西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人

西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人の画像・ジャケット写真
西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人 / アーロン・クォック
全体の平均評価点:
(5点満点)

6

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」 の解説・あらすじ・ストーリー

孫悟空の物語をCGをふんだんに3Dで描き本国で大ヒットしたアクション・ファンタジー大作の続編。前作で敵役を演じたアーロン・クォックがドニー・イェンからバトンを引き継ぎ孫悟空役を務める。共演にコン・リー、ウィリアム・フォン。監督は引き続きソイ・チェン。500年のあいだ五行山に閉じ込められていた孫悟空は、天竺へ向かう三蔵法師に助けられ、猪八戒、沙悟浄とともに旅のお供をすることに。ところがその道中には、三蔵法師を狙う恐ろしい妖怪・白骨夫人の魔の手が待ち構えていた。 JAN:4547462107916

「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 中国/香港
原題: 西遊記之孫悟空三打白骨精/THE MONKEY KING 2

「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
118分 日・吹 広:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TWRD80913 2016年11月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 1人

【Blu-ray】西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
118分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TWBR80913 2016年11月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

おなじみのお話し

投稿日:2018/02/20 レビュアー:こうさま

日本でも馴染みの深いお話し、天竺まで長い旅をする三蔵法師の一行、お供をするのは暴れ猿王孫悟空、猪八戒、沙悟浄で旅の先々で邪魔をする妖怪群と闘うという物語でかなりの長編。
本作は500年間幽閉されていた孫悟空が法師によってその封印を解かれ、観音菩薩の命により三蔵法師の護衛役につくというところから始まっている。
この孫悟空は如意棒を武器として暴れまわるのだが時々制御が利かなくなる、すると三蔵法師が印を結ぶと観音様に嵌められた頭の輪が締め付けて言うことを聞くということになっている。
今回の妖怪は永遠の生を求める白骨夫人で姿を変えながら三蔵法師に迫る。
ほとんどVFXを駆使した画像で、こうなると感覚的にはアニメと変わらない、特につまらないわけでもないが格段面白いわけでもないという作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ストーリが単調

投稿日:2017/01/14 レビュアー:ヒイロフィッシュ

西遊記始まりの始まりの続編だと思っていましたがまったく関係ありませんでした。
結構な量のCGを使っていますが、違和感は特にありませんでした。
前半はよかったですが、後半からストーリが単調で、眠くなりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

觔斗雲無しでワイヤーアクションで空を飛ぶ悟空

投稿日:2016/11/28 レビュアー:ZZZ

ドラゴンボールの実写版的な、
觔斗雲無しでワイヤーアクションで空を飛ぶ悟空、
中国映画にしてはまあまあ観れました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

映像とアクションは良い。

投稿日:2016/11/12 レビュアー:Dama_Darma

チャイニーズムービーの良さは、カンフーに代表されるような、目まぐるしい動きの疾走感のキレだと思う。
そこへいくとワイヤーアクションはどうしても「重力の不自然さ」が目立ってしまってどうにもなー…と思っていたのだけど、
本作はそうした「見せ方」において一つの進歩を見たように思います。

VFXによるスケールの大きな映像の使い方。
これに役者の動きがマッチすると、実写化したファンタジーのような特撮が出来上がる。
クライマックスの白骨夫人との戦いは、往年の中国武術における人体の妙とスピード感をVFXで見せてくれます。

映像は良かった。
ただし、ストーリーはというと、これ1時間にまとめてもよかったんじゃ…と思ってしまうくらいで、ちょっと退屈でした。
お話としての「西遊記」のエピソードはきちんと要点を掴んでいます。
人間の残酷さ。残酷さの犠牲になった元人間の妖怪。そうした妖怪が抱える執着心と悲哀。
それに対して純粋真っ直ぐすぎる三蔵と、現実を知りすぎてる悟空との認識のすれ違い。
コメディリリーフの八戒や悟浄にも、それなりの見せ場がある。

ただ、映像を見せたいあまりに、シーン一つ一つがうすーく伸ばされてるようでスローテンポ。
正統派な「西遊記」が見たい人にはオススメ。
スピード感のある映画が見たい人にはちょっと…といった感じ。

良かっただけに不満も出てしまう、玉に瑕な、惜しい作品というのが正直な所です。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いいですね

投稿日:2016/11/02 レビュアー:燈次郎

とても良作だと思います。なかなか動きのある作品だと思いました!
西遊記好きにはおすすめですね(^^)

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人