マギー

マギーの画像・ジャケット写真

マギー / アーノルド・シュワルツェネッガー

全体の平均評価点:(5点満点)

27

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「マギー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

アーノルド・シュワルツェネッガー主演による異色のゾンビ映画。感染するとゾンビ化していくウイルスが蔓延する近未来。ウェイドは感染の診断を下されて姿を消した娘のマギーを捜し出し、家族の下に連れ帰る。苦しむマギーにウェイドは為す術もなく…。

「マギー」 の作品情報

作品情報

製作年: 2015年
製作国: アメリカ
原題: MAGGIE

「マギー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

もうひとりのシェイクスピア

サボタージュ

カラー・アウト・オブ・スペース−遭遇−

ドリーム ホーム 99%を操る男たち

ユーザーレビュー:27件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全27件

シュワちゃんのアクションは最少!娘愛は最大!!

投稿日:2016/09/03 レビュアー:カマンベール

シュワルツェネッガーからアクションをとったら、どんな映画になるか?しかもソンビモノときています。
結論を言うとシュワちゃん、渋かったです。
ついでに、大人しかったです。
物足りなかったです。

ゾンビ・ウィルスの蔓延している近未来のアメリカ。
シュワちゃんの娘のマギーが、ゾンビ・ウィルスに感染してしまいます。
隔離施設から引き取って、徐々にゾンビ化してゆくマギー。
マギー本人の葛藤と父親としてマギーを守りたい、そして悩む父親役のシュワルツェネッガー。
ゾンビモノとして新鮮味もインパクトもありませんが、雰囲気はマアマアでした。
娘役の女優さん中々、熱演で涙そそられました。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ゾンビ映画と言うよりは、親子愛の話し

投稿日:2016/10/09 レビュアー:飛べない魔女

何がダメだって、テンポ悪すぎ。
無駄なシーン、無駄な長回しにだれることだれること!
シュワちゃんの娘がソンビ化ウィルスに侵されて、どんどん体が腐って行くなかで、父として何ができるのか苦悩するシュワちゃん。
自分がどんどん自分でなくなることで絶望していく娘。
普通の親子愛の話ですな。
ストーリーに工夫はなく、ホラー的要素は皆無、正直退屈な時間でした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

マギー ネタバレ

投稿日:2016/10/20 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 シュワちゃんの娘さんがゾンビになってしまうってんで隔離されそうになるけど、田舎で一緒に生活する話。

 ゾンビになってしまう病気が蔓延している世界でゾンビ化してしまうウィルスに感染してしまうと施設に隔離されてしまうという世界でシュワちゃんの娘さんもその病気に感染してしまうけど、特別に病院を出ることが期限付き許されて田舎で生活することになるという。

 ゾンビの怖さというものはほとんど描かれずに、ひたすら静謐な映像表現の中、娘さんがゾンビ化していくのをただただ映しているだけにしか感じられない映画でした。シュワちゃんの静かなお芝居とかは見ものですが、いかんせんうねりのないドラマは結構な退屈度でした。

 ゾンビ化してしまう娘さんを嫌う人間とかも出てきますが、どれもがステレオタイプなキャラクターなので数多く作られたゾンビ映画と何か違って新鮮さもないし、かといってカタルシスもなく。ただただ娘さんが病気になって、最後は娘さんが屋上から…。というのも何でゾンビというジャンルにしたのだろうか。これだったら普通に難病ものでもよかったのではないかと思ってしまう映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

今までのゾンビ映画とは全く別の視点から描かれるゾンビドラマ

投稿日:2016/09/14 レビュアー:nao

ジャンルはヒューマンドラマです。ゾンビが出てくるということでそういった要素も多少含まれています。
いわゆるゾンビウィルスの蔓延した世界によくある、郊外の比較的安全な地域に住む家族を描いた作品。

シュワちゃんファンが見ると、他のレビューにあるように失望するような作品なんでしょうが、
ゾンビ映画ファンとしては楽しめました。
ゾンビ映画の世界におけるリアルが上手く描き出されていて、ゾンビに限らず色々と考えさせられる映画。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

気取りブレーキングボール

投稿日:2017/02/09 レビュアー:ビンス

終始辛気臭い映画
結末もはあ?
ゾンビ扱ってるのに
このゾンビ露出の少なさは
それだけで有罪に値する
流行のゾンビという題材をチョイスし
ちょっと変わった視点から描きました的な
そんな変化球いらんねん
ゾンビ扱うなら
ゾンビたくさん出してほしいねん
なんか気取った撮り方してるけど
たまにそんなシーンもありつつ
王道ゾンビ路線がええねん
ゾンビは王道が一番やねん
ゾンビはストレート勝負やねん
他の球種いらんねん
ストレートばっか投げ続けてほしいねん
大量に投げてほしいねん
剛速球がええねん
単純でオーケー
バカバカしくてオーケー
ストレートであれば
ゾンビ映画は許される(笑)
ゾンビ映画好きとしては
こういうゾンビの扱いは
なんか腹立たしい
騙された気分(笑)
それにシュワちゃんである意味がない(笑)
これ、シュワちゃん出る必要ない(笑)
ゾンビとシュワちゃんって
なんか異色で新鮮で違和感あったけど
最終的に違和感だけ残る(笑)

それにしてもアビゲイルちゃん
体のバランスが心配になるほど
豊満ボディーになりました。
「リトルミス〜」や
「私の中のあなた」のころとは別人です。
ぽっこりお腹が可愛かったなぁ。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全27件

マギー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:27件

シュワちゃんのアクションは最少!娘愛は最大!!

投稿日

2016/09/03

レビュアー

カマンベール

シュワルツェネッガーからアクションをとったら、どんな映画になるか?しかもソンビモノときています。
結論を言うとシュワちゃん、渋かったです。
ついでに、大人しかったです。
物足りなかったです。

ゾンビ・ウィルスの蔓延している近未来のアメリカ。
シュワちゃんの娘のマギーが、ゾンビ・ウィルスに感染してしまいます。
隔離施設から引き取って、徐々にゾンビ化してゆくマギー。
マギー本人の葛藤と父親としてマギーを守りたい、そして悩む父親役のシュワルツェネッガー。
ゾンビモノとして新鮮味もインパクトもありませんが、雰囲気はマアマアでした。
娘役の女優さん中々、熱演で涙そそられました。

ゾンビ映画と言うよりは、親子愛の話し

投稿日

2016/10/09

レビュアー

飛べない魔女

何がダメだって、テンポ悪すぎ。
無駄なシーン、無駄な長回しにだれることだれること!
シュワちゃんの娘がソンビ化ウィルスに侵されて、どんどん体が腐って行くなかで、父として何ができるのか苦悩するシュワちゃん。
自分がどんどん自分でなくなることで絶望していく娘。
普通の親子愛の話ですな。
ストーリーに工夫はなく、ホラー的要素は皆無、正直退屈な時間でした。

マギー

投稿日

2016/10/20

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 シュワちゃんの娘さんがゾンビになってしまうってんで隔離されそうになるけど、田舎で一緒に生活する話。

 ゾンビになってしまう病気が蔓延している世界でゾンビ化してしまうウィルスに感染してしまうと施設に隔離されてしまうという世界でシュワちゃんの娘さんもその病気に感染してしまうけど、特別に病院を出ることが期限付き許されて田舎で生活することになるという。

 ゾンビの怖さというものはほとんど描かれずに、ひたすら静謐な映像表現の中、娘さんがゾンビ化していくのをただただ映しているだけにしか感じられない映画でした。シュワちゃんの静かなお芝居とかは見ものですが、いかんせんうねりのないドラマは結構な退屈度でした。

 ゾンビ化してしまう娘さんを嫌う人間とかも出てきますが、どれもがステレオタイプなキャラクターなので数多く作られたゾンビ映画と何か違って新鮮さもないし、かといってカタルシスもなく。ただただ娘さんが病気になって、最後は娘さんが屋上から…。というのも何でゾンビというジャンルにしたのだろうか。これだったら普通に難病ものでもよかったのではないかと思ってしまう映画でした。

今までのゾンビ映画とは全く別の視点から描かれるゾンビドラマ

投稿日

2016/09/14

レビュアー

nao

ジャンルはヒューマンドラマです。ゾンビが出てくるということでそういった要素も多少含まれています。
いわゆるゾンビウィルスの蔓延した世界によくある、郊外の比較的安全な地域に住む家族を描いた作品。

シュワちゃんファンが見ると、他のレビューにあるように失望するような作品なんでしょうが、
ゾンビ映画ファンとしては楽しめました。
ゾンビ映画の世界におけるリアルが上手く描き出されていて、ゾンビに限らず色々と考えさせられる映画。

気取りブレーキングボール

投稿日

2017/02/09

レビュアー

ビンス

終始辛気臭い映画
結末もはあ?
ゾンビ扱ってるのに
このゾンビ露出の少なさは
それだけで有罪に値する
流行のゾンビという題材をチョイスし
ちょっと変わった視点から描きました的な
そんな変化球いらんねん
ゾンビ扱うなら
ゾンビたくさん出してほしいねん
なんか気取った撮り方してるけど
たまにそんなシーンもありつつ
王道ゾンビ路線がええねん
ゾンビは王道が一番やねん
ゾンビはストレート勝負やねん
他の球種いらんねん
ストレートばっか投げ続けてほしいねん
大量に投げてほしいねん
剛速球がええねん
単純でオーケー
バカバカしくてオーケー
ストレートであれば
ゾンビ映画は許される(笑)
ゾンビ映画好きとしては
こういうゾンビの扱いは
なんか腹立たしい
騙された気分(笑)
それにシュワちゃんである意味がない(笑)
これ、シュワちゃん出る必要ない(笑)
ゾンビとシュワちゃんって
なんか異色で新鮮で違和感あったけど
最終的に違和感だけ残る(笑)

それにしてもアビゲイルちゃん
体のバランスが心配になるほど
豊満ボディーになりました。
「リトルミス〜」や
「私の中のあなた」のころとは別人です。
ぽっこりお腹が可愛かったなぁ。

1〜 5件 / 全27件