臨床犯罪学者 火村英生の推理

臨床犯罪学者 火村英生の推理の画像・ジャケット写真

臨床犯罪学者 火村英生の推理 / 斎藤工

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

斎藤工、窪田正孝主演の本格推理エンタテインメント第4巻。夜明け前の殺人、黄昏岬殺人事件、真夜中の放火犯、朱美の周りで起きた3つの事件は繋がっていると考えた火村は、有栖らと共に黄昏岬殺人事件の手掛かりを探す。第7話と第8話を収録。

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

出演: 斎藤工窪田正孝優香山本美月
脚本: マギー
原作: 有栖川有栖
音楽: 井筒昭雄

関連作品

関連作品

明日泣く

今日からヒットマン

ドラマ「悪夢ちゃん スペシャル」

スキトモ

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

「シャーロック・ホームズ」系のクライムサスペンス

投稿日:2021/09/20 レビュアー:hinakksk

 原作小説があるらしいのですが、未読。珍しく京都を舞台にしたクライムサスペンスで、明らかに「シャーロック・ホームズ」を下敷きにしている。主人公の火村英生(斎藤工)は、犯罪社会学が専門の大学准教授。観察眼、洞察力に秀でていて、京都府警のアドバイザーとして、事件捜査に協力している。ペーパーワークではなくフィールドワーク中心に犯罪研究を行っているため、大学時代からの親友でワトソン役の助手、推理作家の有栖川有栖(アリス)には、臨床犯罪学者と言われている。

 火村は、チャコールグレーの大ぶりのトレンチコートをいつも羽織っていて、「この犯罪は美しくない」が決まり文句。どこか殺人に共感的で、怪しさを秘めている。独身で、学生時代に下宿していた、時絵さん(夏木マリ)が大家の、京都の古い町屋に今も住んでいる。ドラマ全体の雰囲気は暗くて鬱々とした感じだが、明るい時絵さんが絶妙のコミックリリーフとして、いいアクセントになって温かさを添えている。

 扱われている犯罪は現代的で、きびきびとした無駄のないストーリー運び。爆弾テロを起こしたシャングリラ十字軍という組織の統括者である諸星沙奈江が、火村の宿敵、あるいは共鳴者として、第1話から登場していて、その組織や彼女との対決が、シリーズ全体のクライマックスとなっている。映像の色調は明度が抑えられていて、赤だけが際立っている。捜査案件はすべて殺人で、謎解きよりも犯罪そのものや犯罪者にフォーカスされているので、好みは別れるかも。最終話に近づくに従って、事件解明よりも諸星との対決が中心になり、謎解きの面白さが減少していくのが残念。 

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

臨床犯罪学者 火村英生の推理

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

「シャーロック・ホームズ」系のクライムサスペンス

投稿日

2021/09/20

レビュアー

hinakksk

 原作小説があるらしいのですが、未読。珍しく京都を舞台にしたクライムサスペンスで、明らかに「シャーロック・ホームズ」を下敷きにしている。主人公の火村英生(斎藤工)は、犯罪社会学が専門の大学准教授。観察眼、洞察力に秀でていて、京都府警のアドバイザーとして、事件捜査に協力している。ペーパーワークではなくフィールドワーク中心に犯罪研究を行っているため、大学時代からの親友でワトソン役の助手、推理作家の有栖川有栖(アリス)には、臨床犯罪学者と言われている。

 火村は、チャコールグレーの大ぶりのトレンチコートをいつも羽織っていて、「この犯罪は美しくない」が決まり文句。どこか殺人に共感的で、怪しさを秘めている。独身で、学生時代に下宿していた、時絵さん(夏木マリ)が大家の、京都の古い町屋に今も住んでいる。ドラマ全体の雰囲気は暗くて鬱々とした感じだが、明るい時絵さんが絶妙のコミックリリーフとして、いいアクセントになって温かさを添えている。

 扱われている犯罪は現代的で、きびきびとした無駄のないストーリー運び。爆弾テロを起こしたシャングリラ十字軍という組織の統括者である諸星沙奈江が、火村の宿敵、あるいは共鳴者として、第1話から登場していて、その組織や彼女との対決が、シリーズ全体のクライマックスとなっている。映像の色調は明度が抑えられていて、赤だけが際立っている。捜査案件はすべて殺人で、謎解きよりも犯罪そのものや犯罪者にフォーカスされているので、好みは別れるかも。最終話に近づくに従って、事件解明よりも諸星との対決が中心になり、謎解きの面白さが減少していくのが残念。 

1〜 1件 / 全1件