的な英雄の生活が
崩壊していく過程がとても怖くていい感じ。
土佐犬を噛んだ女性のニュース、公園でプルプルしている浮浪者などに始まる崩壊の予兆。

そして、恋人のゾンビ化によって一気に大崩壊シーンへと突き進みます。
英雄が都内を脱出するまで、スピード感のある恐怖シーンが楽しめました。
恋人のゾンビ化シーンは、本当に怖くておすすめです!

中盤からは普通のホラーアクションなのですが、有名な俳優を使って、お金もかけて
R15のゾンビパニック映画を撮るというのは、邦画では初なんじゃないのでしょうか。
応援の意味を込めて星四つ!

「いつもお世話になってますぅ」「私だけ不幸ぉ」「ご注文をお願いしますぅ」とか
人間だった時の記憶を持つゾンビ・ZQN達が気持ち悪くてちょっと切ない。

ZQN達のグロい造形、飛び散る血液や人体が苦手な人には無理かも。
自分も序盤のバットによる撲殺シーンで無理かと思った…

英雄の恋人役の片瀬奈々が好演。
「私はもう34歳なの」「あなたは死んでも変わらない」みたいな切実な演技も良かったし、
事務所的にいいのかってくらい原型を留めないゾンビ顔のメイクも怖かった!
有村架純は可愛いし、長澤まさみもキレイ。
主演の大泉洋も銃を構える姿が絵になっていてカッコよく見えました。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ゾンビもので平気だったのは「ゾンビランド」以来

投稿日:2017/01/21 レビュアー:kazupon

本作も原作は漫画なのですね。
古本でいいから大人買いしてみようかと調べてみたら、全巻揃えると6000円以上になるので止めました。
予告編やTVスポットで流れる外国人観客の「ヤバい!」と言う嬉しそうな顔に興味津々。
ただ心配なのは、謎の感染症に感染した「ZQNゾキュン」というのが、どうもゾンビらしいということでした。
エイリアンとゾンビが超苦手な私なので、画面を正視できるか気掛かりでした。
ところが、(気色悪いには違いないけど)何故か笑いのツボにハマってしまって、てっこ(片瀬那奈)のアクロバットみたいなゾキュンに大笑い。
漫画家のアシスタントの三谷(塚地武雄)の自分がゾキュンになることに抵抗する凄まじいばかりの戦いぶりに衝撃を受けました。(笑)
大泉洋演じる主役の鈴木英雄(英雄=ヒーロー)が町に出てみると、そこかしこにゾキュンの感染者が溢れており、非感染者を見つけると追いかけて来て咬みつくという光景に驚きます。
ゾキュンは咬傷から感染するらしく、ゾキュンになったかどうかは顔や体に血管が浮き出たり眼球の異常で分かります。
そう言えば、英雄はてっこに咬まれたものの、てっこの歯がすでに抜けて歯ぐきで咬まれたから感染しなかったのかも。
富士の樹海で知り合ったひろみ(有村架純)が半感染で済んだのも、彼女に咬みついたのがまだ歯が生えていない赤ちゃんだったからですね。
富士山の上は安全だというネット情報を信じて、英雄たちは富士山を目指します。
そして、辿り着いたのがフジ・アウトレットモール。
ここがゾキュンたちとの決戦の地になります。
この後の展開は、血や肉が飛び散るシーンが多いので苦手な人は覚悟が必要です。
予告編でよく見かけた大泉洋の射撃シーンもいよいよ登場です。(意外にもカッコ良かった)
ゾンビが出て来る映画で楽しめたのは、「ゾンビランド」以来でした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

JUST A HERO

投稿日:2016/11/03 レビュアー:ビンス

ほぼ原作に忠実にストーリーが展開していきます。
面白かったです。
なんといっても
鈴木英雄という主人公に
モジャ泉さんがドンピシャでハマっていることが
成功の要因として大きいと思います。
容姿ドンピシャ
日常の中に突然発生した非日常
徐々に忍び寄っていたのに気付けず
「突然」と感じる非日常
突然すぎてはじめは気が付かず
また、理解できず
脳が徐々に理解するまで体が動かない
その間にも体に喰らいついてくる非日常
その辺の描き方が原作ではとても秀逸で
非日常に至るまでが実はクライマックスといってもいい程でしたが
映画でも時間を短縮しながらも
うまく描けてたと思います。
非日常と化してからは
動画の力を存分に発揮しており
益々楽しめます。
鈴木英雄という主人公は
非常に礼儀正しくて
原作では非日常と化してからも
コンビニ等で食料品を手に入れる際には
誰もいないのにお金を置いてくるような人物です。
その辺の性格面と
非日常へようこそ、感を
マンションの部屋に土足で入るという行為に集約したのでしょうかね。
とてもいいシーンでした。
クライマックスのフジアウトレットパーク編は
非日常で暴れだす人間の本能と欲望や
本来人間が持っている嫌らしい部分が描かれ
プラスZQN(ゾンビ)の恐怖とてんこ盛り
そして英雄がヒーローになるとき
最初の一発は兎に角シビれます。

長澤まさみちゃんに
有村ちゃん
両手に華のモジャ泉が羨ましい限り。

芸人さんも結構出演してますね。
短い時間ながらも
ちゃんと存在感のあるイイ仕事っぷりです。
ZQN(ゾンビ)でカズレーザーが出てるのはわかったけど
安藤なつは見つけられなかった。
もしかしてサトイモの女?

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全55件

アイアムアヒーロー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:55件

日本映画の常識を覆すゾンビ映画

投稿日

2016/10/18

レビュアー

ミルクチョコ

冴えない漫画家アシスタントの主人公・鈴木英雄(大泉洋)が、謎のウィルスによって「ZQN(ゾキュン)」と呼ばれるゾンビと化した人々に襲われ、逃亡の道中で出会った女子高生の比呂美(有村架純)と、元看護師の藪(長澤まさみ)とともに不器用に戦いながらも、必死でサバイバルしていく姿を描きます。

ゾンビ映画が、予想外のヒットしてるのは、やはり次々にやっつけていく爽快感が良いのでしょうか?
対ゾンビ戦とはいえ、銃撃戦や大虐殺など、血肉が飛び散る容赦ないグロ演出には、ビックリしてしまいます。
ゾンビ感染の広まった都市から高所では感染しないという情報を頼りに、富士山へと向かいます。
冴えない人生を送って来た30代男がヒーローとなりえる話で、優しいけれども、意気地なしの中年男を、大泉洋が熱演。
何の取り柄もない英雄なれど、射撃の腕だけは、一級。
英雄が土足厳禁の日常から非日常へと足を踏み入れる瞬間をちゃんと見せたことは良かったと思います。
ついに覚醒するその時が見どころです。
韓国の閉鎖されたアウトレットモールで行った大規模ロケで、本物の銃を使ったそうです。

ミンチ祭り!

投稿日

2016/11/23

レビュアー

飛べない魔女

洋ちゃん演じる鈴木英雄のヘたれっぷりがイライラさせられるがいい。
ヒデオだがエイユウとも読む、エイユウはヒーロー、でもってアイアムアヒーローか!
なるほね。
物語としても面白く、惹きこまれました。
ハリウッドあたりがリメイクしたがりそうじゃない?

英雄の序盤のあのヘたれっぷりがあるからこそ、
クライマックスのシーンで大いに生かされる。
洋ちゃん、かっこいい!
撃って撃ってうちまくる。
ゾンビたちも怖い。
ゾンビに変化していくその過程も恐ろしい。
あんなん襲ってきたら半狂乱になるよ、全く!
何故JKのヒロミちゃんだけ半分しかならないのかは謎だけど
そこが今後のこの謎のウィルスの解決の糸口ということなんだろうね。
その後の彼らがどうなるのか気になるところです。

しかしなんだね、凄い感じてミンチにされちゃうから
途中でちょっと気持ち悪くなりました。
なるほど、R15指定なわけだ。
もしやこれ、ミンチ祭りが好きな三池監督?って思ったら違った(笑)

序盤が怖くて、すごくイイ感じ!

投稿日

2016/11/09

レビュアー

コタロウ(!)

漫画家のアシスタントをしている主人公・英雄の日常が、ゾンビ化する病気によって崩壊!

仕事したり、同棲中の恋人に部屋をたたき出されたりという、極めて現実的な英雄の生活が
崩壊していく過程がとても怖くていい感じ。
土佐犬を噛んだ女性のニュース、公園でプルプルしている浮浪者などに始まる崩壊の予兆。

そして、恋人のゾンビ化によって一気に大崩壊シーンへと突き進みます。
英雄が都内を脱出するまで、スピード感のある恐怖シーンが楽しめました。
恋人のゾンビ化シーンは、本当に怖くておすすめです!

中盤からは普通のホラーアクションなのですが、有名な俳優を使って、お金もかけて
R15のゾンビパニック映画を撮るというのは、邦画では初なんじゃないのでしょうか。
応援の意味を込めて星四つ!

「いつもお世話になってますぅ」「私だけ不幸ぉ」「ご注文をお願いしますぅ」とか
人間だった時の記憶を持つゾンビ・ZQN達が気持ち悪くてちょっと切ない。

ZQN達のグロい造形、飛び散る血液や人体が苦手な人には無理かも。
自分も序盤のバットによる撲殺シーンで無理かと思った…

英雄の恋人役の片瀬奈々が好演。
「私はもう34歳なの」「あなたは死んでも変わらない」みたいな切実な演技も良かったし、
事務所的にいいのかってくらい原型を留めないゾンビ顔のメイクも怖かった!
有村架純は可愛いし、長澤まさみもキレイ。
主演の大泉洋も銃を構える姿が絵になっていてカッコよく見えました。

ゾンビもので平気だったのは「ゾンビランド」以来

投稿日

2017/01/21

レビュアー

kazupon

本作も原作は漫画なのですね。
古本でいいから大人買いしてみようかと調べてみたら、全巻揃えると6000円以上になるので止めました。
予告編やTVスポットで流れる外国人観客の「ヤバい!」と言う嬉しそうな顔に興味津々。
ただ心配なのは、謎の感染症に感染した「ZQNゾキュン」というのが、どうもゾンビらしいということでした。
エイリアンとゾンビが超苦手な私なので、画面を正視できるか気掛かりでした。
ところが、(気色悪いには違いないけど)何故か笑いのツボにハマってしまって、てっこ(片瀬那奈)のアクロバットみたいなゾキュンに大笑い。
漫画家のアシスタントの三谷(塚地武雄)の自分がゾキュンになることに抵抗する凄まじいばかりの戦いぶりに衝撃を受けました。(笑)
大泉洋演じる主役の鈴木英雄(英雄=ヒーロー)が町に出てみると、そこかしこにゾキュンの感染者が溢れており、非感染者を見つけると追いかけて来て咬みつくという光景に驚きます。
ゾキュンは咬傷から感染するらしく、ゾキュンになったかどうかは顔や体に血管が浮き出たり眼球の異常で分かります。
そう言えば、英雄はてっこに咬まれたものの、てっこの歯がすでに抜けて歯ぐきで咬まれたから感染しなかったのかも。
富士の樹海で知り合ったひろみ(有村架純)が半感染で済んだのも、彼女に咬みついたのがまだ歯が生えていない赤ちゃんだったからですね。
富士山の上は安全だというネット情報を信じて、英雄たちは富士山を目指します。
そして、辿り着いたのがフジ・アウトレットモール。
ここがゾキュンたちとの決戦の地になります。
この後の展開は、血や肉が飛び散るシーンが多いので苦手な人は覚悟が必要です。
予告編でよく見かけた大泉洋の射撃シーンもいよいよ登場です。(意外にもカッコ良かった)
ゾンビが出て来る映画で楽しめたのは、「ゾンビランド」以来でした。

JUST A HERO

投稿日

2016/11/03

レビュアー

ビンス

ほぼ原作に忠実にストーリーが展開していきます。
面白かったです。
なんといっても
鈴木英雄という主人公に
モジャ泉さんがドンピシャでハマっていることが
成功の要因として大きいと思います。
容姿ドンピシャ
日常の中に突然発生した非日常
徐々に忍び寄っていたのに気付けず
「突然」と感じる非日常
突然すぎてはじめは気が付かず
また、理解できず
脳が徐々に理解するまで体が動かない
その間にも体に喰らいついてくる非日常
その辺の描き方が原作ではとても秀逸で
非日常に至るまでが実はクライマックスといってもいい程でしたが
映画でも時間を短縮しながらも
うまく描けてたと思います。
非日常と化してからは
動画の力を存分に発揮しており
益々楽しめます。
鈴木英雄という主人公は
非常に礼儀正しくて
原作では非日常と化してからも
コンビニ等で食料品を手に入れる際には
誰もいないのにお金を置いてくるような人物です。
その辺の性格面と
非日常へようこそ、感を
マンションの部屋に土足で入るという行為に集約したのでしょうかね。
とてもいいシーンでした。
クライマックスのフジアウトレットパーク編は
非日常で暴れだす人間の本能と欲望や
本来人間が持っている嫌らしい部分が描かれ
プラスZQN(ゾンビ)の恐怖とてんこ盛り
そして英雄がヒーローになるとき
最初の一発は兎に角シビれます。

長澤まさみちゃんに
有村ちゃん
両手に華のモジャ泉が羨ましい限り。

芸人さんも結構出演してますね。
短い時間ながらも
ちゃんと存在感のあるイイ仕事っぷりです。
ZQN(ゾンビ)でカズレーザーが出てるのはわかったけど
安藤なつは見つけられなかった。
もしかしてサトイモの女?

1〜 5件 / 全55件