1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 海外TVドラマのDVDレンタル
  4. SFのDVDレンタル
  5. ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風の画像・ジャケット写真

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風 / ピーター・ディンクレイジ

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

7つの王国からなる大陸を舞台に、全土争覇をめぐる王家同士の壮絶な戦いを描いたアクションスペクタクル第6章の第2巻。メリサンドルの魔術で甦ったジョン。一方、デナーリスは王の妻だった女たちが暮らす村に強制連行され…。第3話と第4話を収録。※R-15※一般告知解禁日:9月2日

「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」 の作品情報

作品情報

製作年:

2016年

製作国:

アメリカ

原題:

GAME OF THRONES

「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

プラスティック

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

キング・オブ・エジプト

おやすみなさいを言いたくて

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風 ネタバレ

投稿日:2016/12/19 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 鉄の玉座を巡って、次から次に死人が出る全10話。

 全10話中全10話すべてで驚きの展開がある最高のシリーズで話の展開も映像的迫力も最高でした。映画の迫力を超える戦闘シーンや今までのシリーズで出ていた重要キャラクターがバンバン死んでいくのも凄かったです。

 ラムジーやハイ・スパローのムカつきっぷりがとんでもなくて、早くこの人たちに制裁をと憎くまれ役が最高でした。相変わらず第9話ではお約束の迫力の戦闘シーン満載で、映画の戦闘シーンを超えちゃってると思いました。馬と馬同士、馬と人間の激突を長回しで見るのとか新鮮でした。

 メインのキャラクターの浮き沈みを十二分に堪能できるシリーズで今までのシリーズで最高に楽しめた第6章でした。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

迫力ある激闘シーンは圧巻の出来栄え ネタバレ

投稿日:2017/01/06 レビュアー:ちょこりん♪

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今回、私が一番驚いたのはレッドウーマンの本当の姿!ガビーーーン( ̄Д ̄;)
あんなおばあちゃんだったとは!この姿を見ると一気にみんな興ざめするであろう姿でした
そして、2番目に驚いたのは、ブランとリコンが青年になっていたこと!
特にブランは、「えっ!?これってブラン?」ってTVに話しかけちゃうほど(゚Д゚)!
このシーズンでの一番の見せ場は、やはりジョンとラムジー軍の戦闘シーンにつきますよね〜
R15なので女性はちょっと苦手かもしれませんが、引き込まれるほど見事です
馬同士がもつれ合ったり、あっちこっちから刀や槍が飛んできて、敵味方入り乱れての戦いです
本当に映画のワンシーンでもおかしくないですよ(`Д´☆ガッ■━⊂(・∀・ )
そして、いつの世も、女性の強さは偉大なり〜凄ッ(o゚д゚oノ)ノ
もちろん、デナーリスも立派ですが、今シーズンでの一番はモーモントの女公リアナ!
ナイツウォッチのモーモント総帥の姪っ子ちゃん
幼いのに男気があって、めちゃカッコいいのです♪最後のエピでの彼女の演説は涙がでそうだった!
きっと、ジョンもウルっときたことでしょう(´;д;`)ウ、ウ、ウッ
そして、そのジョンの出生の秘密が最後で明らかになりましたね〜
やっぱり、家族を愛していたエダードの落とし子ではなく妹リアナの子でしたねー
ということは、レイガー・ターガリエンとの子ってことは・・・
いやー、これは面白くなりそう!イエ────v( ´∀` )v────イ
そして憎き変態ラムジーの最期はやはり残虐な結末に終わりましたね、これは致し方無い
その時のサンサの笑みが背筋がゾゾッーってなるくらい怖かったわ
まるで、あの笑みはラムジーのようでした、皮肉だね、っていうか強くなったよねサンサちゃん
主要キャラのマージェリーや、トメンなどもフェイドアウトしました
語りたい事もありますが、長くなるので割愛(苦笑)(*ノωノ)テヘ
シーズン8で終わるとの「ゲームオブスローン」ですが、誰が鉄の王座に座るのでしょうか
楽しみでしかたありません

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

いよいよ玉座を手に入れる面々が絞られてきた ネタバレ

投稿日:2018/05/11 レビュアー:飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ああ、やっぱりね!やっぱり思ったとおり
ジョン・スノウは蘇ったね。
そしてとうとうジョンの素性が明かされた!
そうだったんだ、ネッド・スタークの落とし子ではなく、あの人の・・・
おおおお!!!てことは、ジョンこそが正統な王位継承者になるということか?
ん?てことはデナーリスは血縁関係にあるということで・・
私はてっきり、デナーリスとジョンが手を組むために婚姻するのでは?と踏んでいたのだけど・・・

そして今回はメインキャスト、死ぬわ、死ぬわ、どんどん死ぬわ。
私の中の殺したいリストNO.1だったラムジーの死は残酷な死に様だけど
サンサと同じようにほくそ笑んだわ。
アリアは自分の殺したいリストから着々と名前を消していくね。
いや〜、すごいアサシンになっちまった。
デナーリスをはじめ、サーセイ、サンサ、アリア、そしてあの小さなリアナ・モーモントなどの
女性陣の強いこと!

それにしても、サムと行動をともにしているジリの子供の成長具合を見ると、
サムが彼女を助けた頃から1〜1.5年ぐらいの月日の経過のはずなんだけど
シオン、リコンの成長っぷりが甚だし過ぎる!
別人かと思ったよ、二人とも^_^;

うーん、ますます読めない展開に
もうどうにも止まりませんわ。
寝てもさめても、オープンニング曲が頭の中でリフレイン状態です(笑)
さすがに1シーズン80億円とも言われている壮大なドラマだけあって
すべてのシーンが圧巻です。

さあ、いよいよ玉座を手に入れる面々が絞られてきましたね。
ジョンなのか?デナーリスなのか?はたまたサーセイが?(これはないな、アリアに殺されるだろう、きっとね!)

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

キラークィーン

投稿日:2018/04/01 レビュアー:ビンス

これまで散々殺しに殺しまくってきた
主要キャラをこれでもかと殺しまくってきた
そんなこのシリーズだからこそ
この一手が生きてきた!
その手があったか!と
散々殺してきたからこそ
この一手は価値があり
好手として輝きました。

シーズン8で完結が決定しているこのシリーズ
物語もいよいよクライマックスに向け動き出してきたような感じです。
面白さが止まりません。
グングン加速しています。
相当なエンジン積んでます。

今回はやはりド迫力の戦闘を展開した
ウィンターフェル城奪回戦が興奮しました。
戦術を駆使して戦うボルトン家の兵の統率具合を
これ以上ないカメラワークで見せる
その巧みさは絶望を覚えるほどで
だからこそその後の展開も活きてきて
結末も申し分ないものでした。
悪役として申し分ない輝きと
申し分ない散りかた、貪られ方を見せたラムジー
グッジョブです。

そしてもうひとつ
忘れちゃいけないのが花見
キラークィーンが特等席で眺めた花見です。
緑色の悪の華が大輪の花びらを広げ
一瞬で散っていくその様は
キラークィーン側ではないのに
スカっとした爽快感がありました。

それにしてもしぶとい獅子の血統
北では狼が復活の狼煙を上げ
その北、壁の向こうでは人ではない者が暗躍し
海の向こうからは龍が羽ばたき接近す
う〜〜〜ん
これが興奮せずにいられますかってとこです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

はじめて5つ星をつけました ネタバレ

投稿日:2019/10/27 レビュアー:勇光

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

あまりにも面白くて何度か笑ってしまった。可笑しくて笑ったっていうのとは違う。面白くて笑ったっていうことなんだが、うまく説明できない。
死んだはずのヒーローが魔術によって甦るなんてのは陳腐なところだが、その描き型が面白い。うそくさくない。期待通りということもあり、そうかいな! っと思わず笑った。あと、王都の王族たちを徹底的にこらしめようとしていた宗教団体がその制裁の段取りの最高潮のところで全滅するってのも面白すぎる。そして第九話では、北の勢力図を一本化するためにジョン・スノーが無謀な会戦に踏み切り、全滅寸前のところで援軍の到来によって逆転勝利するのだが、その描写があまりにもすばらしくて笑った。この合戦シーンは今まで観た映画のどの合戦シーンよりも優れていた。剣で切られたり刺されたりしてはらわたが飛び出したり、手足を落とされたりしてるのにさらに生きようとうごめく群像がすさまじくリアルだし、敵味方の兵の動きが手にとるようにわかりやすく描かれてある。残虐きわまりないラムジーの作戦にジョン・スノーがまんまと乗せられてしまい、開戦と同時にどんどん兵を失っていき、包囲されてしまって軍団全体が巨大なスリコギですりつぶされていくような感じになっていくところなどはCGなのだろうが臨場感が突き抜けていた。そして合戦終結後のラムジーの処刑のシーンはもう興奮度150パーセントって感じ。いや〜面白い! とにかく溜飲がドバドバさがる。
そして第10話となって、ついに七王国の玉座(スローン)を争うゲームのプレイヤーが3名にしぼられてきて、シーズン7への期待がぱんぱんに膨らむ。

oyoyoさん、やっぱりこれは観ないと損ですわ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全7件

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風

投稿日

2016/12/19

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 鉄の玉座を巡って、次から次に死人が出る全10話。

 全10話中全10話すべてで驚きの展開がある最高のシリーズで話の展開も映像的迫力も最高でした。映画の迫力を超える戦闘シーンや今までのシリーズで出ていた重要キャラクターがバンバン死んでいくのも凄かったです。

 ラムジーやハイ・スパローのムカつきっぷりがとんでもなくて、早くこの人たちに制裁をと憎くまれ役が最高でした。相変わらず第9話ではお約束の迫力の戦闘シーン満載で、映画の戦闘シーンを超えちゃってると思いました。馬と馬同士、馬と人間の激突を長回しで見るのとか新鮮でした。

 メインのキャラクターの浮き沈みを十二分に堪能できるシリーズで今までのシリーズで最高に楽しめた第6章でした。

迫力ある激闘シーンは圧巻の出来栄え

投稿日

2017/01/06

レビュアー

ちょこりん♪

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今回、私が一番驚いたのはレッドウーマンの本当の姿!ガビーーーン( ̄Д ̄;)
あんなおばあちゃんだったとは!この姿を見ると一気にみんな興ざめするであろう姿でした
そして、2番目に驚いたのは、ブランとリコンが青年になっていたこと!
特にブランは、「えっ!?これってブラン?」ってTVに話しかけちゃうほど(゚Д゚)!
このシーズンでの一番の見せ場は、やはりジョンとラムジー軍の戦闘シーンにつきますよね〜
R15なので女性はちょっと苦手かもしれませんが、引き込まれるほど見事です
馬同士がもつれ合ったり、あっちこっちから刀や槍が飛んできて、敵味方入り乱れての戦いです
本当に映画のワンシーンでもおかしくないですよ(`Д´☆ガッ■━⊂(・∀・ )
そして、いつの世も、女性の強さは偉大なり〜凄ッ(o゚д゚oノ)ノ
もちろん、デナーリスも立派ですが、今シーズンでの一番はモーモントの女公リアナ!
ナイツウォッチのモーモント総帥の姪っ子ちゃん
幼いのに男気があって、めちゃカッコいいのです♪最後のエピでの彼女の演説は涙がでそうだった!
きっと、ジョンもウルっときたことでしょう(´;д;`)ウ、ウ、ウッ
そして、そのジョンの出生の秘密が最後で明らかになりましたね〜
やっぱり、家族を愛していたエダードの落とし子ではなく妹リアナの子でしたねー
ということは、レイガー・ターガリエンとの子ってことは・・・
いやー、これは面白くなりそう!イエ────v( ´∀` )v────イ
そして憎き変態ラムジーの最期はやはり残虐な結末に終わりましたね、これは致し方無い
その時のサンサの笑みが背筋がゾゾッーってなるくらい怖かったわ
まるで、あの笑みはラムジーのようでした、皮肉だね、っていうか強くなったよねサンサちゃん
主要キャラのマージェリーや、トメンなどもフェイドアウトしました
語りたい事もありますが、長くなるので割愛(苦笑)(*ノωノ)テヘ
シーズン8で終わるとの「ゲームオブスローン」ですが、誰が鉄の王座に座るのでしょうか
楽しみでしかたありません

いよいよ玉座を手に入れる面々が絞られてきた

投稿日

2018/05/11

レビュアー

飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ああ、やっぱりね!やっぱり思ったとおり
ジョン・スノウは蘇ったね。
そしてとうとうジョンの素性が明かされた!
そうだったんだ、ネッド・スタークの落とし子ではなく、あの人の・・・
おおおお!!!てことは、ジョンこそが正統な王位継承者になるということか?
ん?てことはデナーリスは血縁関係にあるということで・・
私はてっきり、デナーリスとジョンが手を組むために婚姻するのでは?と踏んでいたのだけど・・・

そして今回はメインキャスト、死ぬわ、死ぬわ、どんどん死ぬわ。
私の中の殺したいリストNO.1だったラムジーの死は残酷な死に様だけど
サンサと同じようにほくそ笑んだわ。
アリアは自分の殺したいリストから着々と名前を消していくね。
いや〜、すごいアサシンになっちまった。
デナーリスをはじめ、サーセイ、サンサ、アリア、そしてあの小さなリアナ・モーモントなどの
女性陣の強いこと!

それにしても、サムと行動をともにしているジリの子供の成長具合を見ると、
サムが彼女を助けた頃から1〜1.5年ぐらいの月日の経過のはずなんだけど
シオン、リコンの成長っぷりが甚だし過ぎる!
別人かと思ったよ、二人とも^_^;

うーん、ますます読めない展開に
もうどうにも止まりませんわ。
寝てもさめても、オープンニング曲が頭の中でリフレイン状態です(笑)
さすがに1シーズン80億円とも言われている壮大なドラマだけあって
すべてのシーンが圧巻です。

さあ、いよいよ玉座を手に入れる面々が絞られてきましたね。
ジョンなのか?デナーリスなのか?はたまたサーセイが?(これはないな、アリアに殺されるだろう、きっとね!)

キラークィーン

投稿日

2018/04/01

レビュアー

ビンス

これまで散々殺しに殺しまくってきた
主要キャラをこれでもかと殺しまくってきた
そんなこのシリーズだからこそ
この一手が生きてきた!
その手があったか!と
散々殺してきたからこそ
この一手は価値があり
好手として輝きました。

シーズン8で完結が決定しているこのシリーズ
物語もいよいよクライマックスに向け動き出してきたような感じです。
面白さが止まりません。
グングン加速しています。
相当なエンジン積んでます。

今回はやはりド迫力の戦闘を展開した
ウィンターフェル城奪回戦が興奮しました。
戦術を駆使して戦うボルトン家の兵の統率具合を
これ以上ないカメラワークで見せる
その巧みさは絶望を覚えるほどで
だからこそその後の展開も活きてきて
結末も申し分ないものでした。
悪役として申し分ない輝きと
申し分ない散りかた、貪られ方を見せたラムジー
グッジョブです。

そしてもうひとつ
忘れちゃいけないのが花見
キラークィーンが特等席で眺めた花見です。
緑色の悪の華が大輪の花びらを広げ
一瞬で散っていくその様は
キラークィーン側ではないのに
スカっとした爽快感がありました。

それにしてもしぶとい獅子の血統
北では狼が復活の狼煙を上げ
その北、壁の向こうでは人ではない者が暗躍し
海の向こうからは龍が羽ばたき接近す
う〜〜〜ん
これが興奮せずにいられますかってとこです。

はじめて5つ星をつけました

投稿日

2019/10/27

レビュアー

勇光

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

あまりにも面白くて何度か笑ってしまった。可笑しくて笑ったっていうのとは違う。面白くて笑ったっていうことなんだが、うまく説明できない。
死んだはずのヒーローが魔術によって甦るなんてのは陳腐なところだが、その描き型が面白い。うそくさくない。期待通りということもあり、そうかいな! っと思わず笑った。あと、王都の王族たちを徹底的にこらしめようとしていた宗教団体がその制裁の段取りの最高潮のところで全滅するってのも面白すぎる。そして第九話では、北の勢力図を一本化するためにジョン・スノーが無謀な会戦に踏み切り、全滅寸前のところで援軍の到来によって逆転勝利するのだが、その描写があまりにもすばらしくて笑った。この合戦シーンは今まで観た映画のどの合戦シーンよりも優れていた。剣で切られたり刺されたりしてはらわたが飛び出したり、手足を落とされたりしてるのにさらに生きようとうごめく群像がすさまじくリアルだし、敵味方の兵の動きが手にとるようにわかりやすく描かれてある。残虐きわまりないラムジーの作戦にジョン・スノーがまんまと乗せられてしまい、開戦と同時にどんどん兵を失っていき、包囲されてしまって軍団全体が巨大なスリコギですりつぶされていくような感じになっていくところなどはCGなのだろうが臨場感が突き抜けていた。そして合戦終結後のラムジーの処刑のシーンはもう興奮度150パーセントって感じ。いや〜面白い! とにかく溜飲がドバドバさがる。
そして第10話となって、ついに七王国の玉座(スローン)を争うゲームのプレイヤーが3名にしぼられてきて、シーズン7への期待がぱんぱんに膨らむ。

oyoyoさん、やっぱりこれは観ないと損ですわ。

1〜 5件 / 全7件